韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  いまや国を守れるのは韓国軍と経済政策担当者だけだ

いまや国を守れるのは韓国軍と経済政策担当者だけだ

朴槿恵(パク・クンヘ)政権で国政介入疑惑の渦中にある崔順実(チェ・スンシル)氏の手下とされるキム・ジョン文化体育観光部(省に相当、以下同じ)第2次官は2014年6月、携帯電話のメールを使って崔氏に同部の長官候補3人の名前を伝え、その4日後には実際にその中の1人が長官に就任することが決まった。TV朝鮮が28日に報じた。このようにあり得ない事実が今なお次々と明るみに出ている。ちなみにこの日は26-27日に行われた韓国ギャラップの世論調査結果も発表されたが、それによると朴大統領の支持率は14%にまで落ち込んでいた。

今でも国民の誰もが朴大統領への怒りを隠さないが、その一方で大きな不安も同時に感じている。この状態で北朝鮮が何か挑発行為を仕掛けてきたり、あるいは経済で大きな問題が発生した場合、一体この国はどうなるのかという不安だ。1997年に当時の金泳三(キム・ヨンサム)大統領は息子の不正行為に加え、労働・金融関係法をめぐる問題などでも大きな批判にさらされていたが、それからわずか数カ月後にアジア通貨危機が韓国を襲った。このようなことが今回繰り返されないという保証はどこにもないからだ。

北朝鮮が今後再び核実験や大陸間弾道ミサイル発射実験といった戦略的挑発を行うとすれば、その時期は米国の政権交代期となる可能性が高いが、実際に米国大統領選の投票日までわずか9日しか残っていない。この重要な時期に韓国では大統領がその権威を完全に失い、国政はマヒ状態に陥ってしまった。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)集団は今の韓国の状況を鋭意注視しているはずだ。戦略的挑発とまではいかなくとも、哨戒艦「天安」爆沈や延坪島砲撃のような局地的挑発を行うだけでも、韓国社会に大きな影響や打撃がもたらされる恐れがあるからだ。


スポンサードリンク


つい先日、米国で各情報機関のトップに立つ国家情報局長が「北朝鮮が核兵器を放棄する可能性はない」と断言した。衝撃的な発言だ。彼の言葉通り、米国が北朝鮮の核兵器開発阻止を放棄し、北朝鮮と核兵器の凍結交渉を始める可能性にもわれわれは備えなければならない。米国が制裁や圧力によって北朝鮮に核開発を放棄させることをあきらめたとなれば、それは米国が直接攻撃を敢行する可能性が出てきたことも同時に意味する。ただ韓国にとってはどちらにしても危機的状況であることに変わりはない。このような現状でわれわれが信じられるものがあるとすれば、それは韓国軍しかない。現在、韓国では政治は崩壊しているが、韓国軍将兵だけは何があっても自分たちの役割を果たし、政府が再び正常化するまで国と国民をぜひとも守り続けてほしい。

一方で韓国経済も薄氷の上を歩んでいる状態で、一歩でも狂いが生じれば取り返しのつかない事態を招きかねない。造船業と海運業の構造改革はもちろん、大きな問題を抱えていることが予想される業界では、危機への対応に誤りがあってはならなず、特に不動産の動向は深刻だ。経済政策の舵取りを任された柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相兼企画財政部長官の手腕を不安視する声もあるが、いずれにしても今はあらゆる知恵と能力を総動員するしかない。韓国経済には複数の深刻な危機がいくつも重なり合っている。経済政策の担当者たちは、これからの数カ月を「非常事態」と考え、何があっても常に対処できる姿勢を持たねばならない。朴大統領は昨日夜、大統領府の秘書官ら全員に辞表を提出するよう指示したが、今後もあらゆる状況にスピード感を持って対処していかねばならない。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/29/2016102900495.html

【管理人コメント】
いまや国を守れるのは、だらしない韓国軍と無能な経済政策担当者だけだだろうか?
韓国という国の国民は、政府は自国民を豊かにする金を与えてくれるという気持ちが強すぎる。
税金は自然に沸いてくるものではない。

防衛は在韓米軍のほうが遥かに頼れるだろう。韓米同盟に置ける話し合いすらアメリカに見放されているようでは困りごとだが…。一方で経済は、自分たちで作る上げることである。5000万人という人口で生産人口が仮に3000万人とすれば、全員が一斉に自己都合では、企業は良くなるわけもないだろう。財閥企業も海外から投資を受けて外資に走るしか道は無かったもの事実だろう。その結果、より利益が求められ、財閥経営はより利益重視にするしかなかったわけで、日本がしっかりと経済成長のための基盤をつくり、今日に至るまで必死に成長戦略を実施してきたのとは大違いである。

国を良くするのに、それほど幾つも方法があるわけではない。まして生産人口となる働く連中がそっぽを向いているようでは、企業は心もとないわけで、ゾンビ企業の嵐となり、企業は政府から税金補てんを求めて、隠ぺいする知恵はつくが、経済活性化の知恵ではない。国を駄目にする知恵は働くが、良くする知恵とは逆である。

私は指導において、必ず言う言葉がある。”悪いという事は自分が実施していることが悪い”という事である。それを理解しないと自分たちの悪い事を良い事に変えられないだろう。今の韓国はすべてが悪いわけで、すべての連中が悪い事をしていると気が付かない限りは、国も企業も良くなるはずもない。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月29日 11:43 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp