韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日系の自動車は、どうしてこんなにCVTが好きなのか

日系の自動車は、どうしてこんなにCVTが好きなのか

中国メディア・今日頭条は25日、「どうして日系車はCVT変速機に思い入れを持っているのか」とする記事を掲載した。記事は、中国国内の消費者にとってCVTは「無性能」の代表であり、伝動効率が低い、爆発的な力がないといった印象があると紹介した。

そのうえで、CVTがオランダで発明され、ドイツで広く使用された後、日本で大きく発展したと説明。日本人がCVTの技術にこだわりを持つ理由について、経済的、実用的といった点が求められるほか、ターボではなく自然吸気が好まれ、強いトルクが求められない日本のお国柄が大きく関係していると解説した。また、燃費の良さ、コストダウンといった点も、日本のローエンド、ミドルエンドの乗用車に搭載される最良のシステムとみなされる理由であると伝えている。

記事は、変速機の段数は多ければ多いほどいいというものではなく、エンジンのサイズに合った変速機を採用することで燃費も良くなり、ギアチェンジ時に生じる不必要な摩擦を防ぎ、変速機を長持ちさせることができるのだと説明。日本のように排気量の小さいエンジンにはCVTが適しており、現在各メーカーはCVTの欠点を補完する方法を考えることに力を注いでいるとした。そしてギアチェンジ時の変速ショックがないCVTが、将来最も理想的な変速機になる日がやって来るかもしれないと結んだ。

自動車は地面を走るもの。その地面に合わせて各地で異なる進化を遂げるのも当然と言えば当然だ。広くて平らな中国と、狭くて人口が密集し、起伏の激しい日本とでは、歓迎される自動車の形もエンジンも、変速機のスタイルも違ってくるのである。
http://news.searchina.net/id/1621900?page=1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
CVTには様々なタイプがあるが、ハイブリッドに使われているものを除けば、そのほとんどがベルト式だ。ふたつのプーリーの間にベルトを掛ける。プーリーはベルトがかかる谷間がV字構造になっており、油圧でV字の谷間を狭めたり広げたりできる。するとベルトの掛る位置が変わり有効径が変わる。回す側と回される側両方のプーリーの有効径を変えることでふたつのプーリーの回転速度を変えて変速する仕組みだ。



CVTは、Continuously Variable Transmissionの略で、文字通り、連続的に変速することができるトランスミッションだ。いくつかの歯車の組み合わせで変速するAT(オートマチックトランスミッション)が数段階のギア比から走行状況に応じて最適な変速段を選ぶのに対し、CVTの場合は歯車ではなく自由に径を変えることのできるプーリー(滑車)と、それにかけられたチェーンを用いることで無段階に変速。そのためいつでも最適なギア比を選択でき、しかも駆動力を途切れさせることなく走行できる。

AT(オートマチック・トランスミッション)は、自分でギアチェンジをして、変速操作をするMT(マニュアル・トランスミッション)をコンピュター制御で自動的に行うようにしたシステムで、スピードに合わせて自動的にギアチェンジをしますが、エンジンの動力の最適値はギアによる。対して、CVTは、ATやMTのようにギアを使いません。金属製のベルトと可動式のプーリを段階的に制御します。スピードに応じてギアチェンジすることなく、つまり「無段変速」することができるので、エンジンの動力を最適にコントロールできて燃費がよくなる。

燃費を求めて設計した結果でしょう。今のトレンドというわけです。CVTが好きかどうかは知らないが…。
CVTでもマニュアルモードが楽しめるのでは…。購入したハスラーはMモードがありましたが、そういえば説明はほとんどなかったなぁ~。エンジンブレーキを効かせるには良いかも…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月29日 13:58 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp