韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  スマホ市場に姿はないが「日本製の部品は無くてはならない存在」

スマホ市場に姿はないが「日本製の部品は無くてはならない存在」

米調査会社IDCによれば、2016年第2四半期における世界スマートフォン市場で、韓国のサムスン電子が22.4%でシェア1位を獲得した。2位は米アップルで11.8%、3位は華為技術の9.4%、4位はOPPOで6.6%、そして5位はVivoで4.8%だった。3位から5位まではいずれも中国企業がランクインした。

世界のスマホ市場シェアのランキングにおいて、もはや上位に日本企業の名前は見られないのが現状だ。だが、それは必ずしもスマホ市場で日本企業が必要とされていないということではなく、むしろ日本企業は縁の下の力持ちとして世界のスマホ市場を支える役割を担っている。

中国メディアの今日頭条はこのほど、「世界のスマートフォンメーカーは日本企業なしではスマホを作れない」と指摘し、日本は最終製品としてのスマートフォン市場では存在感を示すことができていないが、世界のスマホメーカーにとって「無くてはならない存在」であると指摘している。

例えば、日本でも人気の高いアップルのiPhoneやiPadには日本企業の部品が数多く搭載されているほか、近年世界シェアを高めている中国製のスマホも同様に日本企業の部品が多く採用されている。部品を供給している日本企業の業績は米中スマホの売れ行きによって左右されてしまうデメリットもあるのだが、見方を変えれば、それだけ多くの部品が採用されていることの証左でもある。


スポンサードリンク


中国メーカーの華為技術(ファーウェイ)の関係者は2015年、ディスプレイパネルをはじめ、日本企業からの部品調達を増やすと発言した。一部中国メディアは同発言に対し、「同社のスマホの世界的な競争力を高めることが目的」と分析したが、これは「日本メーカーの部品を搭載することがスマホ市場における競争力向上につながる」ということであり、中国メーカーはもちろん、世界のスマホメーカーにとって日本製の部品は「無くてはならない存在」なのだ。
http://news.searchina.net/id/1621906?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
サムスン Galaxy S6/S6 Edgeの通信部を見ると、村田製作所、TDK(子会社の独Epcos)、太陽誘電の部品がズラリと並んでいる。通信周波数を切り替えるアンテナスイッチは村田製作所とTDKと米Skyworks Solutions製だ。特定の信号を通過させるSAWフィルタは村田製作所製、アンテナを共有するために使用されるデュプレクサは太陽誘電製で、通信部を構成する主要部品のほとんどが日本メーカー製である。

カメラ関連では光学手ブレ補正が今回から標準搭載された。手ブレ補正機能とレンズを含むカメラモジュールはSamsung Electro Mechanics(サムスン電機)が担当したと推定される。しかしカメラのフィルムにあたるCMOSイメージセンサーは、ソニーとSamsungの2社で供給している。また光学手ブレ補正を行うドライバーはルネサスエレクトロニクス製が採用されていた。カメラ大国ニッポンの技術はスマホでも健在だ。

タッチパネルはアルプス電気または住友化学の製品。確かにスマホは付加価値の高い製品ではある。だが、低価格帯への移行が進み、日本とは言えアップル以外ではソニーが頑張っている。内需で活性化しているとはいえ、製品よりはむしろ通信業者のほうが忙しい。スマホの場合は部品供給と、ライセンス料の付加価値で十分である。むしろ別次元の産業へ力を注ぐほうが得策だ。

スマホを世界で売るには、価格勝負では手に負えない。また自社OSや自社CPUを持たないわけで、サービス部分でも限界がある。スマホにおいては、むしろ部品に徹するのが望ましいというわけだ。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月30日 11:35 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp