韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  全国包む怒りのロウソクの炎はごまかしでは消せない

全国包む怒りのロウソクの炎はごまかしでは消せない

朴槿恵(パク・クネ)大統領の退陣と下野を求めるろうそくデモが韓国全土の日曜日の夜を占領した。ソウルの光化門だけでなく、釜山、蔚山、全州、議政府など全国の主要都市の広場は、怒れる市民の声で埋め尽くされた。全州では市内バスの運転手たちが警笛を鳴らして参加した。

デモの様子を見ると、怒涛のように全国を覆って軍事独裁政権を終わらせた1987年の民主化運動の再演をあたかも目撃しているようだ。家族単位、老若男女を問わずおしなべて各層からの参加という点から李明博(イ・ミョンパク)政権の序盤期の米国産牛肉輸入反対ろうそくデモの時とも似ている。しかし今回の大統領下野要求デモは、狂牛病騒ぎの時よりはるかに深刻だ。組織的な動員より自発的な参加が圧倒的に多いし、デモ初日から市民の参加の気概は熱い。これまで底辺でグツグツと煮えたぎっていた怒りが一気に出てきている様相だ。全国の大学の教授や学生が皆、競うように声明を出しているのも民主化以降めったになかった風景である。

29日の光化門のデモの途中にデモ隊に対して、「国を心配している」という放送をしたり、30日には前日の不法デモの後「デモ隊に感謝する」という趣旨の非常に異例な報道資料を出したソウル警察庁の態度の変化は、政権を守る堤防の一端が崩れていることをよく示している。それだけ朴政権は政府内部ですら正統性を失い分裂していると言えよう。「崩壊直前」ではなくて「崩壊中」という方が正しい。


スポンサードリンク


状況がこのように急に悪化しているのに、朴大統領の態度は非常にのんびりしている。大統領が25日に謝罪して、3日後の28日夜に大統領府首席秘書官たちの一括辞表を集め、30日に問題のウ・ビョンウ、アン・ジョンボム首席と「門番(権力の有力な手先)3人衆」を更迭した。しかし29日にはチェ・スンシル問題と関係がないとは言えないキム・ギチュン前秘書室長までを党の元老との面談に招くというあきれたことをしている。28日からイ・ジョンヒョン・セヌリ党代表、チョン・ジンソク院内代表、党の元老、市民社会の代表を招いた意見の取りまとめをする姿勢を見せようとしているが、市民の怒りから逃れるための見せ掛けという印象が強い。

市民の気持ちはすでに十分にあらわれており、大統領が会っている人は市民の代弁者というより世論の反対者に近い。大統領はこれ以上ごまかしで生き延びようとしないことを望みたい。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/25531.html

【管理人コメント】
企業でいえば偉くなる努力は限りなく大変だが、その地位をなくすのはあっけないのと同じである。
信頼という絆の中で人間は生きているわけで、それを裏切れば、蹴落とされるのが人間社会でもある。まして歴史依存を背負う韓国である。何かあればことあるごとに大騒ぎする。 

朴槿恵は沈没事故後からの行動が異常である。海洋警察を解体したところで、何も変わることはない。財閥排除や天下り排除を掲げ、一方では自分の自叙伝を出して大儲けしマンションを購入しているわけで、普通ならば自国民への募金か、自国民のためになるような建造物を建設するのが普通だろう。 外交では安倍総理が韓国訪問時に、飯も出さない大統領であるから、外交などできるわけがない。 韓国というちっぽけな大統領など、世界のどの国も相手にはしていない事を知ることである…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月31日 10:21 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp