韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  仁川の旧日本軍駐留地に、拳を固めた「平和の少女像」建立

仁川の旧日本軍駐留地に、拳を固めた「平和の少女像」建立

日帝強制占領(日本の植民地支配)期間に旧日本軍が駐留していた仁川市の冨平(プピョン)公園に「拳を固く握り、堂々と顔を上げて前に進もうとする力強い」平和の少女像が立てられた。 200以上の市民・社会団体が集まった「仁川平和の少女像建立推進委員会」は29日午後3時、仁川市富平区の冨平公園で少女像除幕式を開いた。共に民主党のソン・ヨンギル議員、ホン・ミヨン富平区庁長、宗教界など各界の市民約400人が参加した中で除幕式を行った。除幕式では体験行事などの事前行事を始め、少女像の除幕と平和コンサートも行われた。

仁川平和の少女像は6月に発足した少女像建立推進委員会が街頭募金で集めた9千万ウォン(約825万円)で製作された。募金には宗教界の他、仁川世元(セウォン)・桂陽(ケヤン)・桃林(トリム)高校の歴史・人文学サークル、石南(ソクナム)中学校生徒自治会所属の生徒たちが自発的に参加するなど902人が参加した。 推進委員会は仁川総合文化芸術会館に銅像を立てようとしたが、市民アンケートや仁川市との協議を経て冨平公園を建設場所に決めた。

今回建立された仁川平和の少女像は身長153センチで、髪は短い。脚を肩幅に広げ、拳を固く握り遠くを見つめしっかりと前に進もうとする姿だ。 銅像を製作したキム・チャンギ氏(52)は主体的な姿の少女を表現するため、拳を握り堂々と顔を上げた姿勢の少女像をデザインした。少女像のそばには募金に参加した団体や市民の名前が彫られた青銅板も設置された。


スポンサードリンク


2011年にソウル鍾路区(チョンノグ)の日本大使館前に平和の少女像が立てられた後、現在韓国には40を超える少女像が建立されているが、仁川ではこれが初めてだ。

仁川平和の少女像が建設された富平市民公園は、米軍のキャンプマーケットがあった所で、日帝強制占領期間には旧日本軍が駐留していた所だ。朝鮮半島に外国軍がこれ以上駐留しないことを願いつつこちらに建設したという。推進委員会のキム・マルスク執行委員長は「2015年12月28日、被害当事者であるハルモニ(おばあさん)の意見を無視した一方的な韓日外相「合意」発表を黙って見ていられない市民が街頭に出て、戦争の痛みと日本軍「慰安婦」問題を記憶し平和を祈る気持ちを込めて市民の募金で『仁川平和の少女像』を建設した」と明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25528.html

【管理人コメント】
韓国人は歴史依存病とはいえ、少女像を建造して面白いのだろうか??
素朴な質問である。作ってそれが後世に役立つのだろうか…。。。

私自身はろくでも無い像を作って、はしゃいでいる韓国人がアホに見えるが…。作るのであれば、建造物らしく、もっとしっかりと誰もが眺めたくなるような建造をしてほしいと思うが…。単に作りっぱなしで放置されるのが落ちである。無駄な金と言わざる負えないし、単に邪魔だろうとしか思わない。よほどセンスも金もない国なのだろう。 一方、財閥連中はこういうことはしない。と同時に反日となる建造はしないだろう。利益にならないだけではない、日本に助けられているわけで、財閥企業はくだらない事に金を費やさない…。 少女像除幕式開催と語っても、実にむなしい感じがするが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月31日 11:02 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp