韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  進むユーロ安、国内IBがドイツ不動産を買いあさる

進むユーロ安、国内IBがドイツ不動産を買いあさる

国内投資銀行(IB)業界が、ドイツ不動産ショッピングに積極的に乗り出している。
30日、IB業界によると、韓国(ハングク)投資証券や三星(サムスン)証券、メリッツ総合金融証券などが次々と、ドイツの主要拠点となる不動産買収に乗り出している。韓国投資証券は年内に、ドイツのフランクフルトにある国際ビジネスキャンパス(IBC)ビルを買収する計画であり、詰めの作業を行っている。

三星証券や三星SRA資産運用も、ドイツ最高層ビルであるフランクフルト・コメルツバンクタワーを9000億ウォンで買収することを決め、交渉を行っている。メリッツ総合金融証券は、国内複数の機機関資家と手を組んで、先月、ドイツ・ボンにあるドイツテレコム本社ビルを2億1340万ユーロ(約2667億ウォン)で買収する本契約を交わした。国内IB業界におけるドイツ不動産投資行列は、当面続くものとみられる。契約に参加したメリッツ証券の関係者は、「ブレグジット(英国の欧州離脱)後、欧州大陸内に入り込もうとするグローバル企業が増えている」といい、「今後、ドイツ内のオフィスビル1、2か所をさらに買収するために探している」と明らかにした。

ドイツ・オフィス投資における最大のメリットはユーロ安だ。2014年3月は1ユーロ=1500ウォンに迫っていた対ユーロ・ウォン相場が、2015年4月は1ユーロ=1169ウォンまでウォン高ユーロ安が進み、その後、乱高下を繰り返した後、今月28日は1ユーロ=1250ウォンで取引を終えた。とある証券会社のIB担当役員は、「ユーロ安が進んだため、ウォンをユーロに両替して現地入りする時は、ヘッジコストにおいてかえって1.5%ほどのプレミアム適用を受けている」と語った。


スポンサードリンク


例えば、ドイツ現地で不動産賃借の収益率が5%なら、これをウォンに切り替える時は、プレミアム1.5%を含む6.5%の収益が発生するという。先順位で受ける現地の融資金利が低いことも、ドイツ不動産の強みと言われている。国内金融会社各社がドイツのオフィスビルを購入する際、全額現金で決済することはほとんどない。

大半の場合は、全体購入金の50~60%を現地で融資を受けているが、この時の金利は0.9%に過ぎない。米国が3~5%であることに比べれば相当低い方であり、収益率を高める効果が期待できる。ドイツ主要都市内に位置している大型オフィスビルの場合、10年以上も長期間借りる企業が相当多いことも魅力となっている。

ただ、最近、国内金融会社各社が欧州不動産価格の上昇期に、「高額」で買わされるのではないかという懸念が出ている。とある不動産専門家は、「2008年の金融危機やその前に欧州不動産を購入した海外投資家らが抜け出しているのに、国内IB業界がその物量を買っている」と警告している。世界的超低金利の状況が変われば、収益率が悪化しかねないという声も出ている。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/771357/1

【管理人コメント】
厳しい韓国経済がユーロ安の影響を受けている。ドイツなど欧州の主要企業がユーロ安を背に価格を引き下げ、韓国輸出企業を苦しめている。欧州産製品の輸入が増え、貿易赤字の規模も膨らんでいる。 ユーロは2014年下半期から値下がりしている。貿易協会国際貿易研究院の分析によると、為替レートは2014年7-9月期の1ユーロ=1362ウォンから2015年1-3月期には1ユーロ=1239ウォンと、9%もウォン高ユーロ安が進んだ。理由は、欧州中央銀行(ECB)が先月から毎月75兆ウォンずつの大規模な量的緩和に入ったからだ。

韓国経済低迷とともに今年はさらに英国の欧州離脱後の影響が大きいようで、韓国経済はますます苦しくなる一方である。昨年車の価格を下げたばかりであるから、今年はその影響を受け、なおかつシェア獲得で、さらに価格を下げざる負えない状態ではないか…。アメリカに中国そして欧州と韓国自動車販売は苦戦を強いられることになる。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月31日 11:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
中国と韓国の共通点
中国、韓国の共通点は、経常収支が黒字なところと、ゾンビ企業が多いところです。
また、対象に差異はあるが、投資が盛んなところ。中国の優良企業は欧米の会社や不動産を買いあさっている。韓国も投資会社が小型の会社や不動産を買っている。違いは中国は大幅な経常収支黒字を背景とした黒字企業がその主で、韓国は海外の富裕層からの資金を当てにした海外投資です。これは民間の話。
では、国のレベルでいうと、ゾンビ企業だらけ。貧富格差拡大。。。つまり、中国、韓国は国の運営能力はないのだっつ!!!
[ 2016/10/31 14:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp