韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車の株式時価総額、世界業界10位圏外に

現代自動車の株式時価総額、世界業界10位圏外に

現代自動車の時価総額が世界の自動車メーカーで10位圏から脱落した。ストライキなどの影響で第3四半期(7-9月)の売上高と営業利益が減少したためだ。韓国株式市場では全体で4位へと後退した。 

ブルームバーグ電などによると、現代自の時価総額は28日終値時点で269億8000万ドルで、世界の株式時価総額上位500位企業に含まれた自動車メーカー17社で13位にとどまった。

現代自の時価総額は1位のトヨタ(1914億7000万ドル)の7分の1にすぎない2-4位のダイムラー、フォルクスワーゲン、BMWというドイツ勢だけでなく、中国最大手の上海汽車(380億3000万ドル)にも及ばなかった。現代自の時価総額はインドのマルチ・スズキ(265億7000万ドル・14位)、タタ・モーターズ(258億6000万ドル・15位)とも大差はない。 

現代自は2年前にランキングが8位まで上昇したが、ソウル・三成洞の土地を韓国電力公社から10兆ウォン以上で買収した後、株価が半分に下落。その後は世界的な景気低迷と労組のストライキ、内需低迷などの悪材料が重なり、まだ回復できずにいる。

韓国株式市場で現代自はかつてサムスン電子と並ぶ「ツートップ」と呼ばれてきたが、韓国電力に2位の座を明け渡したのに続き、最近はサムスン電子にも抜かれ、4位に転落した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/31/2016103100538.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
昨年上海株の暴落で、現代自の提携先である北京汽車集団と合計10億ドル(約1200億円)を投資。年産能力は30万台で、フル稼働する2018年には傘下の起亜自動車の工場も合わせた中国全体の年産能力は270万台に増え、最大市場でのシェア拡大の牽引役を期待していたが、その戦略の歯車はかみ合いそうもない。

現代自の落ち込みは単に市場の減速が原因ではない。価格の安いスポーツタイプ多目的車(SUV)で競争力を増した地場メーカーや中国向け戦略車で攻勢をかける日本勢との競争が激化する中、新車投入でなどで後手に回り劣勢に立たされているという状況があり、より深刻だ。苦境の現代・起亜グループも手をこまねいているわけではない。昨年9月以降にはSUVの新型「ツーソン」とセダンの新型「K5」を投入した。ただ、ゾンビ相場の成り行きによっては、せっかくの反転攻勢策も不発となった。

市場シェアを日本勢や中国地場メーカーに奪われ、保有株の値下がりで含み損を抱えた消費者が新車購入を手控えて市場の成長鈍化が強まれば、販売増の武器となるはずだった新工場は一転して過剰設備として経営の重荷になるのは間違いない。中国工場を稼働し自国工場を減産すれば労使ストは激化するだけだろう。現代自に1年先駆け、2017年にはトヨタが広州で年産10万台の新工場を稼働させるわけで、中国5工場体制の見直しを迫られる。

そんな状況をよそに現代自の社員の年収は、なんと収益で圧倒的に勝るトヨタよりも多い。朝鮮日報は、現代自の韓国とトヨタの日本の従業員を基準にした2013年度の年収を比較すると、トヨタの平均約794万8000円(当時のレートで8318万ウォン)に対し、現代は約9000万ウォンと上回り、日本円で現代自が100万円以上も高いと報じた。現代は14年度の年収がさらに9700万ウォンと上昇しており、トヨタを上回っている。

トヨタはリーマン・ショックや米国での大量リコールなどで経営が苦しかった時期に、労働組合が賃上げを要求せず、むしろボーナスの削減などで労使一体で業績改善にあたった。対照的に営業利益が年々減少する中でも現代自の労働組合が強気の賃上げを要求してきたわけで、現代自労組がトヨタのような労使協調路線に簡単に転じるとは考えにくい。 現代自の最近の株価は5年前の水準を下回っている。多くの投資家は経営の先行きを不安視している。簡単には巻き返しの展望が開けない中、おそらく現代自の海外法人長らはゾンビ相場と化した中国株バブルの行方に戦々恐々だろう。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月31日 12:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp