韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国特許庁、黄禹錫教授の「ねつ造」ES細胞技術に特許を付与

韓国特許庁、黄禹錫教授の「ねつ造」ES細胞技術に特許を付与

黄禹錫(ファン・ウソク)元ソウル大教授は31日、2006年に韓国で出願したヒトの胚性幹細胞(ES細胞)に関する特許を取得した。黄教授は今回の特許登録を機に研究再開を狙っているが、学界からは研究がねつ造だったとの結論が出ており、国内外で黄教授よりも進んだ研究が行われていることから、学術的、経済的な意味はないと冷ややかだ。

ES細胞は受精卵から人体のあらゆる細胞に分化する原始細胞だ。今回特許を受けたあのは黄元教授が04年に核を除去した卵子と培養した細胞を融合したクローン受精卵からES細胞が得られたとして、国際学術誌「サイエンス」に発表したものだ。ソウル大はこの論文がねつ造だったとする結論を下し、論文も撤回した。

特許庁バイオ審査課のシン・ギョンア課長は「ソウル大医学部に寄託されたES細胞とそこから分化した神経細胞、それに栄養分を与えた培地に新規性、独創性が認められ、特許登録の要件を満たしたと判断したものだとし、「審査過程で技術検証まで行ったものではない」と説明した。黄元教授の主張をそのまま認める形でES細胞に対する独占権を付与したものであって、客観的な検証を行ったものではないという意味だ。これに先立ち、米国、カナダの特許当局も黄元教授のES細胞技術に特許を付与している。

科学界は2013年に米オレゴン保健科学大のミタリポフ教授の研究チームが世界で初めてヒトのクローン胚からES細胞を作ることに成功したと認めている。韓国では車病院の研究陣が14年、別の方法によるヒトのES細胞生成に成功している。特許庁は今回、審査過程でES細胞の製造法に関する特許申請を退けており、他の研究に支障を与えることはない。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/01/2016110100593.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
iPS 細胞は 2006 年に京都大学の山中伸弥らが体細胞のリプログラミングにより、世界に先駆けて作製に成功した幹細胞であり、ヒト ES 細胞は米国・ウィスコンシン大学のJ.A.Thomson らが 1998 年にヒト胚の細胞を基に作製した幹細胞である。 iPS 細胞、ヒトES 細胞ともにあらゆる細胞に分化しうる多能性幹細胞(万能細胞)であり、損なわれた組織・器官・臓器の機能を修復する再生医療や、患者の細胞から iPS 細胞を作製して疾患のメカニズムを解明する研究や、iPS 細胞やヒト ES 細胞を分化させた細胞を用いた薬理・毒性試験などの医薬スクリーニング等、創薬・診断分野での利用が大きな期待を集めている。

論文ねつ造した韓国人学者のES細胞 米国で特許取得
2014年2月、元ソウル大教授の黄禹錫(ファン・ウソク)博士らが同大在籍当時に作ったヒトの胚性幹細胞(ES細胞、NT―1)が11日(現地時間)、米国で特許として登録され話題となった。米特許商標庁がNT―1を体細胞クローン技術のES細胞として認めたことになり、今後、黄博士の幹細胞研究復帰にどのような影響を与えるか注目されるとした。

特許の主な内容はNT―1株(物質特許)とES細胞を作る方法の二つ。NT―1は黄博士のチームが作成したと発表したヒトES細胞の中で唯一確認された幹細胞だ。発明者として、黄博士や李柄千(イ・ビョンチョン)教授ら当時のソウル大の研究チーム15人が名を連ねる。2011年にはカナダの特許庁から特許を取得している。 ただ、世界初の体細胞核移植による幹細胞だとする黄博士の主張が科学的に確認されたわけではない。今回の特許は法的な判断によるもので、科学的な判断ではないからだ。 特許の場合、科学的な事実関係を参考にするが、原則的にはアイデアだけでも登録が可能だ。

韓国では特許取得の前提条件となる「ES細胞の登録」を担当する疾病管理本部がNT―1を認めず、訴訟が行われている。 黄博士チームのES細胞に関する論文ねつ造で検証を行ったソウル大調査委員会は当時、この幹細胞は(卵子が受精せずに自ら生殖する)単為生殖で偶然にできたものと公式に発表した。2006年に韓国で出願したヒトの胚性幹細胞(ES細胞)に関する特許を今回取得したわけだが、こんな取得では、ノーベル賞はおろか、ねつ造でも特許となる特許庁にも困ったものである。米国、カナダの特許当局も黄元教授のES細胞技術に特許を付与しているというが、ソウル大はこの論文がねつ造だったとする結論を下し、論文も撤回しているわけで、特許の質を考慮しないと駄目なのではないか~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月01日 11:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp