韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  済州の海女文化、ユネスコ人類無形文化遺産への登録目前

済州の海女文化、ユネスコ人類無形文化遺産への登録目前

海女たちの人生が込められた「済州(チェジュ)の海女文化」がユネスコ人類無形文化遺産への登録を目前に控えている。
済州道は1日、ユネスコ人類無形文化遺産代表目録として申請した「済州の海女文化」がユネスコ無形遺産委員会傘下の評価機構の審査で「登載勧告」を受けたことが確認されたと明らかにした。評価機構は申請遺産の評価結果を「登載」、「情報補完」、「登載不可」に区分し、無形遺産委員会に勧告するが、済州の海女文化が登載評価を受けたということだ。

評価機構は「済州の海女文化遺産の登載は、無形遺産として女性の労働が持つ重要性について世界的な認識を高め、海女の共同体と類似した慣習を保有する他の共同体との文化対話を奨励するだろう」と評価した。同機構はまた、「遺産の登録は人間の創意性に対する認識を鼓舞するものと期待する。豊かな芸術的インスピレーションの源泉として、詩や小説、ドラマ、映画、音楽公演など、さまざまなジャンルで人気のある素材」だと済州の海女文化遺産を説明した。

済州の海女文化の登載可否は、今月28日から12月2日までエチオピアのアジスアベバで開かれる第11回無形文化遺産保護政府間委員会で最終決定される予定だ。済州道はこの会議に韓国政府とともに代表団を送り、済州の海女文化遺産登録に向けた広報活動を行う計画だ。済州道はユネスコ人類無形文化遺産の登録とともに、来年には済州の海女漁を国連傘下の世界食糧農業機関の世界重要農業遺産登録を推進する計画だ。

道は済州の海女文化をユネスコ人類無形文化遺産にするため、2011年7月、海女文化保存および伝承委員会を構成し、済州の海女文化の5カ年基本計画を立てて手続きを踏んできた。2013年12月には文化財庁が済州の海女文化をユネスコ人類無形文化遺産申請種目として選定し、2014年3月、登録申請書をユネスコに提出し今年の審議が行われた。


スポンサードリンク


登録申請した済州の海女文化の主要内容は、潜水装備を使わずに海で海産物を採取する漁文化▽海女の安全を祈り共同体の連帯を強化する潜水儀式▽船の上で歌う労働歌である海女の歌▽母娘間、世代間で伝承される無形遺産としての女性の役割だ。

済州島内の現役の海女は1990年の6827人から昨年基準では4377人になり、25年間で2450人が減り、高齢化も急激に進んでいる。60歳以上の海女は全体の85.7%(3751人)を占め、年齢帯では70~79歳が42.4%で最も多い。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25556.html

【管理人 補足記事&コメント】
韓国が無形文化遺産への登録を申請した「済州の海女文化」が先月31日、ユネスコ無形文化遺産傘下の評価機関から「登録勧告」を受けた。11月28日からエチオピア・アディスアベバで開かれる第11回無形文化遺産政府間委員会で正式決定される見通しだ。「済州の海女文化」について、評価機関は「地域共同体の文化的多様性と精神を強調し、潜水技術と責任感が先輩の海女から後輩の海女に受け継がれている。また、共同作業を通じた社会の凝集力を示し、女性の権利を拡大することに寄与している」と評価した。

済州島と韓国文化財庁は2011年から無形文化遺産への登録を推進してきた。また、日本でも海女漁の無形文化遺産登録に向けた動きがあるが、今回は申請されなかった。そのため、済州の海女の単独登録となる見込みだ。ユネスコの幹部には韓国人が選任されている。

国際連合教育科学文化機関(UNESCO ユネスコ)は、国際連合の経済社会理事会の下におかれた、教育、科学、文化の発展と推進を目的として、1945年11月に44カ国の代表が集いロンドンで開催された国連会議 (ECO/CONF)において11月16日に採択された 「国際連合教育科学文化機関憲章」(ユネスコ憲章)に基づいて1946年11月4日に設立された国際連合の専門機関である。分担金(2016年現在)の最大の拠出国はアメリカ合衆国(22%)、2位は日本(9%)である。米国は拠出金支払いを全額停止しているので、実質的に最大の拠出国は日本である。

文化遺産においての韓国済州の海女が選ばれれば、日本は分担金停止処置でよいだろう。なぜ韓国の海女が優先されるのかのほうが問題だが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月02日 10:06 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp