韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車、「リコール隠蔽疑惑」内部告発者を解雇

現代自動車、「リコール隠蔽疑惑」内部告発者を解雇

2日、現代自動車は製品不良隠蔽疑惑を米国交通当局とメディアに対して情報提供したキム・某部長を解雇したと明らかにした。
 現代自動車は10月24日に開かれた懲戒委員会で、キム氏が会社の資料を無断で持ち出し外部に流出し、この資料を返還しろとの要求に従わなかったことを明白な社規違反だと判断し、解雇を決めたと明らかにした。

現代自動車はこれに先立って「キム氏が業務遂行中に取得した経営上の情報、技術上の情報、研究開発に関する情報を漏洩したり公開しない義務があるにもかかわらず、公益情報提供とは関係のない第三者のみならず特定インターネットサイトに会社の内部資料をそのまま転載するなど、無分別に外部に流している」として、キム氏を相手に「情報公開禁止仮処分申請」を裁判所に提出した。現代自動車は、中国など競争企業に資料が流れることもありうると主張した。

キム氏は今年9月、米国道路交通安全局に現代・起亜自動車のリコール隠蔽疑惑を申告し、その内容を韓国メディアにも情報提供した。現代自動車で25年間勤務してきたキム氏は、シーター2エンジンから騒音が出て、損傷の程度が激しいために米国ではリコールしたのに韓国国内ではこれを回避している他、ソレントRのエアーバックが作動しない可能性が高いのに会社が欠陥の事実を隠蔽したと主張した。また、i30のエアーバックが制御ユニット(ACU)の欠陥で正常に作動しない可能性があるにもかかわらずリコールしなかったと主張した。

現代自動車はこれに対して、キム氏が指摘した問題はきわめて一部の不良に関するもので、米国で問題がないとの結論が出た部分もあるなどの釈明を出したことがある。


スポンサードリンク


現代自動車は社規違反を理由に挙げたが、内部告発者の解雇は論議を招くと見られる。キム氏は会社の対応について「公益情報の提供を貶めるために別の理由を挙げている」と批判した。2日、キム氏に解雇の事実を通知した現代自動車は「懲戒対象者は15日以内に異議申請ができる」と明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25564.html

【管理人コメント】
現代自動車で25年間勤務してきたキム氏は、シーター2エンジンから騒音が出て、損傷の程度が激しいために米国ではリコールしたのに韓国国内ではこれを回避している他、ソレントRのエアーバックが作動しない可能性が高いのに会社が欠陥の事実を隠蔽したと主張し、i30のエアーバックが制御ユニット(ACU)の欠陥で正常に作動しない可能性があるにもかかわらずリコールしなかったと主張しているわけで、そもそもがクレームである。解雇したから収まる問題ではない。

一つ見つかれば複数あるのがクレームであるから、山ほどあるのではないか~。
告発した人材の解雇より隠ぺいしたことのほうがあるかに大きな罪だろう。

現代自は二番手技術でここまで来たが、車両の雨漏りなど製造上の問題から、様々な問題が今後露呈するのではないか…。社員に金を与えればよい仕事をすると考えている経営陣は、労使に押し切られるほどに弱い連中であるから、困りごとだ。この国に正義はない。仕事さぼって夜遅くまで働き、金を与えるような企業が、世界で何位とかを語るレベルではない。

今後韓国経済は崩壊してゆく過程で、様々な不正問題発覚するのはないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月03日 09:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp