韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「みんな中国のせいだ」 韓国の石油精製業界が深刻な危機

「みんな中国のせいだ」 韓国の石油精製業界が深刻な危機

「みんな中国のせいだ」――。韓国の石油精製会社関係者は最近、7-9月期業績を発表後にそう漏らした。4-6月に原油価格回復を追い風に過去最高の業績を上げた石油精製業界だが、その勢いが止まった格好だ。SKイノベーション、GSカルテックス、Sオイルの7-9月期の営業利益は4-6月期を57-82%下回った。売上高の70-80%を占めるガソリン・軽油などの業績悪化が直撃した。Sオイルの場合、石油精製部門で1234億ウォン(約111億円)の営業赤字を記録し、SKイノベーションの石油精製部門も営業利益が87%も落ち込んだ。原因をたどると中国に行き着く。

中国メーカーは原油価格が年初時点の1バレル当たり20ドルから4-6月期に40ドル台に反発すると、稼働を中断していた石油精製プラントを再稼働した。しかし、消費低迷で中国国内で売れ残りが生じ、それを輸出にまわしている。中国の7月の軽油輸出量は前年同月比で182%増加し、8月も増加が続いた。ガソリンも状況は同じで、世界各地にあふれる中国産石油製品が韓国製品の輸出を阻んでいる。その上、海外市場で中国製品の流通が増えた結果、石油精製マージンが低下し、韓国メーカーは収益性低下に苦しんでいる。ウォール・ストリート・ジャーナルは最近、「中国が石油製品の輸出を増やし、韓国の石油精製業界が深刻な危機に直面した」と報じた。

■韓国の輸出市場奪う中国企業
中国は最近10年間で石油精製能力を倍増させた。しかし、最近2-3年で経済成長率が低下し、石油消費が伸び悩み、石油製品は国内需要だけでは余るようになった。高度成長期に石油製品を輸入に依存してきた中国は、売れ残りが生じると、石油製品の輸出を開始し、2014年に石油製品の純輸出国に転じた。昨年には日本、台湾の抜き、韓国、シンガポール、インドに次ぐ4位の輸出国となった。


スポンサードリンク


韓国石油精製業界は、国際市場で販売先を確保するため、中国と競争しなければならない状況に直面した。既にいくつかの市場は赤信号がともっている。昨年韓国が石油製品を最も輸出したのはシンガポールだった。しかし、今年は対シンガポール輸出で中国に追い抜かれた。韓国が主要輸出先として開拓しているオーストラリアも同様だ。1-9月にオーストラリアに輸出された石油製品(金額ベース)は、韓国が前年同期比39.9%減少したのに対し、中国は25.2%増加した。主力輸出市場であるフィリピン、マレーシアなど東南アジアも深刻な状況にある。

■中国製品、韓国に上陸も
問題は中国が来年1月から国産石油製品の品質基準を韓国と同一レベルにまで強化することだ。深刻な大気汚染に苦しむ中国は、ガソリンや軽油の硫黄含有量の規制基準を50ppm以下から10ppm以下に厳格化する。韓国は2009年から10ppm以下という基準を採用している。 ハイ投資証券のアナリスト、イ・ドンウク氏は「これまで韓国製品が中国製品と競争できたのは品質のおかげだったが、今後は優位に立てなくなる。アジアを皮切りに中国産石油製品の輸出市場進出が本格化するのではないか」と予想した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/03/2016110300685.html

【管理人コメント】
「みんな中国のせいだ」と喚いても、中国に寄り添ったのが韓国である。中国産石油製品が韓国の環境基準を満たすことで、来年から韓国に輸入される道も開かれるわけである。韓国は中国にとっては利用するだけの国でしかないことを理解していない。中国にとっては、韓国企業を土台にしたいが、なにせ小さい国である。利用価値がなければ韓国本土に乗り込み、すべて吸い取るだろう。とはいえすでに低迷した韓国に乗り込んでも、大した中国経済の下支えにはならないのではないか…。

それだけ中国経済は必至である。それでも中国経済が復活すればと期待を寄せている連中がいまだ多い韓国である。すがる韓国とは言え、自国経済低迷で右往左往という事だ。中国に責任転嫁したところで、自国経済が回復するわけではない。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月03日 11:03 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp