韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  創造経済が失敗した本当の理由

創造経済が失敗した本当の理由

過去の大統領選挙の際に政治部で取材をしながらいわゆる親朴の核心人物に尋ねたことがある。創造経済とは何ですか。初めは伝統産業と最新技術を融合させた「スマート・ニューディール(Smart New Deal)」を韓国語で解釈したものだと言った。

具体的に説明してくれと言うと、衛星利用測位システム(GPS)技術でナビゲーション産業を育てたことが創造経済だと言った。数日後に再び聞いてみると、ケンポナシの木を育てる農家が大企業の二日酔い解消飲料用に原料を供給することが創造経済だと言った。その後、歌手PSYの『江南(カンナム)スタイル』が創造経済の成功事例として固定した。

経済民主化公約の一つだった基礎年金も同様だ。選挙前には65歳以上の高齢者に例外なく20万ウォンずつ(約1万8000円)支給すると言っておきながら選挙後は財源問題にぶちあたった。この時も担当者は「原案にたくさんの変更が入ったので話し合いが必要だ」「私が作ったのでなく今海外にいる誰々が作ったものだ」等、明快な答えを聞くことができなかった。

実際、答えはなかったようだ。最近、JTBCが入手した崔順実(チェ・スンシル)ファイルの中の「雇用福祉業務報告参考資料」(2013年1月28日)がその証拠だ。この文書は基礎年金案に対して「第1案は国庫負担が重くなる可能性があり、第2案は高齢者世代に基礎年金を支給するために国民年金を流用しているという誤解をもたらしかねない」とし「早く最終案を決定するように」と求めている。基本計画と設計図のない公約が大統領選挙で高齢者層の票を大いにかき集めたというわけだ。


スポンサードリンク


企業との関係を見ただけでも分かる。ミル・Kスポーツ財団を通じて大企業に事実上の「強制出資」をさせていた情況と陳述が次々と明るみになっている。何社かに事情を聞いてみると「私たちだけ(出資から)外れて目をつけられたらかなわない」(A企業)、「スポーツ人材育成のためというのに出さない名分がなかった」(B企業)、「OO億を出せというからもう少し額を下げてほしい、他社と分けて出すと言ったら顔色がさっと変わった」(C企業)等の言葉が次から次へと出てきた。

特に、政府はSK・ロッテ・CJなどには企業のアキレス腱であるオーナーリスクを巧妙に悪用した。資金を出す企業がこれを知らなかったとでもいうのだろうか。表面的には原則と信頼を強調しながら裏で痛いところを突く「たかり」に近い徴収をしていた政府を誰が尊重できるだろうか。数年間、国の経済が厳しい根本的な原因は、国会に係留中の経済活性化法のせいではなく、政府に対する信頼が崩れてしまったためだ。
http://japanese.joins.com/article/301/222301.html?servcode=100§code=120

【管理人 補足記事&コメント】
昨年朴槿恵大統領は、「新しい成長エンジンを探さなければならない厳しい状況だが、その答は正に新しいアイディアと新技術を基板とし、新しい付加価値と働き口を創り出す創造経済だと考える」と話している。創造経済革新センター発足式参加のために全南を訪問した朴大統領は、麗水エキスポで開かれた産学研昼食会で「最近の世界経済は低成長基調が続いている中で、私たちも内需不振と少子化と高齢化で困難を経験している」と話している。

もとも創造経済は特許などにつながる付加価値経済であったはず。ところが言葉だけで実態が明確ではない。朴槿恵の創造経済は将来的には正しい意見のように見受けられたが、これも仕掛けられた罠という事では困りごとだが…。本来内需活性化において新しい産業改革という意味では重要であったが、これもジェスチャーならば、悪代官と言わざる負えない。もっとも韓国が考えることは、結局は自分の利益だけというのでは、反日大統領もここまでという事だ。

沈没事故以来変わった行動をする朴槿恵だが、この動きに宗教性を感じるのは、そういう関連があったという事だろう。ふたを開ければ、ろくでなしを大統領として自国民で選んだわけで、日本への反日ばかりに目が行けば、この程度な人材というのも見抜けないのだろう~。結局反日記事が消えて、経済低迷と朴槿恵ニュースで大賑わいの韓国メディアである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月03日 11:35 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
モデルは日本の民主党
朴槿恵政権 2012/02~2016/11 現在、空中分解
民主党政権 2009/09~2012/12 崩壊

ほぼ、3年遅れで日本の民主党政権の軌跡を追っている。
朴槿恵政権の「根拠のない公約でも政権を取れる」という手法は、
日本の民主党をモデルにしたと思われる。

「日本の○○○」と、やたら書きたがる韓国メディアは
民主党の特集記事を組めばいいのだが。
[ 2016/11/03 12:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp