韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  朴大統領、民心と最後まで戦うつもりなのか

朴大統領、民心と最後まで戦うつもりなのか

金首相候補は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で教育副首相と政策室長を、朴昇柱(パク・スンジュ)国民安全処長官候補も盧武鉉政権で女性家族部次官を務めた。

また、朴長官候補と任鍾龍経済副首相候補は湖南(ホナム、全羅道)出身だ。盧武鉉・湖南と縁がある人物を通じて刷新の意志を見せようということだが、国民の目には危機を免れるための時間稼ぎ、局面転換用の内閣改造としか映っていない。

朴大統領が今するべきことはこうした形の内閣改造ではなく、すべての疑惑の透明な真相究明と聖域がない検察の捜査を約束することだ。脚本のない記者会見を通じて本人の口からこれまで提起された疑惑を一つ一つ釈明しなければいけない。検察の対面調査にも誠実に応じる必要がある。

朴大統領がこれを拒否して首相指名を貫こうとすれば破局を迎えるのが明らかだ。

1日に実施した世論調査の結果、「大統領下野」に同意する回答者は67.3%にのぼった。さらに大統領の首相指名に対しては与党議員でさえも強く反発している。国会で首相承認同意案が通過する可能性が極めて低い理由だ。


スポンサードリンク


今回の事態の核心被疑者は朴大統領本人だ。崔氏が機密文書を勝手にのぞき、政府の人事を操り、大企業をゆすって数百億ウォンを取り出す専横は、大統領のほう助や黙認なしに起きることではない。歴代大統領をめぐる不正は親戚が大統領を売って犯したものであるのに対し、今回の事態は大統領本人が直接かかわった状況があまりにも明確に表れている。

崔氏と秘書陣の数人を捜査し、野党・湖南の人物を起用するラインで適当に収拾しようというのは、事態の深刻性を全く把握していないということだ。民心と戦って勝つ権力はない。それでも朴大統領は民心と戦う道を選んだ。こういう「意地の政治」で憲政史に取り返しのつかない悲劇が起きれば、その責任はも朴大統領が一人で負わなければいけないことを銘記するべきだ。
http://japanese.joins.com/article/316/222316.html?servcode=100§code=110

【管理人コメント】
結局沈没事故当時の空白の7時間がすべてというわけだ。
挙句に40年来の友人にはすべて大統領の指示といわれ、今後関連した連中はすべてそう答えるだろう~。今まで大統領に口答えできずに、こき使われた連中が朴槿恵を追い詰めるチャンスでもある。これは検察にも言える事で、韓国のすべての人間が朴槿恵の敵となる。その現実を見たときに、朴槿恵はどうするのだろうか…。大統領の椅子などあっけないものである。

企業においても偉くなるまでの道のりは長いが、ひとたび何か起こせば、首になるのと同じで、敵が多い政府では、助ける人材は一人もいないだろう~。朴槿恵の終わりも近い。北朝鮮は笑っているのではないか…。同時に世界で一番嫌われる国が韓国であるという定説を不動にした人物として今後継承されるのだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月03日 18:59 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp