韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  赤信号の韓国経済、政府は非常対策委を設置せよ

赤信号の韓国経済、政府は非常対策委を設置せよ

韓国経済の至る所に赤信号がともっている。輸出低迷の中でも善戦し、景気を下支えしてきた消費と建設投資も不振だ。9月の小売売上高は4.5%減少し、過去5年7カ月で最大の減少幅を記録。増加してきた建設投資もマイナスに転落した。

経済の三大軸である生産、投資、消費がいずれも不振に不振に陥る「トリプルマイナス」の状況となった。家計債務が急激に膨らみ、一時回復したかに見えた輸出も2カ月連続で減少した。専門家の多くは供給過剰状態の建設部門が下り坂に向かい、経済成長率は2%台も死守できなくなると予想している。

こうした中、「崔順実(チェ・スンシル)問題」で国政がまひした。ただでさえ政府の経済リーダーシップが問題だったが、求心点すら消え去った。韓国がこれまで経験したことがない状況と言える。企業経営者の多くは今後どうなっていくのか分からないと語っている。 現在世界経済の環境は思わしくない。不景気が1929年の世界恐慌の時期よりも長引くとの見方もある。しかし、経済状況は国ごとに異なる。困難な条件下でも比較的善戦している国もある。その差は結局、経済を率いるリーダーシップだ。

米国はオバマ大統領の経済チームが思い切った量的緩和で真っ先に金融危機の後遺症を脱した。今年第3四半期の成長率が予想を上回り、金融引き締め(利上げ)に向かう可能性が高まった。日本は20年間の長期不況の泥沼を脱し、活力を取り戻した。これも安倍首相の強く一貫したリーダーシップのおかげだ。安倍首相の支持率は60%を超える。欧州の懸念材料だったスペインも一時620万人に達した失業者数が430万人にまで減少し、危機を脱した。


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
一方、韓国経済は正反対に敗者の道を歩んでいる。過去5%前後だった成長潜在力は低下し続け、今や2%台だ。このままでは経済体力が枯渇する。この困難な状況で大統領のリーダーシップが空白になってしまった。現実的に経済の司令塔としてリーダーシップを発揮すべき人物は柳一鎬(ユ・イルホ)副首相だけだ。柳副首相が前面に出て、懸案に対処し、危機を乗り切らなければならない。

しかし、現在柳副首相をはじめとする経済チームの重みや役割は期待以下だと言わざるを得ない。何をしたいのか存在感が薄く、必須課題でも前進ぜきずに時間を浪費している印象だ。現在の経済チームが構造調整のように論議を呼ぶことが避けられない問題について、やむを得ない決断を下せと注文するのは難しいことも事実だ。経済危機と国政まひが重なれば向かう先は明らかだ。韓国はその道を歩んでいる。

今までの韓国経済は世界経済低迷とともに、通貨危機ごとにスワップで補てんしては切り抜けられた。アジア通貨危機時には、起亜自動車の倒産を皮切りに、経済状態が悪化。IMFの援助を要請する事態となり、先進国協調の下で、韓国に対する金融支援パッケージが組まれた。日本も、第二線準備としては最大の100億ドルの支援の意向を表明したが、結局、第二線準備金は使用されることはなく貸し出されることはなかった。

韓国通貨危機時には、、金融市場がクレジットクランチ(信用収縮)に見舞われると市場からアメリカの通貨のドルの流通が滞り、インターバンク市場ではドル不足を招いた。この理由として、韓国の国際収支が2006年頃より悪化しており、特に資本収支における短期対外債務の比率が急速に高くなっていたことがあげられる。

通貨危機時に外資が入り、財閥企業を再編し、スワップで切り抜けてきた。だが今度同じようなっ事が発生しても、財閥企業に魅力を感じないわけで、外資も入りようが無い。企業編成どころか、自国すべてが老朽化のために天文学的な財政資金が強いられる。そんな国を支援すること自体が無理だろう。単に支援し復帰させてもまた低迷を繰り返すだけで、ムダ金に終わるだけである。韓国崩壊は同時に、他国へ編入もありうるという事だ。中国は無理であるし、日本は歴史上無理である。ロシアは経済低迷でそれどころではない。

韓国はそういうことを理解しているだろうか…。
危機感のない韓国である。他人事のようだが…、
現実はそういう状態が刻々と近づいている…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月04日 11:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp