韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  大きくしない、作らない・・・中国人には理解しがたい、日本の中小企業が長生きな秘訣

大きくしない、作らない・・・中国人には理解しがたい、日本の中小企業が長生きな秘訣

11月に入ると、何かと1年の締めくくりを意識し始める。13日からは「1年の納め」と言われる大相撲九州場所が始まるが、これが終わると「年末感」が一気に増す、という人も決して少なくないだろう。

ところで、大成する力士には、さまざまなタイプが存在する。爆発的な強さで一気に番付を駆け上がるも、短命に終わるタイプがあれば、決して横綱大関になるチャンスはないが、安定した成績を残して幕内の上位を長くキープするタイプもある。どちらにも魅力はあるが、しばしば「いぶし銀」と称される後者のタイプは、日本の中小企業の姿に通じるものがある。

中国メディア・今報網は1日、「日本の中小企業はどうして長寿なのか」とする記事を掲載した。その中で、中国の中小企業を視察した日本の中小企業専門家・黒瀬直宏氏が、日本の中小企業が「長生き」できる秘訣について解説したことを紹介している。

記事は、政府による中小企業の支援に加えて、経営者が持つ「匠の心」がより重要であるとし、「小さきに安んじる」、そして「必要とされる分だけ作る」という、中国人経営者にしてみれば、「奇妙」な心構えがその核心になっていると伝えた。「小さきに安んじる」点については、膨大な先進技術を持っていながら、従業員がわずか数名という規模を保ち続けている企業の事例を紹介。そこには、安易に事業を拡大してリスク上昇を招くことを恐れ、「企業と人は同じ。浮かれてはならない」という考え方があるとした。


スポンサードリンク


また「必要とされる分だけ作る」精神については、「物は使うため作る。貯め込んで他人の危機に乗じるためのものではない」というシンプルな考え方がベースになっていると説明。「堅守と道徳、これはまさに中国の商いが長年崇拝してきた境地なのだ。そして、これがまさに日本の数多の『匠』が100年も生き続けてきた根本的な道なのである」と伝えた。

地味ながらも「長生き」するためには、持って生まれたハード的な条件だけでは難しい。日々の努力の積み重ねがあってこそ実現できるものなのである。それは「いぶし銀」の力士も、40歳を過ぎても現役の第一線で活躍する野球選手も、そして中小企業も一緒だ。 中国にだって地道な努力家はたくさんいる。しかし、どうしても派手なものに視線や関心が集まってしまうのが今の中国社会。これまでスポットが当たってこなかった彼らの静かな活躍が注目され、支援される環境ができれば、中国の経済や社会も大きく変わってくることだろう。
http://news.searchina.net/id/1622379?page=1

【管理人コメント】
日本の中小企業には実は、経営コンサルタントとの密接な関係がある。
一般的な中小企業には、税理士がついているわけで、税理士は経営コンサルタントと因果関係にあり、連携している場合が多い。大手企業システムの基本をコンサルタントが教育し、経営フォローを実施している。経営や売り上げ利益面では、税理士がついており、その関係の教育も実施している。

意外と大手企業よりも、税理士が開く経営会議というのは厳しいものがあるし、私などが経営会議で品質データーを説明するのと同じように扱われる。ただそれに対して、私は何をすればよいのかを話をするのだが、彼らにはそこまでの実務能力はない。それを引き出すのはあくまで企業となる。あまり活用価値はないように感じるのだが、無いよりはマシだろうと思いますね~。私などの実務責任者とともにであれば効果は覿面だが、そういう意味では経営者次第という事になるのでしょう~。

全体的に言えば、同じ産業で組合があり、競い合っているので、設備や新製品情報はすぐ手に入る。設備投資できるかは、企業に私ののような指導者がいるかどうかが銀行から金を借りるときの審査となる。銀行と何度企業悦明したかはわからないが、ずいぶん投資のための会議をしたのを覚えてます。中小企業でさえ設備投資が実現すれば、次は自社専用機械への設計変更を設備企業と打ち合わせるわけですが、標準の機械ではなくなりますが、自社技術としては、受注貢献が可能となるわけです。

大手企業よりも、そういう意味では厳しい部分もあるのではないですかね~。中小企業の社長となると顔が広い。大手企業にの顔がきく。であるから簡単には倒産しないわけで、私などがいれば、大手企業と話をして投資をさせて、設備は中小企業に設置し、大手企業からの仕事を独占的に手掛けるという事も可能となる。品質保証体験がしっかりしていないと無理であるが、大手企業からの投資が受けられれば受注は大きく、長続きする。しかしシステムと人材を有する必要がある。

という事を考えれば、韓国の中小企業と日本の中小企業とでは、まるで違うわけで、中小企業とはいえ馬鹿にはできない。
日本の中小企業も世代交代を終えたのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月04日 14:14 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
商い(飽きない)
 商人の”商”は古代中国に存在した国だと聞いた覚えがあり、商人とは仮説で”商人という言葉は、商(殷)人が国の滅亡した後の生業として、各地を渡り歩き、物を売っていたことに由来するとされる。そこから転じて、店舗を持たずに各地を渡り歩いて物を売っていた人を「あれは商の人間だ」と呼んだことから「商人」という言葉が生まれたというものである”とあります。
 また”商(割り算)”は数学の演算子にも有ります、現代中国人には古代中国人商人の様に地道に生業を行う事を忘れ、論理的な思考をしない現代中国人には将来は見えています。
 私は個人的に日本の職人達を”商売人”と言っています、物事に対して”飽きる”事無く自分達の技術を高めて行く人々を尊敬を持っています。
[ 2016/11/04 19:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp