韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  朴大統領“屈辱謝罪” 支持率「史上最低」に下落…「すべての責任取る覚悟」

朴大統領“屈辱謝罪” 支持率「史上最低」に下落…「すべての責任取る覚悟」

国政介入疑惑で、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領がついに白旗を上げた。「陰の女帝」こと親友の崔順実(チェ・スンシル)容疑者(60)が検察に逮捕されたことを受け、4日午前に2度目の謝罪談話を発表し、検察の捜査を受け入れることを明らかにした。現職大統領に対して検察の捜査が行われるのは同国史上初めて。支持率も1987年の民主化以降、最低の5%まで下落した朴氏は、「汚職大統領」として歴史に名を残すことになる。

朴氏は4日午前10時半ごろ、記者団の前に姿を見せ、青ざめた表情で約10分間にわたり謝罪談話を読み上げた。「検察の捜査に最大限協力する」として、特別検察官の設置も受け入れると表明した。さらに「すべての責任を取る覚悟がある」とも述べた一方で「国政の空白期間を生じさせてはならない」として、当面退陣する意思がないことも示唆した。 2度目の謝罪談話発表前から、朴氏はすでに外堀を埋められていた。朴氏に対して捜査に応じるよう求めてきた野党や国民に加え、身内であるはずの閣僚からも捜査を容認する声が上がっていたのだ。

3日に開かれた国会の特別委員会で、金賢雄(キム・ヒョンウン)法相は「捜査の進展に基づき、真相究明に必要ならば(大統領に対する)捜査の必要性と可能性を検討した上で要請する」と明言した。さらに、「大統領自らが捜査を受け入れる意向を示せば捜査は可能」と語った。 個別の事件について、閣僚が捜査が可能かどうかに言及するのは日本ではあり得ないが、それだけ韓国国民が怒っているということだろう。


スポンサードリンク


世論調査機関、リアルメーターが3日に公表した世論調査の結果では、「大統領も捜査対象に含むべきだ」と答えた人は70・4%に上った。朴氏の退陣か弾劾を求める回答も55・3%と過半数を占めた。こうした状況にもかかわらず、朴氏の「秘密主義」的な政治手法は変わっていない。2日に新首相に金秉準(キム・ビョンジュン)国民大学教授を指名したが、周囲に相談すらなかった。

中央日報(電子版)によると、朴氏の内閣改造発表については、大統領府の参謀も知らないほどで、秘書官は「(内閣改造は)ニュースを見て知った」と話したという。案の定、野党は怒りを強めている。国会の人事聴聞会のボイコットを決めており、金氏の首相人事が実現するかも分からない状況だ。 一連の疑惑は韓国財界にも広がった。検察は3日、サムスングループの幹部を参考人として聴取した。聯合ニュースによれば、サムスンは疑惑の財団に資金を出したほか、崔容疑者と娘がドイツに設立した会社を支援した疑惑があるという。

朴氏は4日の謝罪談話で、「家族の関係も切り、一人で寂しく過ごしてきた。長い縁のあった崔順実氏から助けを受け、つきあいを持っていた」と説明した。「孤独」ゆえに崔容疑者を頼ったのかもしれないが、その代償は重い。過去の大統領の悲惨な末路を見れば、朴氏を待ち受けているのは「いばらの道」しかない。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161105/frn1611051000001-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
全斗煥(チョン・ドハン)、盧泰愚(ノ・テウ)の2氏は巨額の政治資金疑惑などで、いずれも退任後の1995年に逮捕、投獄された。2009年には不正資金疑惑で検察の調べを受けた盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏が退任後に自殺している。韓国大統領の末路は何とも寂しいのだが、朴槿恵は沈没事故という300名野茂若命を失う時に7時間も行方不明で、挙句には大事な支持をしなければならないときに、らしからぬ行動で、産経新聞社の前ソウル支局長を軟禁し、情報が漏れるのを恐れたわけで、それだけでも大罪だろう。

自国民に改革数Rと誓ったにもかかわらず、何もできなかった。できたのは首切りと海洋警察解体による縮小となり、中国漁船の侵入を容易にした事実は逃れられない。さらに金がらみの問題があるのでは、逃げ場どころか救いようが無いわけで、唯一自叙伝が売れたことだけだろうか~。しかしそれもマンション購入で自分の懐を温める金でしかなく、沈没事故で犠牲になった人たちへの補てんとなることもなかった。

これでは、大統領という器ではない。日本は告げ口外交を実施され、歴史認識で外交ができないと言いふらし、それだけでも十分大罪に値するが…。朴槿恵で家計負債は莫大に増えて、不動産緩和の実施という経済政策で4兆円以上の資金を無題にしたわけで、IMFには地方債務を隠し、自国負債を隠蔽し、実はすでに現在IMFから支援を受けている状態だ。自国をぼろぼろにした状態でだれに引き継ぐのかは今後の焦点となる…。
朴槿恵はそれでも大統領の椅子にかじりつくのか…。
今後の関心ごととだが~。

 

関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月05日 13:57 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
管理人さん、いつも楽しく拝見させて戴いておりますが・・・
最近、タイプミスによる誤変換や、誤字が非常に多いので、気をつけて下さいね。
[ 2016/11/05 14:35 ] [ 編集 ]
re:誤字
>管理人さん、いつも楽しく拝見させて戴いておりますが・・・
>最近、タイプミスによる誤変換や、誤字が非常に多いので、気をつけて下さいね。


申し訳ないです。明日以後、確認回数を増やして、気を付けるように致します。

ご迷惑おかけしました。

管理人 MON

[ 2016/11/05 19:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp