韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国サムスン、米で洗濯機280万台リコール スマホに続き

韓国サムスン、米で洗濯機280万台リコール スマホに続き

米消費者製品安全委員会(CPSC)は4日、米国で販売されている韓国サムスン電子製の一部の洗濯機、280万台を対象にしたリコール(回収・無償修理)を発表した。9月には新型スマートフォーン(スマホ)「ギャラクシー ノート7」を異常発熱・発火問題でリコールしたばかりで、サムスンのブランド価値にも影響しそうだ。

CPSCによると、サムスン製の縦型洗濯機で強い振動などの異常な動作の報告が733件あり、肩などを負傷した報告も9件もあったという。リコール対象の製品は2011年3月以降に製造された34モデル。米家電量販店大手のベスト・バイなどが450~1500ドル(約4万6000~15万5000円)の価格帯で販売していた。

サムスンは8月に発売した新型スマホの電池に不具合が見つかり、9月にCPSCはリコールを決めた。同スマホはサムスンの今年の目玉製品だったが、生産停止に追い込まれ、巨額の損失が発生している。今回さらに白物家電の中核製品である洗濯機もリコールの対象になり、サムスンの幅広い製品で「品質」への信用が揺らぐ可能性がある。

リコール対象となった洗濯機は日本で販売されておらず、今後の発売予定もないという。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM05H0I_V01C16A1NNE000/


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
毎日新聞は、韓国サムスン電子は4日、米国で販売した一部の洗濯機に不具合が見つかったとして、リコール(回収・無償修理)を実施すると発表したと報じている。異常な振動が発生し、上部のフタが外れる恐れがあるという。 米消費者製品安全委員会(CPSC)によると、対象は280万台ほど。いずれも洗濯物を上から入れる縦型タイプで、2011年3月以降に製造された計34モデルという。 これまでに730件を超える異常の報告が寄せられ、肩やあごを負傷したケースも9件あったとした。 

一方ロイターは、 韓国サムスン電子 は4日、米国で同社製の洗濯機280万台相当をリコール(回収・無償修理)すると発表した。対象となるのは2011年3月から2016年11月に製造された上部投入型洗濯機で、モデルは34種に及ぶと伝えている。米消費者製品安全委員会(CPSC)によると、使用中に洗濯機の上部が突然外れて利用者がけがをする恐れがある。消費者からはこれまでに、あごの骨折や肩の負傷など会社側に9件の被害報告が寄せられた。同社は前月、安全性の問題からスマートフォン「ギャラクシーノート7」の生産・販売を打ち切ったばかりだとしている。

なんというのか、世界企業のサムスンである。スマホ破裂によるリコールに続き、洗濯機のリコールで280万台相当だという。恐ろしい数である。車のリコールと違って、簡単に持ち運びができるわけではない。スマホより厄介なのではないか…。すでにケガ人も出ている。リコールするのは2011年3月以降に製造された洗濯機。防水性の高い物や寝具などかさばる物を洗うと異常振動を起こす恐れがあるとしている。

たしか、サムスン洗濯機破損で、LG電子社長に無罪判決が出たのもつい最近ではないか…。2014年9月、家電見本市が開かれていたベルリンの家電販売店2カ所で、サムスン電子製洗濯機3台のドア部分を下に何度か押し、ドアと本体の連結部分を壊したとして、同行していたLG電子役員2人と共に昨年2月に在宅起訴されたが、結果無罪である。その洗濯機も不良品だったという事だ。 LGの社長はその時にすでに指摘していたのではないか…。何とも情けないサムスンである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月05日 19:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
オーストラリアでも
オーストラリアでも2013年だかにサムスンの洗濯機がリコールとなっています。ニュージーランドでもサムスン洗濯機で事件が多発。
スマホ、タブレットもだめ。メモリーは在庫の山。メモリー実績は出荷実績。。。
サムスンって本当はとんでもない会社じゃないのか?ひょっとしてそのうち倒産危機とかニュースにでたりして。。。
まあ、それはないでしょう。もしそうだとしたら韓国は終わりだからね。
[ 2016/11/05 19:19 ] [ 編集 ]
危ない作り
この事件は5年越しのトラブルで、集団訴訟が米政府を押して、
CPSCがサムスンを押してリコール実現。サムスンは頑張り
切れなかったようです。苦情があるのに5年も作り続けたのは
市場を見る眼が甘いし、判断がとろい。
いや、「フタ」というが事故機の画像を見ると、洗濯機上部を
すっぽり覆う框体の一部で、これが丸ごと吹っ飛ぶ。
危ない作りだったと見えます。
他社にも教訓です。
[ 2016/11/06 00:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp