韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  苦言に耳を傾ける安倍首相、意見を求めない朴大統領

苦言に耳を傾ける安倍首相、意見を求めない朴大統領

韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権の「陰の実力者」と呼ばれる民間人女性、崔順実(チェ・スンシル)氏の国政介入疑惑に対する国民の視線はこの上なく冷たい。第4次産業革命時代の21世紀に、それこそ封建時代にもあったかどうかという前近代的なことが現実に起きた。権力の私有化は、韓国を民主共和国、法治国家と規定する憲法の価値を踏みにじった。「陰の実力者」の実在は、一瞬にして官僚らの権威を失墜させ、彼らに対する信頼を崩壊させた。韓国という国の品格は落ち、非現実的なドラマは世界の笑いものになってしまった。

韓国は今、経済、社会、教育、外交、安全保障などあらゆる面で危機に直面している。にもかかわらず、スローガンばかりがむなしく飛び交うだけで、危機を乗り越えるための戦略は国民の目に見えない。周辺国の指導者たちは国の発展と国民生活の向上に総力を挙げているのに、唯一、韓国では国民を無視した民間人の国政介入や権力ゲームが横行して時間が無駄に過ぎており、国民に不安を与えている。

指導者の演説文は、国家としてのメッセージに他ならない。そのため、誰もが心血を注いで作成する。日本の安倍晋三首相は演説文担当のスピーチライターを抱えている。本をたくさん読み、意見を聞き、具体的な事例を探し出して感動を伝える。数多くの公的組織の専門家が回し読みを重ね、文章を完成させる。崔順実氏のように、専門家でもなく三流にも及ばないプライベートな助言者に指導者の演説を手直しさせるなど、常識的にあり得ない。れっきとした公的組織があるにもかかわらず、私的組織に公文書が流出するなど、衝撃的なことなのだ。


スポンサードリンク


指導者なら誰でも斬新なアイデアを切望する。その多くは最も優れた専門家や参謀に意見を求める。安倍首相は谷内正太郎氏という外交ブレーンの意見を聞き、彼に主要国の要人と執拗な交渉を行わせる。また、中国の習近平国家主席には王滬寧氏というブレーンが付いており、国の発展戦略を練っている。韓国にも、政策や国際問題の専門家は多い。にもかかわらず、大統領が意見を聞くため専門家たちと面会したという話は聞いたことがない。安倍首相は午後7時以降、各界各層の人と会い、意見に耳を傾け、ざっくばらんに対話している。
(略)
国民は、参謀と討論を交わし、専門家の意見に耳を傾け、国民と率直に対話する指導者を望んでいる。苦言や自身と違う意見も素直に聞き、批判の声も参考にできるような指導者だ。何よりも、スローガンばかりが華々しい、見かけ倒しの政策ではなく、生活を安定させ、豊かにしてくれる具体的な政策を提示できる指導者を国民は望んでいる。危機に陥った指導者が自らのリーダーシップのあり方を見直さなければ、新たな指導者を望む国民の声は高まる一方だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/04/2016110401687.html

【管理人コメント】
朝鮮日報の好き勝手な記事である。
能力者は他人の意見を尊重し、自分の中で調整して、より正しい意見を見出す。行動力も同じである。うまく物事が行かないのは、自分の実施していることが間違っているからである。私が尊敬する役員から教わった言葉である。自分がどんなに素晴らしいと自負しても、結果が悪いのでは、実施している何かが違うという事である。それは何なのかを突き止めるために、他人の意見は上から目線ではなく、教わるという姿勢が重要だという。これは役員でも社員から教わる時の姿勢は重要だという事だ。つまり俺は偉いという傲慢な態度では、自分のレベルを上昇させることはできないという事だ。

そこに様々なアイデアを出す社員が大手企業には大勢いる。社員教育は教育ではあるが、社員から教わる場でもあることを理解している幹部連中はどれだけいるのかで、企業の体質が解る。工場監査時の一番のポイントとなる。社長自ら社員と食事の場を持って話をする機会を設けているかなどなど…。役員だからと言って何でも知っているわけではない。社員一丸となって行動する中の一人に社長がいるだけの話である。

日本の中小企業が強いのは、熟練工あるいはそれを引き継いだ人たちと社長とが一丸となって討論し、口喧嘩してまでも語り合うことがある。これは重要だと感じた。経営の立場と製造の立場のぶつかり合いである。しかしそこから互いに折り合いを見出す。そこまで話し合いをすることはもっと重要で、私はそういう指導を心掛けている。社長は偉いが、社員あっての企業であるという事だ。

政治も同様で、机の上だけの情報だけを信じて、自分の目で確かめないようでは、真意は見えてこない。時には自分の目で確かめることで民意が理解できる。大企業ばかりと相談するのではなく、中小企業の社長と相談することも重要だろうし、中小企業に出向くことはもっと重要だろう。安倍総理もよく勉強願いたいものである。景気の良い企業ばかりに出向いては良い情報だけしか耳に入ってこない。様々な企業に出向くことである。幅広く行動してみる事である…。そこから正しい政策が見えてくるのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月06日 11:15 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp