韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  4年で1000回会食した安倍首相

4年で1000回会食した安倍首相

私は、安倍晋三首相が先週、誰とどこで何を食べて何時に寝たのか詳細に知っている。月曜日の夜は首相官邸で米国のタカ派軍事戦略家と一緒に食事をした。火曜日の夜は安倍政権の参謀2人と「一口食べると味が『リセット』される」という超人気フランス料理店に行った。水曜日はヨーロッパの宮殿に引けを取らない華やかな元赤坂の迎賓館でアウン・サン・スーチー・ミャンマー国家顧問のために晩さん会を開いた。

先週だけではない。きょう(7日)は安倍首相が二度目の執権に成功した2012年12月26日からちょうど1413日目だ。その1413日のうち、まだ一日が始まっていないきょうを除いた1412日分の「安倍首相の動静」をすべて把握できる。日本の主要各紙は毎朝、日本人1億2000万人が目にできるように、数十年間にわたり前日の朝から晩までの首相動静を掲載しているからだ。

この首相動静という表は簡潔で淡々としている。10月27日の朝刊は次の通りだった。「26日午前10時30分、保岡興治自民党憲法改正推進本部長。11時7分、柴山昌彦首相補佐官。(中略)午後1時15分、岸信夫外務副大臣(記者注:安倍首相の実弟)。午後2時40分、谷内正太郎国家安全保障局長」…。

単に「首相が誰と食事したか」だけではない。一日のうちに首相官邸でどんな会合が開かれたのか、主な参謀のうち誰が何時に首相執務室に入り、何分後に出たのか、最近特によく呼び出されている官僚は何省の何を担当し、どれくらいの職位なのかもすべて分かる。この表があれば日本の全国民が「門番(最も近い側近)3人組」どころか「門番1億2000万人組」になれるのだ。


スポンサードリンク


日本の歴代の首相たちがこのようなシステムを歓迎しているわけはない。安倍首相は余計にそうかもしれない。1413日分の安倍首相の動静を分析・確認しているが、同首相も自分と同じ考えの人物にばかり会う「不通(コミュニケーションが成り立たない)首相」だ。同首相は二度目の執権以降、各種の朝食会・昼食会・夕食会・会食を1052回行った。ずいぶんたくさん会っているものだが、そのうちの自身と路線が違う人物に会ったのは10%にもならない。

朴槿恵(パク・クネ)政権の「陰の実力者」と呼ばれる民間人女性、崔順実(チェ・スンシル)容疑者をめぐる疑惑の渦中で、この制度のことを考えた。韓国メディアは「大統領が何をしているのか分からない」と言うばかりだ。「門番3人組はどけ。我々もあなた方の隣で何がどのようになっているのか見ていなければならない」とは言えなかった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/07/2016110701092.html

【管理人コメント】
大手企業の社長も、秘書の分刻みのスケジュールで動く。社長と新たな事業の相談で呼ばれたときに、何とも秘書のわずらわしさに困ったわけだが、もっと困っていたのは社長で、俺は社長には向いてないな…。 と私に本音を漏らしたほどだ~。事業部長時代の業務と違って、スケジュールに追われての仕事と更には企業広報マンでもあるわけで、経営に向いている人、そうでない人、それぞれだろうか…。

日本政府も総理大臣となると秘書が複数つくだろう。芸能人並みのスケジュールに追われることになる。TVニュースでよく居眠りしている姿を報じることがあるが、それほどに忙しいという事だ。メディアはそういう部分も報じないと、政治家は楽だと考えていたら大間違いである。夜遅くまで会議やら会食やらで、自分の時間など無いだろう。外交に出た時のほうが、自由がきくのではとさえ思ってしまうが…。

4年で会食1000回というのは、多すぎだろうと思うが、安倍総理がどこで何をしているのかは、手に取るようにわかる。そういう意味では朴槿恵というのか、韓国政治全般に言えるのかはシステムの問題であるから一概には言えないが、危機管理の面から考慮すれば、何処でだれといるのかが解らないのでは困りごとだ。沈没事故の空白の7時間などありえない。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月07日 13:49 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
自国を評価するのに日本を引き合いにするのは、まだ許せます
 惨めな自国を評価するのに日本を引き合いにするのは、まだ許せます。
 しかし、ドサクサに紛れて、手前勝手な分析で日本を卑下するのは止めてください。

「・・・ 1413日分の安倍首相の動静を分析・確認しているが、同首相も自分と同じ考えの人物にばかり会う「不通(コミュニケーションが成り立たない)首相」だ。同首相は二度目の執権以降、各種の朝食会・昼食会・夕食会・会食を1052回行った。ずいぶんたくさん会っているものだが、そのうちの自身と路線が違う人物に会ったのは10%にもならない。・・・」

 等と、手前勝手なことを言っています。
 このくだりは、某大統領の評価とは全く関係のない異質なものです。

 それに、独裁国家ならともかく、同じ考えの人等そうそういるものではありません。だから、安倍首相は、沢山の人と会って自らを磨き、日本のために頑張っているのです。

 日本のことを彼の国の基準で評価するのは如何なものでしょうか。
 この程度の記事を書いて記者気取りな訳ですから、困ったものです。
[ 2016/11/07 15:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp