韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  トヨタもEV市場に参入 現代車は新ブランドSUVで勝負

トヨタもEV市場に参入 現代車は新ブランドSUVで勝負

トヨタ自動車が電気自動車(EV)市場に参入する。ハイブリッド車(HV)・水素車(FCV)の開発に注力してEVにあまり力を入れてこなかったトヨタがエコカー戦略の修正に入ったと分析される。現代・起亜車もEV開発を強化していて、国内外メーカー間の競争が一層激化する見通しだ。

日本経済新聞は、トヨタがEV市場への参入を検討していると7日(現地時間)、報じた。具体的には1回の充電で300キロ以上走行可能なEVを2020年までに量産する計画だ。このため、来年上半期中にEVの企画・開発担当組織を新設する。EV性能を左右するバッテリーはことし1月に発足した社内バッテリー研究部署で開発して外部バッテリーメーカーと協力する方向でも検討している。

トヨタは1997年に発売した「プリウス」を前面に出し、HV分野で圧倒的な強さを見せてきた。新車を発表するたびに「エコカーの代表車種はHV。EVはバッテリー費用が高く、走行距離が短い」とEVを冷遇してきた。ライバル社のフォルクスワーゲンやGM、ルノー日産、現代・起亜車はもちろんテスラがEV開発に参入している時もHVにこだわっていた。敷いて言うなら、1人用超小型3輪EV「i-ROAD(アイロード)」を試験運行するくらいだった。日産が「リーフ(LEAF)」でグローバルEV販売1位に入ったこととは対照的だ。

だが、世界各国が環境規制を強化してEV普及策を相次いで打ち出したことで状況が変わった。バッテリー技術の発達で走行距離が伸び、充電インフラも拡充しつつある。特に、中国が破格的な補助金を提示してEV市場を大きくしている。自動車メーカーもEVへの投資に積極的だ。フォルクスワーゲンは現在1%のEV販売比重を2025年に25%まで引き上げる計画だ。


スポンサードリンク


その上、EVはただ販売するだけのものからメーカーの技術力を判断する“試験台”として捉えるようになった。テスラの「モデルS(P100D)」は1回の満充電で507キロまで走行可能だ。停止状態から時速96キロまで到達するためにかかる時間は2.5秒。日本経済新聞は、トヨタもEVの普及を見守ってばかりいられないと判断したと伝えている。
http://japanese.joins.com/article/423/222423.html?servcode=800§code=860

【管理人コメント】
韓国車は世界エコカー市場における存在感が薄い。韓国自動車産業協会によると、昨年、世界市場で売れたエコカー〔EV、HV、プラグインハイブリッド車(PHV)、FCV〕は233万9858台だった。そのうちトヨタは120万4500台(市場占有率52%)で1位を占めた。半面、現代・起亜車は7万3592台(3%)にとどまった。 アイオニックが不振の沼に落ちたことを受け、現代車は出口戦略に頭を悩ませている。現代車は2018年に1回充電時の走行距離が320キロ以上のスポーツ用多目的車(SUV)を発売する計画だ。だが、このSUVにはアイオニックではなく新しい名称を付けることにしているという。

何だか他企業が先導するロードマップの後追いかける状態と化している。
乗りたくなるような車。燃費も重要だが、やはり乗りたくなる車でなければ売れないだろう。本来ガソリンあるいはハイブリッドやエネチャージのようなエンジンアシストにおいて、重要なのは売れる車に仕上げるという事である。厄介な充電やらを駆使しても、やはり面倒なことが増えて維持費も高いのでは困る。そんな中で1回の満充電で507キロまで走行し、停止状態から時速96キロまで到達するのに2.5秒といえば、スーパーカーである。だが、車重をさらに軽くし、ガソリンエンジンアシストとともに活用し、エンジンで充電すれば、充電はなくなる可能性がある。ガソリンエンジンは逆に電気のアシストに代わるという手段もあるのではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月08日 18:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp