韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  サムスン押収捜索、チョン・ユラ氏の「ドイツ乗馬」に10億円以上支援した疑い

サムスン押収捜索、チョン・ユラ氏の「ドイツ乗馬」に10億円以上支援した疑い

検察が8日、サムスンに対する大々的な押収捜索を行った。チェ・スンシル氏を一番積極的に「支援」したといわれているサムスンが本格的な捜査対象に浮上した。

検察特別捜査本部(本部長イ・ヨンヨル)はこの日、サムスングループ未来戦略室とサムスン電子対外協力担当部署、大韓乗馬協会など9カ所を家宅捜索した。サムスングループが昨年9~10月にチェ・スンシル氏と娘のチョン・ユラ氏が実質所有したドイツ法人のコアスポーツ(現ウィデックスポーツ)に280万ユーロ(約3億2400万円)を別途に支援した疑惑を捜査するためのものだ。大韓乗馬協会長であるサムスン電子のパク・サンジン対外担当社長の事務室と自宅はもちろん、サムスングループのイ・ジェヨン副会長の秘書室格であるグループ未来戦略室も家宅捜索の対象になった。

検察関係者は「サムスンがチェ氏に別途に送った280万ユーロと関連した家宅捜索だ。サムスンがミル財団などに渡した204億ウォンの拠出金とは直接的な関連はない」とし、「未来戦略室には今回の事案と関連する職員がいるため、その部分だけ押収捜索した」と話した。検察はコンピューターのハードディスクや乗馬協会業務推進の内訳、支援費執行実績など各種書類や個人のダイアリーなどを確保したという。

サムスンがチェ・スンシル親子に直接送金した280万ユーロは、チェ・スンシル氏のコアスポーツとの10カ月分のコンサルティング契約という方法で渡ったが、実際にはチェ氏親子が「ヴィタナV」という高価な馬を購入し、チョン・ユラ氏の海外トレーニング費用などに使われたものと言われている。


スポンサードリンク


検察はコアスポーツに毎月80万ユーロ(約9300万円)送金したというコアスポーツの元社員の証言(ハンギョレ3日付8面)についても捜査中だ。コアスポーツの元社員はハンギョレ記者の電話取材で「コアスポーツに勤務していた5~6カ月間、毎月80万ユーロが通帳に入ってきた」という内容の証言をした。この場合、チェ氏親子がサムスンから直接受け取った金額だけで100億ウォン(約9億2000万円)にのぼるものとみられる。

検察はこの他にもサムスンがチョン氏を支援するために、5月に協力会社であるモナミを通じて230万ユーロ(約2億6600万円)を投じてドイツのエムスデッテンのルドルフ・ツァイリンガー乗馬場を購入した可能性が高いと見て、この部分についても集中捜査中だ。現在所有主となっているモナミ側ではこの乗馬場がチョン氏とは無関係だと強調してきたが、検察は最近チョン氏が開場もしていない乗馬場で少なくとも5回にわたり馬場馬術の個人訓練を受けた事実を把握した。

検察はサムスンが朴槿恵(パク・クネ)大統領と密接な関係にあるチェ氏に何らかの見返りを期待して事実上対価性の資金を渡したのではないかと疑っている。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25619.html

【管理人 補足記事&コメント】
産経ニュースによると、先月31日夜に緊急逮捕された崔順実(チェ・スンシル)容疑者(60)とその娘チョン・ユラさん(20)をめぐる疑惑で、崔容疑者がドイツに設立したスポーツ・コンサルティング会社「ビデク・スポーツ」にサムスンが280万ユーロ(当時の為替レートで約3億2000万円)を送金していたことが明らかになり、両者の関係が注目されている。サムスンから資金を受け取ったビデク・スポーツは、崔順実容疑者と乗馬選手でもあるチョン・ユラさんが株式の100%を持つ会社だ。スポーツ・コンサルティングを会社の事業目的に掲げているが、実際には社員1人だけの会社で、その1人というのはチョン・ユラさんの乗馬コーチだったという。

サムスンは乗馬協会の立場から支援したというが、崔順実容疑者やチョン・ユラさんに対する特別待遇があるのではないかとの疑惑が浮上しているというのも当然だろう。崔順実容疑者が自分の娘を2020年東京五輪に出場させようとしているからだといううわさが飛び交っていたというから、裏で働きかけたと思われても仕方がない。朴槿恵とサムスンを巻き込んでの騒動である。が一概にそうとも言えないのではないか。朴槿恵がサムスンを後押しする気持ちがあれば、この問題については、朴槿恵が主犯となる。いずれにしても、朴槿恵に相談した結果、あとは大統領の指示で動いたと証言すれば、朴槿恵は逃げられない。一方の朴槿恵は大統領である以上、主犯になることはないと思っていたら大間違いである。すでに支持率5%以下の大統領である。

前からすでに死に体であるのに、厄介な問題を引き起こしては、どうにもならない…。
恥をさらして大統領にしがみついても、韓国は良くなるどころか、低迷路線一色線である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月09日 10:12 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp