韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米紙、「ギャラクシーS8は来年4月に発売を遅らせそう」

米紙、「ギャラクシーS8は来年4月に発売を遅らせそう」

三星(サムスン)電子のスマートフォン次期作「ギャラクシーS8」シリーズが、例年より遅れて来年4月ごろに公開されるだろうという予測が出ている。

7日(現地時間)、米紙ウォールストリートジャーナル(WSJ)などの複数の外国メディアは、「三星電子はこの3年間、毎年2月にスペインのバルセロナで行われるモバイルワールドコングレス(MWC)でギャラクシーSの次期作を公開してきたが、来年はこの慣行が壊れることになるだろう」とした上でこのように報じた。複数の外国メディアは、「三星電子は、ギャラクシーノート7の生産打切りという最悪事態を経験しているので、例年よりさらに多くの時間をかけて、安全かつ信頼性の高いギャラクシーS8を準備することになるだろう」と分析した。

しかし、三星電子側は「ギャラクシーS8は、現在開発段階にある」とし、「具体的な公開スケジュールはまだ確定されていない」と明らかにした。

三星電子は、ギャラクシーS8シリーズからグーグル・アシスタントやアップルのシリ、アマゾンのアレクサなどに似た人工知能(AI)基盤個人秘書サービスを搭載する予定だ。そのため、三星電子は先月、AIフラットフォーム開発メーカー「ヴィブラボ」を買収した。ヴィブラボのダグ・キットラウス最高経営者(CEO)は、アップル音声秘書機能「シリ」の開発者でもある。三星電子側は、「ギャラクシーS8シリーズに搭載される音声認識AIは、従来のサービスとは差別化された優秀な機能が入ることになるだろう」と明らかにした。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/777568/1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
韓国Samsung Electronicsは11月6日、記者向けブリーフィングを開き、次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」に独自のAI(人工知能)アシスタントを搭載すると発表した。米Reutersや米Bloombergなど、複数のメディアが同日に報じた。 同社がこのようなブリーフィングを開催するのは異例のことという。発火問題で製造中止になった「Galaxy Note7」の悪影響を払拭する狙いとみられるが、現実は発火問題の解決が先にあってのことだろうと思うが…。

Samsungは10月、米Appleのパーソナルアシスタント「Siri」を開発したチームが立ち上げた米Viv Labsの買収を発表した。Galaxy S8のAIアシスタントには、このVivの技術が採用されるものとみられる。Vivは、複合的で複雑な音声での命令を解析し、対応できるサードパーティー製アプリを選んで連係させて対応する能力を持つ。Samsungのインジョン・リー執行副社長は「サードパーティー開発者は、このAIアシスタントにサービスを追加できる。Samsung自身が何もしなくても、(サードパーティーによる)サービスが追加されるにつれ、AIアシスタントは賢くなっていき、ユーザーに新しいサービスを提供していく」と語っている。

Samsungは、VivのAIアシスタント機能をGalaxy S8だけでなく、冷蔵庫などの同社の様々な製品に搭載していく計画という。Galaxy S8の具体的な発売時期については発表されなかったが、同社のこれまでの製品サイクルから、2017年2月27日からバルセロナで開催のMobile World Conference(MWC) 2017に合わせて発表されるのではないか…。

複数の米メディア(The VergeやPCMagなど)の報道によると、Viv Labsは米Appleのパーソナルアシスタント「Siri」の開発メンバーらが立ち上げたとしている。Siriは2010年にAppleが約2億ドルで買収した。一方、Vivは自然言語の音声認識をベースにしており、過去4年間かけて開発した。デモでは「今日の天気は?」という単純な質問から、「ゴールデンゲートブリッジのあたりは明後日の午後5時以降、70度(華氏)より暖かくなる?」といった複雑な質問を投げかけ、Vivに答えさせた。

しかし、単純に考えれば、「Siri」に肉付けしただけではないか…。所詮は二番手技術である。「Siri」が先行しているわけで、Vivはオープンなプラットフォームであることが特徴で、内容を理解してWeb上の情報を返すだけでなく、サードパーティーのサービスとも連携するとはいえ、基本は似たようなものだろう。例えば、「アダムに夕べの飲み物代の20ドルを払って」と命じると決済サービスを開いてすぐに送金できるようにしたと伝えているが、決済サービスがそんなに簡単では困る。

基本が「Siri」だとすれば、余計な肉付けは、余計なサービスにつながるともいえるが…。
やはりシンプルが一番ではないだろうか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月09日 11:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp