韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  冷え込む景気心理、不確実性が高まる韓国経済

冷え込む景気心理、不確実性が高まる韓国経済

韓国では生産、消費、投資がいずれも不振となる中、景気回復心理が持ち直さず、韓国経済の不確実性が徐々に高まっている。

韓国企画財政部(省に相当)は8日発表した「最近の経済動向11月号」で、「消費と投資など内需が調整を受けており、生産も不振だ」と診断した。まず消費は9月以降、回復を阻害する要素が多かった。企画財政部は、ギャラクシーノート7が販売中止となった影響が大きかったほか、暦の関係で早まった秋夕(中秋節)連休、農産物価格の上昇も消費の伸びを阻んだと分析している。さらに、夏にはエアコン購入など猛暑対策需要が旺盛だったが、秋以降は需要が途絶えた。こうした要因が複合的に作用し、9月の小売売上高は前月を4.5%下回った。

9月の設備投資も前月を2.1%下回った。大企業が半導体設備を大量導入した8月の流れを引き継ぐことはできなかった。上半期に増えた建設投資も過負荷がかかり、9月には8月に比べ4.7%減少した。輸出は9月に続き、10月も前年同月比で減少が続いた。住宅価格と賃貸物件の保証金相場が上場しており、庶民の生活苦も深刻化している。

企画財政部のチュ・ファンウク経済分析課長は「米国大統領選、英国のEU離脱など外部の不透明要因も多く、家計と企業が明るい景気見通しを抱けず、不確実性が高まっている」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/09/2016110900536.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
産経ニュースは、朴大統領は2日、内閣改造を行い、金秉準(キム・ビョンジュン)首相らを指名し、事実上内政から引こうとしている。ただし、この人事も、与野党側に一切連絡がなかったため、与党内にも不満が出ている。一連の出来事は、輸出・投資・消費など主要経済指標が芳しくない韓国経済にとって、かなり厳しい事態となっていると伝えている。 もともと韓国経済には「サンドイッチ現象」が生じていた。「価格では中国に勝てず、技術では日本に勝てない」。価格で中国に攻められ、技術で日本から攻められるサンドイッチというわけだ。

アベノミクスで韓国経済の優位は失われた。中国経済低迷で、中国への貿易依存度の高い韓国経済は四苦八苦だ。 そこにきて今回の不祥事である。政治的な不安定さが続くことが確実になっており、消費心理も悪化する一方だ。さらに、今回の問題で来年度予算の国会審議がかなり危うくなる。韓国国会では、4月に行われた総選挙で与党が第2党に転落し、少数与党である。来年度予算がうまく通らないと、韓国政府の政策対応力が大きく失われることになりかねない。今回の問題がなくても、不調だった韓国経済には、さらに大きなダメージになる。

韓国は実体経済が不調になれば、通貨危機に陥っても不思議ではない。韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が1日に長嶺安政駐韓日本大使と会い、経済協力などを話し合ったのも偶然ではないという。韓国経済は土壇場という事だ。普通で考えれば韓国経済の周期性はほぼ10年だ。しかし今までは技術限界点による経済低迷ではない。あくまで為替上の問題が大きい。しかし今回は為替云々ではなく、技術限界による低迷が大きい。むしろ中小企業のほうが日本などから教育指導されたり、事業提携やらで生き延びている側面もある。40%がゾンビ企業というが、逆に合弁会社は元気が良いのではないか~。

中小企業雇用率が88%であると考えれば、企業が倒産していれば、失業率云々という状態ではないだろう。生活が失われ家計負債はとっくに崩壊している。ところが一般生活は何とか維持できているという事は、倒産の嵐ではない。もちろん40%のゾンビ企業を政府が後押ししている実態はあるだろう。言い換えれば後押ししなければ、大混乱となるともいえるが、詳細な状況はよくわからない。 中国ほど副業で生活している国ではないので、まして副業が給料を超えるなどという事もない。むしろ貯蓄現金が少なく、株に投資している自国民が多い。逆に中国は現金貯蓄のほうが多い。

大手企業の経済周期が限界点であるという事を認識していないのが韓国政府であるから困る。
限界点は二番手技術では乗り切れない。同じ産業にしがみついてきたともいえる。日本は付加価値のある産業へ次々と移行しつつ投資しているわけで、それでも日本経済とて厳しい状態と化している。とはいえ強い日本企業が韓国産業を食っているわけで、サムスンと現代自だけのニュースしかない韓国で、この二社が低迷すれば財閥企業は苦しくなる。

幸い中小企業が倒産していないのならば、純粋に自国企業として優先的に改革を進めれば、自国民の生活は確保されるが…。税収はあるのだから、地方財政を考慮し予算を立てることである。 一方、財閥企業は外資系企業であるから、政府ができるのは金融政策でしかない。アメリカの利上げに備えることである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月09日 11:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
なんだかなー
農産物が値上がり・・・食い物を我慢している世の中で、
消費経済がスマホの買い替え(ギャラクシーノート7)に
期待するという異常さ。

韓国で、全階層に向けて書ける記事はこういう話か。
[ 2016/11/09 14:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp