韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済に荒波を予告するトランプ氏の当選

韓国経済に荒波を予告するトランプ氏の当選

トランプ氏が米大統領に当選すれば韓国経済は大きな荒波を迎える。
トランプ氏は選挙期間、韓米自由貿易協定(FTA)を「破棄された約束」「雇用キラー」と批判し、全面改正を強く主張してきた。昨年の韓国の対米貿易黒字は258億ドル(約29兆ウォン、約2兆6000億円)。韓米FTA締結後に大きく膨らんだ。韓米FTAにメスが入れば、米国は自国産業に対する全面的な保護装置を持ち出すだろう。韓国の輸出は直接的な打撃が避けられない。

もう一つの悪材料は米中間の貿易戦争からくる。トランプ氏は中国を米国の雇用を奪う主犯と認識している。トランプ氏は中国に対する為替操作国指定と45%の高率関税を公約した。中国の対米輸出は焦土化する。大和証券は78%減少を予想した。中国も黙ってはいないはずだ。米国産製品に高率の報復関税をかけるだろう。中国経済はハードランディングを覚悟しなければいけない。韓国経済はクジラの争いに挟まれたエビの状況だ。中国を経て米国に輸出する中間財の輸出は大きな打撃を受ける。中国経済の冷え込みは韓国の最大輸出市場の縮小を意味する。

トランプ氏は北米自由貿易協定(NAFTA)を再協議し、環太平洋経済連携協定(TPP)を破棄すると公言してきた。トランプ氏が起こす保護貿易の波は世界各国に連鎖反応を起こし、グローバル貿易を冷え込ませると予想される。輸出への依存度が絶対的な韓国経済は致命的な状況を迎えるということだ。


スポンサードリンク


グローバル金融市場の舵を握る米国の通貨政策は軌道の修正が予想される。トランプ氏は「私は低金利を好む」と話してきた。しかし共和党の主流には長期間の超低金利が市場にバブルを招くというタカ派的な見方が多い。ハト派のイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は交代が確実視される。トランプ氏は「大統領になればイエレン議長を任期満了後に再指名しない」と話していた。イエレン議長の任期は来年1月に終わる。この場合、金利をゆっくりと上げながら景気回復を後押しするというFRBの従来の通貨政策構想に支障が生じる。金利はより速いペースで引き上げられる可能性が高まる。

トランプ氏の対内経済政策は減税と規制撤廃に集約される。減税幅は大きい。ロナルド・レーガン時代以降の最大規模と主張するほどだ。最上位層の所得税率を現行の39.6%から33%に引き下げる一方、法人税の最高税率を33%から15%に大幅に引き下げる内容だ。またトランプ氏は「生涯税金を出した勤労者に死後にも税金を払わせるわけにはいかない」と相続税の廃止も約束した。 ウォール街の規制は大幅に解除される。トランプ氏はウォール街を締めつけているドッドフランク法は廃止または全面修正すると明らかにした。この法が金融産業を無気力にし、米国経済回復の足かせになっているというのがトランプ氏の認識だ。
http://japanese.joins.com/article/463/222463.html?servcode=A00§code=A20

【管理人コメント】
韓国は朴槿恵をどうするかを最優先に考えることである。
トランプ氏云々よりは、まずそちらだろう~。

アメリカが自国中心になるのは、どちらが大統領になっても同じだろうと思うが…。戦後最悪の大統領オバマといわれてきたわけで、無党派は実際に本音で動くであろうトランプ氏に希望を託したという事だ。選挙戦でのパフォーマンスを差し引いたとしても日本にとって良いかどうかの判断は、トランプ氏情報がないので解らない。実際に大統領になってから見てゆくしかないが、利上げは即実施するだろう。金についてはしぶといくらい欲深いし、自国の損失かどうかの見極めは、今までの大統領よりも厳しいわけで、とはいえ日本は在日米軍においては、どの国よりも高い金額を支払っている。というかアメリカ離脱が早まる可能性が出てきたわけで、自民党からすれば予定が早まったという事だ。集団的自衛権行使に向けた動きが加速するだろう。と同時に日本同盟国を形成すれば、また莫大な軍事力を確保することになるが…。。。

いずれにしても冷静に見てゆくしかない。
トランプ氏が凶となるのか吉となるのかは、日本の外交次第という事だろうか…~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月09日 18:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
トランプ大統領おめでとう
トランプになってよかったと思っています。
まず、日本から在日米軍が撤退される可能性がありますからね。純粋原爆はロシアと択捉島で共同開発すればよい。ああ、核燃料再処理も択捉でやればよい。
日系企業の影響?車は日系とアメ車では数年技術力に差がありますからね。保護主義とっても困るのはアメリカ人。コマツ筆頭に工作機器、産業ロボット。これも日系とアメリカとの技術力の差は数年ある。まあ、高付加価値は日本製で一般用途はアメリカ製で良いんじゃないの?精密機器はCPUはアメリカにくれてやれ。日本はMRAM、SRAM、FPGA、NANDフラッシュ、センサー技術、固体蓄電池と先端分野をつき進めば良い。あと10年たてば、既存のパソコンは消える(つまり、米国、韓国の精密機器は終わる)。
で、トランプはん対策は、トランプの娘に接待をたくさんし、駐日米国大使になってもらって穏便に済ませば良い。女性は日本を一番好きになる。そうなればトランプも日本を好きになる。
日本万歳!
[ 2016/11/09 19:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp