韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  トランプ氏当選 THAAD韓国配備・拡大抑止政策に変化も

トランプ氏当選 THAAD韓国配備・拡大抑止政策に変化も

米大統領選で共和党候補のドナルド・トランプ氏が当選したことで、朝鮮半島における米国の軍事政策に大きな変化が予想される。とりわけ、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備や韓国に対する拡大抑止政策などに変動が起きる可能性に注目が集まっている。

トランプ氏はこれまで、韓国など同盟国に米軍駐留経費の費用負担増を強く求め、在韓米軍の撤退をほのめかす発言もしてきただけに、韓米の軍事関係は変化しそうだ。軍事専門家である韓国・国民大政治大学院のパク・フィラク教授は9日、トランプ政権は対外政策全般を見直すはずだとし、「韓米同盟が弱体化する恐れもある」と懸念を示した。 北朝鮮の核・ミサイル能力が向上し続けるなか、最も重要視される米国の拡大抑止の「実行力」にどのような変化が訪れるかも関心の的だ。

米国は、朝鮮半島有事の際に「核の傘」や従来型戦力、ミサイル防衛(MD)システムなどを中核とする拡大抑止を韓国に提供すると公約している。だが、有事の際にこうした公約を行動に移す実行力に対する懐疑心は韓国に根強い。 韓国は戦略爆撃機B1Bやイージス駆逐艦、原子力潜水艦などの米戦略兵器を朝鮮半島に常時配備するといった、実行力を保証する措置を求めているが、米国は首を縦に振らない。

米国の国益優先の姿勢をアピールし、現在の同盟の枠組みを根本的に変えると公言してきたトランプ氏が次期大統領に当選したことで、戦略兵器の常時配備などは一段と現実味が薄れたと専門家らは指摘する。


スポンサードリンク


米国の拡大抑止の実行力が弱まるほど、韓国国内で独自の核武装を求める声が強まっていくことも考えられる。トランプ氏は3月に行った米紙ニューヨーク・タイムズとのインタビューで、大統領就任時の外交政策方向を説明しながら、韓国と日本の核保有を容認する姿勢を示した。 だがパク教授は、トランプ氏であっても「世界的な核不拡散体制に逆らうことはできないだろう」と指摘する。韓国で核武装論が強まれば、トランプ氏が「朝鮮半島非核化」という米国の立場を掲げて反対を表明する可能性があるということだ。

米国が来年上半期を目指すTHAADの韓国配備も、予定通り進まない恐れもある。韓米間の合意を白紙化することはないとみられるものの、配備が遅れたり、米国が韓国に配備の費用分担を新たに要求したりすることは考えられる。一部の専門家は、韓国国内でTHAAD配備反対世論が再び強まれば、「ストレートな性格」のトランプ氏が「なぜ韓国が反対することをやる必要があるのか」との論理で再検討に乗り出す可能性もあると指摘している。 韓国国防研究院(KIDA)のある専門家は「トランプ政権は朝鮮半島の軍事政策も徹底して米国の国益に合致するかどうかを計算し、新たに樹立する可能性が高い」と分析している。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/09/2016110902683.html

【管理人コメント】
トランプ氏の外交姿勢は、北朝鮮に出向き話をするとしたはずで、事実ならば興味深い。彼なら北朝鮮に乗り込んで金正恩jと話をするかもしれない。アメリカは北朝鮮を攻撃しないとすれば、北朝鮮は核の撤廃を実施するだろうか…。 興味深いが…。当然在韓米軍は撤退となる。ついでに中国外交で、日本の尖閣を含めた領土に侵入しないと約束する代わりに、米中経済において、互いに譲り合いがあれば、トランプ外交はもてはやされるだろう~。

アジア外交はアメリカが低姿勢で外交できれば、解決できる問題は多々あるのは事実。オバマを含めた駄目連中で余計に悪化したのも事実。トランプ氏の外交力を見てみたい気もするが…。何事も金次第で動くトランプ氏の戦略は金次第政略と考えたほうが解りやすい。中国に似ている気もしないでもないが…。。。

そういう外交を実施しておいて、THAAD防衛で韓国にTHAADを売りつけるのではないか~。世の中何があるかわからない。自国防衛は重要だと売り込むだろう。これは日本にも言える事だが…。平和外交とともに”危機管理のための防衛策はとれ”という事だ…。なんていう行動展開となりそうだが…。 ただいずれにしてもTPP問題もあるわけで、アメリカで得た利益に付け込んでくる可能性も当然あるだろうから、今後の日本経済にとっては厄介となる。日米経済外交は忙しくなるだろう。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月09日 19:15 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(4)
だから
超単純。トランプ家族をおもてなしすれば良い。トランプ娘を在日米国大使にすればうまく行く。接待浸け。結局政治はほれてもらうこと。超単純。リーダー対リーダーだから。ただし、経済はそうはいかない。技術力勝負。
韓国なんてどうでもよい。これからはこのサイトも日米経済にしてはいかがかな?
[ 2016/11/09 20:17 ] [ 編集 ]
トランプ vs 軍需産業
未知数なのはトランプ氏と軍需産業の関係。
兵器輸出が減れば、米国の貿易赤字は増大する。
カムバック・アメリカは軍事よりも産業回帰だろう。
トランプ氏が貿易赤字をどうみるか。
[ 2016/11/09 22:53 ] [ 編集 ]
米国民の表決は出ました、、日本は、なるようになるさ
全くNHKの手のひら返しの解説にも困ったものだ、池上氏、木村氏、だから私はトランプが勝つといったじゃないって、違うでしょ、大量票の州が決まりだしたら言い出した、後だしではないか、
ま、それくらい番くるわせであった、夫婦で欲かいたクリントン家、何もしない黒人民主党大統領にあきあきしていたということ、8年何もしないで我慢してカネ使わないでいたら少しは経済よくなるでしょうに、反面、諸外国ではテロが増殖して、もはや手がつけられない状態、

さて、暴言王、トランプ新大統領、国務長官、報道官は大変だね、フイリピンを見れば、外務大臣が後から常に大統領の談話訂正に走る、小国なら言葉も影響はないが、何せ、超大国だけに軽口は命取り
2年やれば結果は出る、何の政治経験も無い、米国民も逆の発想で新鮮だとか,実業家だから労働者の気持ちが解かるとか、米国第一はいいけれど、超大国が保護主義に走ればどうなるか、又同盟国を軽視すれば、どうなるか、韓国ばかりか日本も何を強要されるか、どこまで我慢できるか、不安が先に来る
欧州諸国も同じ不安でしょう、

 新(ニュー)と言う言葉って普通、期待を持つものじゃない、しかし、不安が先に思い浮かぶ政治家も困りもの、それだけ異色ということかね、
[ 2016/11/10 02:26 ] [ 編集 ]
習近平が「核心」となって権力を集中させている。こいつに対抗するには強力なリーダーシップを持った米大統領が必要。その意味では、ヒラリーでは役不足だろうから、ある意味ではトランプで良かったのかも(ヒラリーよりマシってレベルだが)。
もちろん、韓国は今まで以上に板挟みに苦しむことになるだろう。
[ 2016/11/10 05:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp