韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  崩壊する韓国製造業…青年はバイト探しも厳しい

崩壊する韓国製造業…青年はバイト探しも厳しい

蔚山(ウルサン)の大手造船会社に勤め先日退職したイさん。さまざまな雇用支援センターを直接訪ね歩いた末にようやくマンション警備員の職を紹介された。しかし数カ月もたたずに彼は管理事務所から「別の人を採用する」という通知を受けた。生まれて初めてやる警備員の仕事に不慣れだったイさんを管理事務所はかばわなかった。

蔚山市が運営する支援センターで雇用開発を担当するキム・グァンヒョンさんは「最近電話・面接相談件数が以前より増えた。求人に乗り出す企業が多くない上にほとんどが経験者で若く健康な人を中心に選ぶため求職希望者が満足するほどの仕事をマッチングするのは容易でない」と伝えた。

製造業の雇用が失われ10月の失業率は11年ぶりの高水準に上がった。統計庁が9日に集計した10月の失業率は1年前より0.3ポイント上昇の3.4%となった。10月の失業率としては2005年の3.6%以降で最高だ。特に造船業構造調整の最中である蔚山地域の失業率は3.6%で、1年で1.4ポイント上昇した。全国の市・道の中で最大幅の上昇だ。

統計庁のシム・ウォンボ雇用統計課長は「就業者増加幅は大きく改善されなかったが輸出不振などにより製造業の就業者減少幅が大きくなったことが影響を与えた」と話した。10月の就業者数は前年同月比27万8000人増えた。8月に30万人台だった就業者数増加幅は9月から2カ月連続で20万人台にとどまっている。製造業の就業者数は1年間に11万5000人(2.5%)減った。消えた製造業の雇用は卸小売・宿泊・飲食店業(11万1000人増加)などが埋め合わせた。


スポンサードリンク


良いシグナルではない。崇実(スンシル)大学経済学科のイ・ユンジェ教授は「変化した内外の産業構造、景気環境で製造業の雇用は減少し続けるだろう。ところが最近増加しているサービス業種の雇用は製造業と違い非正規職の割合が高く給与水準も高くない」と指摘する。

青年失業問題はさらに深刻だ。15~29歳の失業率は8.5%で昨年と比べ1.1ポイント上昇した。通貨危機が襲った1999年の8.6%以降で最も悪い数値だ。イさんのような既存の就業者が「製造業→非正規サービス業→失職」の順序を踏んでいるなら、青年層は最初から雇用市場自体に進入できない「長期失業」に陥っている。
http://japanese.joins.com/article/477/222477.html?servcode=300§code=300

【管理人コメント】
韓国の雇用統計は3倍違うわけで、中央日報自身が報じていたのではなかったか…。単純に3倍すると10%規模となる。とにもかくにも肝心な小規模企業から零細企業がカウントできていないわけで、320万社のうち40%がゾンビ企業とすれば、恐ろしい数となる。 韓国での失業率が3%台という事自他が嘘であるから困る。日本で仕事が見つからなかった2000年あたりで瞬間的には失業率10%を楽に超えていた。であるから高齢者は中国工場へ就職する事例が多かったわけである。

今の韓国では失業率は20%を超えているだろうと言われている。ところがこの数値自体は横ばい推移である。従って中小企業の雇用維持は頑張っているという事である。大手企業が倒産すれば、手の施しようが無いが、低迷程度ならば持ちこたえるだけの体力はある。それは日本が中小企業を支えているからである。ただ320万社あるわけで、同業者となる企業で零細企業ではない50人以上の社員を維持している企業でないと、傘下に収めることはない。従ってかなり限定的となるが、それでも合弁会社が営業所を作り、企業化するケースもあるわけで、詳細な数はわからないが、単位は万単位となるのではないだろうか…。

実質日本の企業統治下が韓国である。それに気が付かないのが韓国政府という事だ。
であるから、言い換えれば、時間をかければまだ自国内で仕事が見つかるレベルという事である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月10日 19:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
スマホの上期シェアー
今年度上期のスマホのシェアーはアップル、ソニー、シャープ、富士通、サムスン、京セラの順。ちなみに、サムスン、京セラはほとんど同じ。あれだけ、VRなんかおまけにつけ、CMばんばんやったわりにはたしたことなかったね。ノーCMの富士通に負けるとは。。。
[ 2016/11/10 20:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp