韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ氏といち早く電話会談した朴大統領 強固な同盟確認??

トランプ氏といち早く電話会談した朴大統領 強固な同盟確認??

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が日本時間の10日午前、米国の次期大統領に決まったドナルド・トランプ氏といち早く電話会談を行い、強固な韓米同盟と米国の防衛公約をあらためて確認したことで、韓米同盟に対する懸念が払しょくされたとの評価が出ている。

トランプ氏は選挙期間中、韓国の安全保障「ただ乗り論」を主張し、在韓米軍駐留経費の費用負担増を求め、さらには両国同盟の根幹となる在韓米軍の撤退をほのめかす発言もしてきただけに、大統領就任後の安保への影響を懸念する声が強かった。

しかし、トランプ氏は電話で「米国は韓国防衛のため堅固で強力な防衛態勢を維持する」と述べた。韓米同盟を強化し、発展させていこうという朴大統領の呼び掛けにも「100パーセント同意する」と応じた。

だがトランプ氏はまだ就任前であり、朴大統領との電話もあいさつの意味合いが大きかったため、トランプ氏が朝鮮半島政策を具体的にどう進めるのかについてはさらに見守る必要がある。


スポンサードリンク


また、トランプ氏は「米国第一主義」を掲げ、経済面でも韓米自由貿易協定(FTA)をはじめとする両国の通商関係に不満を表明しており、こうした立場を就任後も貫く可能性はある。そのため、朴大統領は韓国政府の外交ルートを活用し、トランプ政権の外交政策に韓国の立場を反映させるための努力を傾けるとみられる。

一方、朴大統領とトランプ氏の電話会談は米大統領選の翌日と、過去の例に比べて異例の早さだった。オバマ大統領が最初に当選した2008年には、選挙の2日後に当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領と電話した。 日本の安倍晋三首相とトランプ氏が電話会談し、17日に米国で会談することで合意したという10日朝の報道を受け、一部では米国の主要同盟国である韓日の首脳とトランプ氏の電話会談日時が大きく違えば、何らかの憶測が出かねないと懸念する声もあった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/10/2016111002510.html

【管理人コメント】
トランプ次期大統領へのあいさつ程度の電話で、そんな韓米同盟の詳細を話せるはずが無かろう~。。。
朝鮮日報もぼけた記事を掲載する。しかも朴槿恵大統領は外交において今権限も何もない状態だ。そんな朴槿恵が電話であいさつしたところで、韓米同盟の話ができるわけもない。安倍総理でさえ電話連絡を通じて、外交で次期大統領との会談調整に入ったと報じているのに、そんな簡単に記事掲載すること自体が論外だろう。

はっきり言えばアホである。日本はアポを取っている最中だが…苦笑
よくぬけぬけと日本語版で掲載できると感心するが…。
朴槿恵も異常だが、朝鮮日報のレベルも異常値である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月10日 19:13 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(4)
本当かな?
電話のあいては秘書や関係者だったりして。。。
[ 2016/11/10 19:43 ] [ 編集 ]
対韓ビジネス
トランプ新大統領の韓国ビジネスは2つあって、
(1)兵器を買わせる、駐留費を払わせる。
(2)対韓貿易赤字解消。なるべく買わない。
貿易赤字は頭にきているはず。

すぐにペンタゴンから状況聴取を始めるでしょう。
とりあえずは同盟堅持といっておくが、
米軍撤退は検討案件じゃないですか。
米軍は対韓、対日、対中、対北すべてに使える、
ワイルドカードのはず。
[ 2016/11/11 00:34 ] [ 編集 ]
トランプ氏 韓米破棄、すべての韓国産に高関税、在韓米軍撤退
トランプ氏 韓米破棄、すべての韓国産に高関税、在韓米軍撤退

 韓国の鉄鋼輸出量3000万トンのうち対米輸出量は13%
 現代車・起亜車が昨年、米国市場に輸出した量は全体の44%、63%
 サムスン電子とLGエレクトロニクスは昨年、北米市場での売上高がそれぞれ42兆5042億ウォン(約3兆8800億円)16兆3963億ウォンだった。
[ 2016/11/11 07:37 ] [ 編集 ]
お姫様外交
お姫様は巫女の指南役がいなくなりどうしてよいのか分からなくなっている。残り任期中に何が有効な対米政策か考えることより、大統領の椅子にしがみつくべく国民受けのよい政策をしてもおかしくない。場合によれば、THAAD撤回、北京詣でして反日を叫び出すことも十分あり得る。

トランプという人物は実務的な考えの持ち主のようだ。政策能力のない人物をホワイトハウスに呼ぶほど暇とは思えない。ということは、お姫様が訪米しても何もできないままに終わり、残り1年を無為に過ごす公算が大きい。
[ 2016/11/11 11:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp