韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  最終形態!?「爆逝」 日本の終末医療に向かうマネー 本国にない「緩和ケア」求め

最終形態!?「爆逝」 日本の終末医療に向かうマネー 本国にない「緩和ケア」求め

「明日は10時から主治医との面談です。今後の治療方針について希望があればその時に伝えましょう」
がん医療では日本でも最先端の1つとされる都内の総合病院のカフェテリアで、そんな中国語が耳に入った。声の主は、入館証を首から下げたスーツ姿の若い女性で、テーブルを挟んで病衣姿の初老の男性とその妻とおぼしき女性が対峙する。スーツ姿の女性は「ご用があればいつでも携帯電話にお電話ください」と言い残してその場を後にした。

「おそらく中国人の入院患者さんと、医療通訳の方でしょう。うちの病院は約500床ですが、私が知るだけでも20人くらいの中国人患者さんが入院しています」 そう話すのは、この病院の腫瘍内科に所属する女性看護師だ。

安倍政権も医療ツーリズムを成長戦略の1つとして位置づけるなか、概算では年間5万~6万人の外国人が、医療サービスを受けることを目的に訪日しているとされている。命にかかわることとあって、その需要には為替の変動などは関係ないようだ。メーンは日本での人間ドックをはじめとする予防医療ツアーだ。しかし、中国の富裕層には、治療のために日本に長期滞在する動きも出始めている。

「中国の医者からさじを投げられ、いちるの望みをかけて日本にやって来るがん患者さんが増えているようです。ただ、日本でも手の施しようのない状態であることも多いのですが」(女性看護師)


スポンサードリンク


しかし、それでもなお、日本に留まる中国人患者もいるという。中国人向けの医療通訳派遣業を営むN氏は話す。
「日本の緩和医療を気に入り、そのまま日本で息を引き取ることを選ぶ末期患者さんもいます。私がお世話した患者さんにも、自らの選択で日本で最期を迎えた方が4人いた」

なぜ彼らは、異国の地で息を引き取ることを選ぶのだろうか。
「中国では、末期がん患者に対しては延命治療かモルヒネ大量投与かの二者択一を迫るような医師がほとんどで、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)という概念がない。ホスピスのような施設もほとんどなく、あっても大富豪専用。保険がない日本で自費診療を受けた方が、安上がりだったりするわけです」(N氏) 今後、日本で最期を迎えることを選ぶ中国人が大挙するようになった場合、そのムーブメントは「爆逝」とでも呼ぶべきだろうか。それこそ爆買いの最終形態である。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161113/frn1611131000001-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
爆買から日本の医療検診へと変わりつつある中で、中国人の健康は複雑だ。環境汚染に体前汚染され、寿命が短いわけで、中国メディア・今日頭条は、日本の長寿の秘訣を「少量かつ品目の多い食事」もその理由と報じている。主食、主菜、副菜、デザートと、魚、肉、野菜、豆類、果物、穀類などさまざまな食材を使った食事を少量食べることによって、肥満や高血圧、高脂血症、心疾患、糖尿病などの発病率が低く抑えられているとした。また、油をあまり使わない調理法がメインとなっており、素材の味とともに栄養成分も最大限保たれていると説明している。

食生活の問題は国々特有ではある。しかし中国人の健康を阻害する飲料水や土壌汚染に大気汚染は確実に都市部を中心に、自国民の体を蝕んでいる。まして病院の診察すらまともにできないほど、基本的に病院も医師も不足している、日本で診察したほうが良いというわけだ。そして記事内容の「爆逝」ブームと重なれば、日本人の診察への影響も懸念する必要があるのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月13日 19:18 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
誰も伝えない中国の現実
誰も伝えませんが、実は中国は破滅しています。えっつ?うそつけっていうかもしれませんが、内実はこういうことです。
中国の内陸の農民は浮浪者なんです。どこもいくところが無い。内陸の都市を強制的に行ったり来たりさせられています。湾岸の大都市には受け入れてもらえず、内陸の都市を行ったり来たり。中国は湾岸の都市だけ生き延びているだけなんです。しかし、上海?広州?深圳?これらも不動産でもっています。日本企業が引き上げたら???終わりです。
[ 2016/11/13 20:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp