韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ギャラクシーS7、購買価格下落…サムスン、スマートフォンマーケティング攻勢

ギャラクシーS7、購買価格下落…サムスン、スマートフォンマーケティング攻勢

ギャラクシーノート7の生産を打ち切ったサムスン電子が、ギャラクシーS7エッジの新色モデルを発表するなど、スマートフォン市場の防衛に積極的に乗り出した。 13日、携帯電話売場を見回したところ、出庫価格が83万6000ウォン(約7万7千円)のギャラクシーS7は、分割払元金(消費者の実購買価格)基準で40万ウォン台で販売されていた。ギャラクシーS7はこれまで公示支援金を目一杯受けても50万ウォン以上でなければ買えなかった。

ある携帯電話売場の職員は「週末、突然ギャラクシーS7の支援金が8~9万ウォン上がった」と話した。別の売場職員は、公示支援金の他に10万ウォンを追加で割引く提案した。携帯電話オンラインコミュニティには、売場によっては分割払元金が10万ウォン余り下落したという書き込みも載せられた。

サムスン電子はギャラクシーノート7の生産打ち切りにともなう販売空白を埋めるため、ギャラクシーノート7の人気カラーだったブルーコーラルを適用したギャラクシーS7エッジ・ブルーコーラルを11日に発売した。サムスン電子は、「ギャラクシーS7エッジ・ブルーコーラル」と、スマートウォッチ「ギアS3」の発売を記念して、ソウル永登浦(ヨンドンポ)のタイムスクエアなど15カ所で今月末まで大規模体験行事を実施する。業界では、販売店のギャラクシーS7価格下落も販売量防衛戦略の影響と見ている。アイフォン7が韓国で発売された先月21日以後、ギャラクシーノート7の交換物量のうちアイフォン7とアイフォン7プラスが50%を超えたという調査結果も出てきた。市場調査機関ストラテジーアナリティックスは、第3四半期に北米市場では出荷量基準でアップル(33.1%)がサムスン電子(24.4%)を抜き去り、1分期ぶりに再逆転したと最近明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25646.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
今年は米Apple社の出荷数も遂に前年比減少に転じ、Apple不調の影響を受ける企業も続出し、多くの電子部品メーカーにとって厳しい年になった。2016年は薄型化が1つのトレンドになり、薄型化に貢献する技術と材料に注目やニーズが集まった。薄型化と堅牢性を両立させる筐体材料、筐体から出っ張るカメラの薄型化技術は日本が得意とする分野でもある。

そんな中で、スマートフォンは普及機に入り、従来のように作っただけ売れる環境ではなくなった。今後は買い替え需要に限られ、その中で奪い合いの激戦になる。ユーザー心理も、豪華で快適なマシンを優先するよりは、次のフェーズに入ると考える。ブランドの殻を取り払えば、どのスマホも互いに大差無い。あとは価格ということになる。これは、ブランド戦略で高価格を維持して製品を売るApple社にとって大きなリスク要因となる。超高級機から廉価機までラインアップの多いサムスンやLG、中国のHuawei社やLenovo社など、製品の中に廉価機を持つ企業に有利な状況となる。

がしかし、サムスンのスマホ破裂で薄型はバッテリー設計にも危険度が増し、今後の様相は大きく変化する事になるだろう。利益を考慮すれば高性能スマホが売れることが一番である。アップルはサムスンスマホ破裂のサムスンから顧客を奪って有利な展開となったとはいえ、状況が変わるわけではない。今後は単に買い替えの中での争いであり、他企業のスマホ参入で、結果種類が豊富となり、特に低価格スマホと月額使用料金の低価格化により、日本では加速しつつある。一方でガラケーも見直されつつある。

サムスンはシェア確保で新興国で投げ売り実施状態であるから、利益よりは台数シェアとなる。現代自の自動車も同じである。従ってシェアを確保しつつ、戦略を練るという時間稼ぎの戦法しか取れないわけで、そのシェアを他の企業が少しづ食っている状態なわけで、技術横並びであれば、良い商品で安い企業が売れることになる。日本でさえアップルシェアは減少しつつある。高齢化によりガラケーがまた伸び始めているわけで、スマホの今後は厳しい状態となり、価格競争は激化するのだろう。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月14日 10:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp