韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本のメーカーがターボエンジン車を作り始めている・・・なぜ今まで作らなかった?

日本のメーカーがターボエンジン車を作り始めている・・・なぜ今まで作らなかった?

同じ排気量で、自然吸気に比べて高い馬力を出す自動車のターボエンジン。一時期、燃費悪化の要因として敬遠されていたが、「エンジンを1回り小さくしてターボを付け、従来と同等のパワーを出し、燃費も向上させる」というダウンサイジングの発想へと転換したことで、近ごろターボエンジンを積んだ登録車が、日本でも増えてきた。

中国メディアでは、これまで、「どうして日本ではターボエンジンを積まないのか」といった類の文章が数多く出回ってきたが、11日に蓋世汽車が掲載した記事のタイトルは、「どうして当時の日本メーカーはターボを愛さなかったのか」。現在形から過去形への変化が起きている。

記事は、少し前まで欧州の各メーカーが積極的にターボを取り入れる一方で、日本メーカーは動きを見せず、自然吸気に執心していた状況から、現在市場にターボ車が充満したのを見た日本メーカが、ようやく動きを見せ始めたと説明。日本メーカーによるターボ採用の動きは、90年代に一度起きており、今回は「再始動」という形になるほか、日本国内向けの軽自動車ではターボ車が製造され続けていたことを紹介した。

そのうえで、軽以外の自動車でターボエンジンを一度「放棄」した理由について、ホンダのある技術者の話を紹介している。欧州ではガソリンのオクタン価が95以上で、ターボ技術でネックとなるノッキングも問題をクリアできるのに対し、日本や米国、中国では91-92というオクタン価のガソリンが主流だったため、ターボ技術を取り入れると、ノッキング対策などを含めた生産コストが増加してしまう、というのがその理由だ。


スポンサードリンク


記事はまた、日本メーカーの主要市場は、まさに米国や中国などであると指摘。現地のガソリンを調べたうえで利益や信頼性、そして排気ガスの問題を鑑み、ターボではなく、自然吸気エンジンの開発に力を入れてきたのであると説明した。そして、現在日本メーカーがターボエンジンに回帰しつつある背景には、「ターボエンジン技術が、燃料の種類の問題を克服できるようになった」、「ターボエンジンがかえって、排気ガス抑制に有利であるとみなされるようになった」、「市場によるターボ普及の後押し」の3点があると解説。これまで中国市場でターボエンジン搭載に消極的だった日本メーカーだが、先陣を切って導入を発表したトヨタ、素早く追随したホンダのほか、日産やマツダといったメーカーもほどなくターボエンジンを中国に持ち込んでくるだろうとしている。

これまで、「どうして少ないのか」と言われ続けてきた日本のターボ車に対する、中国自動車市場の注目や関心は高い。若者をターゲットにしたクールなターボエンジン搭載車が、中国市場における日系メーカーの新たな成長を支える強力なエンジンになりそうだ。
http://news.searchina.net/id/1622927?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
エンジンのシリンダーに強制的に空気を送り込む機構のことで、そのエンジンの排気量以上のパワーを出すことが可能となる。以前まではスポーツカーに採用されるのが一般的だったため、どうしても加速重視で燃費は悪化するイメージを払拭でき無かった。その常識を覆したのが「ダウンサイジングターボ」ということになる。ダウンサイジングターボは「排気量を小さく、よりパワーのあるエンジン」というコンセプトであり、最近では小排気量の軽自動車やコンパクトカーでも当たり前のように採用されている。

車のエンジンはガソリンを燃焼させて出た排気ガスをマフラーから排出する。「ターボチャージャー」の場合は、この排気ガスを排出する前に「タービン(羽根)」に送り込む。この排気ガスを受けて「コンプレッサー(風車)」が回りだし、空気を圧縮してエンジンへ送ることが可能となる。「タービン」は1分間あたり20万回以上の超高速回転となり、エンジンへ送り込む空気の量を増やすことで大きな爆発が可能となり、排気量以上のパワーを出せる。

一方、空気は圧縮されると温度が上昇する。タービンによって圧縮された空気も高温になるため、「インタークーラー」という冷却装置で冷やす必要がある。圧縮された空気との熱交換によりインタークーラー自体も高温になるため冷却が必要になる。エンジンに圧縮した空気を強制的にエンジンに送り込むという目的はどちらも一緒だが、「スーパーチャージャー」の場合、エンジンの出力の一部を利用してコンプレッサーを回転させるため、アクセルを踏んだ瞬間から過給が始まるので「ターボチャージャー」のような「ターボラグ」は発生しない。スズキのエネチャージなどは、出だしの部分を電気モーターで補う方式である。個人的にはエネチャージのさらに強力モーター方式も検討願いたいと思うが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月14日 13:38 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
ターボはスバル
ターボ車人気は自動車税制と関係があります。
国内の自動車税は排気量区分があって、
660cc、1000cc、1500cc、2000cc、
今は、どの排気量でもターボ車がありますね。
ハイパワーで税金を安く、というむきに受ける。

日本でターボ車というと、まずスバルの 2リットルターボですが、
中国はモータースポーツが盛んではないから、スバルは中国では
熱心に売らなかったようです。この記事のライターはスバルを
知らないのでしょう。
[ 2016/11/14 15:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp