韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ政権の対北朝鮮政策は?米国の朝鮮半島専門家14人に聞く

トランプ政権の対北朝鮮政策は?米国の朝鮮半島専門家14人に聞く

米国内の朝鮮半島専門家らは「ドナルド・トランプ次期政権」が短期的には制裁強化など、対北朝鮮圧迫政策を続けるということにはほぼ一致した見解を示した。しかし、トランプ政権が安着した6カ月~1年後の対北朝鮮政策については、意見が分かれた。それだけ不確実性が高いということだ。

「ハンギョレ」がトランプ大統領当選後、米国内の専門家たちを対象に今月9日(現地時間)から13日までアンケート調査を実施した結果、6カ月~1年以内にトランプ政権が取る北朝鮮政策の短期的見通しを問う質問に、この項目の回答者12人のうち10人が「圧迫の強化」を挙げた。興味深いのは対北朝鮮強硬派も実用派も同じ見解を示したとことだ。

「圧迫の強化」という見通しと関連し、対北朝鮮関与(コミットメント)派として知られるシラキュース大学のフレデリック・カリエール教授は「ジョン・ボルトン氏(ブッシュ政権時代の国連大使)、ギングリッチ氏(元下院議長)のような人たちが他にトランプに助言することがあるだろうか」と説明した。トランプの側近たちが対北朝鮮強硬派であるため、任期序盤に他の政策を取るのは難しいという意味だ。

ジョンズ・ホプキンス大学国際関係大学院傘下にある韓米研究所のク・ジェフェ所長は「新政権は、力と何をしているのかを示さなければならない」と話した。匿名を希望した別の専門家は「トランプ政権がしばらく維持する可能性がある最も簡単な選択」だと指摘した。


スポンサードリンク


新政権が6カ月~1年後に選択する「中期的対北朝鮮政策」については強硬派や実用派の中でも意見が分かれるほど様々な見解が示された。回答者12人のうち最も多い5人が、トランプ政権が中長期的には北朝鮮との交渉に着手すると見通した。バラク・オバマ政府の「戦略的忍耐」を継承するだろうと予想した人も3人いた。(北朝鮮の)政権交代の推進、軍事的オプションなどと回答した人も1人ずついた。

交渉に着手するだろうと予測した進歩志向のシンクタンクの専門家は、「トランプ当選者が米国の国益により有利だと判断した場合や、現状維持や緊張の高まりによる費用が高すぎると判断すれば、交渉を開始する可能性もある」と明らかにした。反面、進歩志向のジョーン・ペッパー米国外交政策フォーカス所長は「制裁は作動しておらず、誰も軍事的処置を望んでいない。また、トランプ氏は北朝鮮と交渉できる忍耐心を持ち合わせていない」としたうえで、「結局、現状維持アプローチだけが残ることになるだろう」と見通した。
(略)
http://japan.hani.co.kr/arti/international/25660.html

【管理人コメント】
トランプ次期大統領は、自分で外交をするとしたわけで、単なるパフォーマンスで終わるならば、オバマ以下の大統領となる。しかし彼はロシアのプーチンも期待を寄せつつあるようだし、金正恩と会って話をするという事自体がアメリカ防衛とアジアの安全につながるわけで、在韓米軍撤退にもつながるだろう。利益あるアメリカにしたいならば、重要な行動となる。金正恩と会談し、アメリカは北朝鮮を攻撃しないという安全保障条約を凍結することである。さらにロシアのプーチンとも会談し、ロシア側と意見交換してみるくらいの努力がほしい。常に間で日本政府が調整しているようでは困りごとである。

同時に今後は、アメリカ傘下の日本ではなくなるわけで、アメリカ対等の日本である。日米露により世界秩序を安定化させるべく、中国の野望を封じ込めるくらいの努力がほしいのだが…。

オバマ政権時にアメリカ孤立が懸念されたわけで、アメリカが様々なことに譲歩しつつ、外交を実施できれば、強いては自国利益へとつながる可能性もあるわけで、世界を先導するアメリカというプライドを一度捨てる努力をすることである。アメリカが変わらないとアジア情勢も変化はないし、中国という大国が世界に繰り出し、よからぬことを考えるわけで、世界連合という意味でしっかり同盟国の重要さと連携を再構築することである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月15日 10:10 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp