韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、韓国史上最大の企業買収で電装事業に本格進出

サムスン電子、韓国史上最大の企業買収で電装事業に本格進出

サムスン電子が歴代最大規模の企業買収で自動車用電子装備事業に本格的に参入した。スマートフォン事業以後、バイオ以外に明確な成長動力が見当たらず、情報技術(IT)と自動車を結合する電装事業に社運を賭ける大きなベッティングをした。

サムスン電子は14日、理事会でコネクテッドカー(ネットに接続する自動車)とオーディオが専門の企業である米ハーマン(Harman)を買収することを議決したと明らかにした。買収価格は1株当り112ドル、総額80億ドル(約8600億円)だ。韓国企業による外国企業の吸収・合併としては史上最大の金額だ。

電装事業は自動車産業の未来と呼ばれる。電装は自動車に登載されるすべての電気電子装備を指し、自動運転車や電気自動車の核心部品だ。米国のGM、日本のトヨタ、ドイツのBMWなど完成車メーカーは、先端技術でブランドを差別化するために電装事業に集中投資しており、アップルとグーグルのみならず韓国のLG電子もこの事業を注視している。電装事業が指向するコネクテッドカーは、無線通信を媒介にナビゲーション、遠隔制御、エンターテインメント、自動運転などの技術の実現を通じて、自動車を運送手段兼先端情報通信機器に変貌させるものだ。

サムスン電子は、ハーマンがコネクテッドカー用インフォテインメント・テレマティックス・セキュリティーなどの電装産業分野でグローバルNo.1企業だと明らかにした。従業員が3万人に達するハーマンは昨年、売上高70億ドル、純利益7億ドルの実績を上げた。プレミアム・インフォテインメント市場で占有率1位(24%)、テレマティックス市場で2位(10%)を占めている。


スポンサードリンク


ハーマンは自動車業界でオーディオ分野の部品業者としてすでに有名な企業だ。ハーマンが保有するハーマン・カードン(Harman/Kardon )、JBLなどのブランドは世界的自動車企業らと協力している。サムスンは、電装事業で売上の65%が発生するハーマンは年間売上の約3倍にあたる240億ドル規模の注残も保有していると明らかにした。サムスン電子は世界の電装事業市場が昨年の450億ドル規模から2025年には1000億ドル規模に成長すると展望した。

サムスンの電装事業本格化の背景には、自社の情報技術(IT)力量を接合できる領域ということもある。自動車用の情報技術部品、または電気電子システム、テレマティックスなどがそうだ。ある自動車業界関係者は「サムスンが完成車事業に直接進出することは、労組と品質管理費用の面から難しい」として「韓国国内には現代モービス以外には大きな部品メーカーがないが、電子企業が電装部品での競争力をつければ、韓国の自動車産業全体の競争力確保も期待される」と話した。

サムスン電子は昨年末、すでに電装事業チームを新設して、この分野への進出を始動した。今後サムスン電気やサムソンSDIなどの系列会社とのシナジー効果を拡大する戦略を立てた。サムスン電子は一気に電装業界の強者に浮上するために、ハーマンの買収を決めたと見られる。サムスン電子はこれまで海外企業等の株式持分とプリンティング事業部の売却などで現金を蓄積していた。 電装事業チームを率いるサムスン電子のクォン・オヒョン副会長は「ハーマンが保有する電装事業のノウハウと膨大な顧客ネットワークに、サムスンの情報技術とモバイル技術、部品事業力量を結合し、コネクテッドカー分野の新たなプラットホームを主導していく」と明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25657.html

【管理人 補足記事&コメント】
サムスン電子は現地時間14日、米ハーマン・インターナショナル・インダストリーズを買収すると発表した。買収総額は、約80億ドル(約8,600億円)で、すべて現金で支払われる。 ハーマン・インターナショナルは、オーディオ機器メーカーとして著名だが、コネクテッド・カー市場をリードする存在でもある。同社製のオーディオ・システムを採用した車の数はグローバルで300万台を超え、同社の最新売上レポートでは、自動車関連が65%を占めている。

ハーマンインターナショナル株式会社は、オーディオ機器などを製造、販売するアメリカ合衆国に本拠を置くニューヨーク証券取引所上場の多国籍企業である。コンシューマーシステムグループでは、スピーカー、CDプレイヤー、DVDプレイヤー、アンプなどが、JBL、harman/kardon、Infinity などのブランドで製造されている。また、自動車向けに、ダイムラー、トヨタ(レクサス向けも含む)、BMW、ゼネラルモータース、富士重工業などをはじめとした、各メーカーにカーオーディオを提供している。

飽和しつつあるスマートフォン市場を主戦場とするサムスンは、次なる経営の礎を早期に築く必要があり、コネクテッド・カー市場はなかでも戦略的な優先事項となっている。また、今回の買収では(あくまで副次的な部分ではあるが)、JBLや、Harman Kardon、Mark Levinson、AKG、Lexicon、Infinity、Revelなど、ハーマン・インターナショナルが持つ世界有数のオーディオ・システムを含んでおり、スマートフォン市場をはじめとした多方面での活用が期待される。

サムスンのオ・ヒョンクォン副会長兼最高経営責任者(CEO)は今回の買収について、「ハーマン・インターナショナルは完璧なテクノロジー、製品力、ソリューション面でサムスンを助けてくれる。我々が力を合わせることについては、自動車戦略上、自然なことである」とし、ハーマン・インターナショナルのディネッシュ・パリウォル社長兼最高経営責任者(CEO)は「今回の(現金による)取引は、自社の株主に対して、重要で即時的な価値を提供してくれ、また従業員にとっても、より大きく、多様な機会を与えてくれるものだ」とした。

冷間プレス企業に在籍中にスピーカー部のプレスをアメリカ企業から受注していたのを思い出した。毎月安定した数量ではあるがさほど多くはない。アメリカからの工場監査時の前に、別企業へ移籍したので、詳細な情報は知らないのだが、サムスンがハーマンを買収したところで、どうなるのだろうか…。社員1万人規模の企業で、日本におけるハーマンは300人規模の企業でしかない。付加価値の高い車というイメージが強そうだが…。自動車用ナビゲーションシステム、セーフティーソリューションなどの最先端の技術革新によって、ドライビングがより安全に、より楽しくなるサービスを提供するとしている。OTA(無線)アップデートやサーバーセキュリティのソリューション分野、クラウド、モバイル、アナリティクスの事業を強化し、コネクテッドな世界を可能にするモビリティ&アナリティクスソリューションを提供する。

サムスンは付加価値の高い自動車産業に踏み込むわけだが…。
ついでに現代自と統合したらよいのではないか…。
個人的には時すでに遅し…、と考えるが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月15日 10:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
サムスン傘下になるのは
JBLはトヨタが使っている。
アルファードのオーディオはJBLがうりだから、
JBL=サムスンになったらイメージダウンだろう。
[ 2016/11/15 11:22 ] [ 編集 ]
これはね。
最近のハーマンは40%音響、60%自動車関連といっても2015年に自動車部門を強化した、いやイスラエル企業などを買収したんです。2015年から何をしたかというと、イスラエルのセキュリティソフト会社やOTA無線アップデート会社を買収して自動車電装産業に参入したんです。でも電装が60%といってもNanashi2さんが書いているように自動車の音響がかなりある。だから自動車電装分野は30%あれば良いほうだろう。でも自動運転ソフトのセキュリティっていうなら自動はだめなんじゃないの?違法ソフトが出回るぞ?日本のカーナビに勝てるんか?自動運転ソフト開発会社のセキュリティソフトが一番なんじゃないの?
そもそも、最近、コンチネンタルとかハーマンとか豊田市というか愛知県に支店を開設しているが、音響分野もソニーやパナソニックに勝てるんか?電装分野はデンソーや日立にかてるんか?自動車CPUはルネサスに勝てるんか?NANDは東芝に勝てるんか?
答えははっきりしている。無理だろう。
あと買収するにしても為替レートが重要。ウォンが違う方向に動いたら買収金額増えるんじゃないの?通貨危機になったらどうするんだ???
[ 2016/11/15 12:06 ] [ 編集 ]
うーん
>音響分野もソニーやパナソニックに勝てるんか
ハーマンの価格見れば わかると思うのですが 比較するのが失礼なレベル 
[ 2016/11/15 14:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp