韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本は「やっぱり高速鉄道の始祖だ」、リニアの速度に称賛の声

日本は「やっぱり高速鉄道の始祖だ」、リニアの速度に称賛の声

東海旅客鉄道(JR東海)が2015年4月に行った山梨リニア実験線でのリニア最新型車両の有人走行試験で時速603キロメートルを記録した。同記録は世界最速としてギネス世界記録にも認定されている。中国はこのほど、時速600キロメートルで走行可能なリニアモーターカーの自主開発に取り組むことを発表したためか、日本のリニア最新型車両による「時速603キロメートル」という記録がにわかに注目を集めている。

中国メディアの今日頭条は12日、「日本のリニア車両の速度を実感してみよう」と題する動画を掲載し、山梨リニア実験線で撮影された走行試験の様子を紹介した。

記事は、山梨リニア実験線で記録した時速603キロメートルという速度について、「気違いじみたスピードだ」と驚きを示しているが、動画で紹介しているのは時速500キロほどの走行試験の様子だ。それでもリニア車両は撮影者の前を一瞬で通過していく様子が映っている。あまりのスピードに車両の数を数えることが不可能なほどで、ギネス世界記録に認定された時速600キロという速度は、まさに想像を絶する世界であることが分かる。

さらに動画では、まずは車輪走行だったリニア車両が時速140キロを超えたあたりから浮上走行に移行し、時速400キロを超えても、まだまだ加速を続けていく様子が紹介されている。


スポンサードリンク


中国国内では「中国高速鉄道の営業速度は世界一だ」などと自負する声も多いが、中国高速鉄道を遥かに上回る速度のリニア車両の走行実験が日本で行われ、2027年には「時速500キロ」で走行するリニア中央新幹線が開業する予定であることに対し、記事には中国のネットユーザーからは多くのコメントが寄せられている。リニア車両を貶めるようなコメントが並ぶのかと思いきや、「世界の高速鉄道システムの始祖が日本であることを認めなければならない」、「島国が世界の高速鉄道をリードしているのは事実」、「日本は偉大な国の1つだ」など、称賛の意見が目立ったのは意外だった。
http://news.searchina.net/id/1623055?page=1



【管理人 補足記事&コメント】
US Air Forceは18日、ニューメキシコ州のHolloman Air Force Base内で無人の超伝導リニアモーターカーを使った走行試験で時速633マイル(約1018キロ)の速度世界記録を更新したことを発表した。USAFの超伝導リニアは、超電導磁石を使って実験車両を浮上させた上で、固体ロケットブースターを使って推進するという独自の方式を採用したものとなる。USAFの超伝導リニアは、次世代高速鉄道用として世界各国で開発が進められている超伝導リニアモーターカーとは比較にならない、極超音速での走行を目的にしているため、実験線に超電導磁石は、液体窒素を利用して絶対零度まで冷やされるなど、その方式は従来型の超伝導リニアとは根本的に異なるものともなっている。

USAFでは近く、この超伝導リニアを使って音速の突破実験を行うことを計画しており、その上で、最終的には、(本気かどうかは判らないが)時速7,672マイル(約12,344キロ)=マッハ10の速度を得ることを計画している。USAFでは、マッハ10という途方もない速度で走行することが可能な超伝導リニアの開発目的などについては明らかにはしていない。

速度は素晴らしいが現実味からは程遠いが…。これでギネスに乗ってもね~。
日本のリニアは500km運行が決定したとか…。莫大な費用がかかるが、ますます社会人としては日帰り出張が増える??



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月15日 11:43 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp