韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  青春が存在する日本人、青春が存在しない中国人

青春が存在する日本人、青春が存在しない中国人

日本語の「青春」という言葉は夢や希望に満ち、活力のみなぎる若い時代を「人生の春」に例えた言葉だ。中国でもこの概念を表現するうえで、この日本語とまったく同じ漢字が用いられている。しかし、中国メディアの捜狐はこのほど、日本の若者たちには謳歌する「青春」があっても、中国の若者たちには「存在しない」と説明する記事を掲載した。

記事は、日本の青少年たちには「熱い青春」があり、その代表例の1つが「夏の甲子園」であると指摘。夏の甲子園で見られる、選手の力いっぱいのスイングやスタンドからの大声援、勝利して抱き合う姿や悔し涙を流す姿は、まさに「青春そのもの」だと説明した。

もちろん野球だけが青春の対象ではなく、サッカーや陸上のようなスポーツ、音楽や美術のような文化活動も青春をかける対象であり、日本には青春をかける対象が勉強以外にも存在することを非常に高く評価し、「こうした日々は大人になってから振り返っても、他人の経験を聞くにしても、間違いなく熱い涙がこみ上げるものだ」と絶賛。日本の青少年たちは中国と違って、「若い時代を謳歌する方法や対象がある」と羨望の気持ちを吐露した。

一方で記事は、中国の青少年には恋愛を楽しむなどの青春はあるにしても、熱い気持ちで何かに打ち込むような青春は存在しないと指摘。記事はその原因について、中庸を好む中華民族の性格と関係があるかもしれないと説明しているが、中国では学校で体育の授業が日本に比べて少なく、中学校や高校での部活動もほとんど存在しない。従って、中国では高校生を対象としたスポーツの全国大会もほとんどなく、スポーツに青春をかけることができないというのが現状だ。


スポンサードリンク


中国人から見ると、青春の時期に何かに打ち込む日本の青少年たちの姿が、光輝いているように感じるのだろう。若さや夢や希望にあふれた貴重な時期において、日本の若者たちがそれぞれに目標を持ち、またその目標を達成できるできないにかかわらずに全力で打ち込む姿に、熱い青春の美しさを感じるのかもしれない。
http://news.searchina.net/id/1623038?page=1

【管理人コメント】
単に青春と言っても難しい。青春だけ考えれば、年齢とは関係なく、心の状態をいうわけで、青春とは、心が若いという意味となる。心が若ければ、どれだけ年齢を重ねても、ずっと青春時代でいられる。ときどき、年齢を重ねるにつれて、肌だけでなく、心まで老けてしまっている人がいるが、人間の青春時代とは、年齢のことではなく、どれだけ心が若くいられるかによって決まる様だ。

例えば、挑戦、やる気、好奇心、向上心、恋愛、等などは、心が薄れたときに人は初めて「老ける」事になる。いつまでも挑戦を忘れず、自分のやりたいことのために、やる気を持っている人は、いつまでも老けないのだろう。青春は、若い一時期だけをさしているのではなく、心が輝いている時代のことをさしている。40代や50代になっても、自分の向上のために、習い事や読書を欠かさずにしている人は、まだまだ青春時代を送っているという事の様だ。

しかし、青春を調べると、若く元気な時代。 主に青年時代とある。 そこで「青年」の項をみてみると 該当する年齢一般的には中学生・高校生・大学生といった、それらの学齢を含む13歳くらいから20歳代前半の年齢を指すとされるという。一方では、農協の組織等では、若年層の減少によるためか、40歳代の者も青年に含めている。 心理学の場面では30歳代前半まで指すとされる。 しかし、いずれにしても、青年に関する厳密な年齢定義はないという事だ。

若い時代という意味では、日本の学校教育での部活などなどは、実に良い事例でしょうね~。中国にも韓国にもないのでしょう。本来ここで、友情或いは愛情或いは信頼という心を養う場となるわけで、それがない社会環境では、心は育たない。そのよい事例が人工頭脳なるAI が良い例ではないだろうか…。難しいことは難なくこなすが、人間の心に関する部分の解釈はできない。それだけに人間の心の教育や経験値は重要となる。人間の一番の強みではないだろうか…。日本でも最近は薄れているように感じるが、学校教育においては、ぜひ継承願いたいと思いますね~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月15日 13:57 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(2)
人生四季
 人生には、青春、朱夏、白秋、玄冬の四季あり。
 青春は”若い時代。人生の春にたとえられる時期。希望をもち、理想にあこがれ、異性を求めはじめる時期”、朱夏は”人生の夏であり、人生の真っ盛りの年代。この年代の前半は、子育てにおわれ、与えられ仕事をこなし、一人立ちする時期”、白秋は”生涯において人間的に落ち着き深みの出てくる時期”、玄冬は”、生涯において最後の時期、老年時代を指す”
 中国の五行説から春は青、夏は朱(赤)、秋は白、冬は玄(黒)とあり、わが青春を振り返れば、金は無いが体力と気力だけはあった様に思う、人生の玄冬にさしかかり、後悔ばかりの人生であった様に思う毎日です、人生に悔い無しと言える方々は、はてさて何人居られるか。
[ 2016/11/15 14:47 ] [ 編集 ]
青春とは何だ,若さのことでしょう
うまいこと書くなー、大山さんは、学があって、尊敬しますよ、倫理道徳の先生みたい、その通りだと思います
日本は今は自由な国、自由な考えや発想で成り立っている訳で管理人のような考えも又、大いに結構
中国人が日本の若者を羨ましいと思うなら世の中の仕組みを変えないと無理だと思いますね
日本も戦争に負ける前の大日本帝国の若者達に自由などなく、ただ、陛下の為に命を捧げることを強要され,たくさんの若者が亡くなった、私ごとだが叔父2人も亡くなっている、誰の為の人生、誰の為の青春なのか、いや人生などと呼べるものなどでは無い
生きていれば、恋もし、子種も残しただろう、生涯打ち込める仕事も見つかったかもしれない。友と一晩中語り、酒を酌み交わし人生を楽しむことができただろうに、
日本の政治指導者は米国に敗戦したことで、多くを学んだ、特に民主主義である、あれから70年、今の日本は米国より住みやすい信頼できる国になったのではないかなー、つまりある部分、米国が成り下がったと言えるのではないでしょうか、日本には古来からしきたりや礼儀がある、自由だけではないプラスがある

軍事力に力を入れ、領土拡張主義に走る、共産主義の中国が日本のようになることはまず無理でしょう
そこへいくと、同じ漢人の台湾はいくら中国が認めなくとも立派に民主主義であり国家である、共産主義者に真似は出来ないと思われる
自由が育たないと、自由な発想が出来ない、人は生まれながらに人に押し付けられることなどあってはならない、日本人が中国を羨ましいと感じる事って、何かありますかねー、若者は伸ばして育てなければいい国造りは出来ないでしょうね
[ 2016/11/16 08:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp