韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  朴大統領、早期聴取拒否の悪あがき 金鍾泌元首相「彼女は死んでも辞めない」

朴大統領、早期聴取拒否の悪あがき 金鍾泌元首相「彼女は死んでも辞めない」

国政介入疑惑で、韓国検察が聴取を要請している朴槿恵(パク・クネ)大統領が悪あがきを図っている。16日に聴取を予定している検察に対し、朴氏の弁護人が延期を求めた。疑惑の影響で国政は遅滞し、国民からは朴氏辞任を求める大合唱が起きている。「感情が枯れている」として「氷の女王」と呼ばれる朴氏ならではの行動なのか。

「十分に捜査が進み、事実関係がほぼ確定した後が合理的だ」。朴氏の弁護人に選任された柳栄夏(ユ・ヨンハ)弁護士は15日、そう述べて早期聴取を事実上拒否した。 柳氏は「元祖・親朴」ともいわれている。元検事で、朴氏が与党代表だった2005年に党の要職に起用され、法律分野で朴氏の参謀役を務めるようになった。12年の大統領選では朴氏へのネガティブキャンペーンをかわすのに尽力し、「護衛武士」との異名も得た。

ネガティブキャンペーンとは、疑惑の中心人物である崔順実(チェ・スンシル)容疑者と朴氏の関係をめぐるものだ。朴氏の「弱点」を熟知しているため、弁護人に選ばれたとの見方もある。

柳氏は15日、記者団に対して「大統領以前に女性としての私生活がある点を考慮してほしい」と話した。検察が求める直接聴取に対しても「書面でのやり取りが望ましい」とした。4日に発表した談話で「検察の捜査に最大限協力する」と述べていた朴氏だが、青瓦台(大統領府)に“籠城”し、逃げ切ろうというのだ。


スポンサードリンク


韓国紙、朝鮮日報(電子版)は朴氏の対応を「『時間稼ぎ』と『言い逃れ』戦略を駆使している」とし、「事情聴取の際には『私は知らなかった』で押し通す戦略を立てているものとみられる」と報じた。 朴氏に近い関係者は、朴氏の性格を「頑固」ととして、大統領を辞任しないだろうと予測している。朴氏の父、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の姪(めい)を妻に持つ金鍾泌(キム・ジョンピル)元首相だ。

韓国の週刊誌「時事ジャーナル」のインタビューで、金氏は「(朴氏は)死んでも下野しない。その頑固さをくじく人間は一人もいない」と述べた。 頑固さを示すエピソードとして、金氏は、崔容疑者の父、崔太敏(チェ・テミン)牧師と朴氏の関係にも言及した。2人が親しいため、朴正煕氏が情報部長に崔太敏氏を「調査してみてくれ」と言ったが、調査を知った朴氏は父のところへ行って大騒ぎしたという。 朴氏の頑迷さは、さらに韓国を混乱に導くのか。聴取の日程もはっきりせず、政界の混乱が収拾する気配もない。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161117/frn1611171130002-n1.htm

【管理人コメント】
朴槿恵が頑固であるというのと、大統領をやめるという理由とは別次元であるから、国民からの信頼を裏切ったまま大統領の椅子に座り続けるなどもってのほかだろう。さっさと辞めさせる事である。と言いたいのだが、日本からすれば韓国政治が止まったままで防衛の話は本格的にはできないという問題はあるが、アメリカ大統領が動けるならば、これも話は別となる。要は韓国はアジアに対して何ができる国なのかというのを評価した場合、役に立たない国ならば、無視した外交を続ければ良いだけのことである。

しかし自己都合の国とはいえ、日本の敗戦で朝鮮半島が解放され、喜んだのもつかの間、南と北の政策が合わずに、後に朝鮮戦争で主権争いをはじめたわけである。しかし結果として、ロシアとアメリカで軍事境界線をひいたままとなり今日に至っているわけで、それでも北朝鮮と韓国という国である。日本統治解放以後は、互いにわがままな状態を維持して今日に至っているわけで、産業技術は日本統治下における日本企業の技術指導が土台であるから、日本を打ち負かすと語ったところで、通貨危機で国の再編をする国と化し、すでに今の韓国企業は日本企業統治で金融は日米統治では、韓国と北朝鮮どちらが良いのかを比較するのは難しい。

日本は戦争責任を終了し、反日政策を掲げる韓国に対し、気を使って今日まで来たわけで、そろそろ韓国政府に対し厳しく対応してもよいだろう。韓国は日本の軍事力が増せば、再び日本統治下となるのを恐れているわけで、だからと言って反日政策ばかりでは国は進歩しない。すべての国が韓国を無視すれば、自分で考えるだろう。そろそろ独り立ちさせることである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月17日 13:43 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
お姫様になんの罪があるのか?
政治経験の長い元首相の言葉は的を得ている。お姫様はまずやめないでしょう。歴代の大統領の辞職後の末路のみじめさを見れば、何で好き好んで悲惨な退職生活を早めますか。有能な弁護士ならできうる限り辞職を引き延ばし、あわよくば任期一杯まで大統領職にとどまらせる。

それにしても、どんな罪が大統領にあるのでしょうか?機密漏えい、賄賂それが事実だとしても、大統領をやめるほどの罪なのか。韓国憲法では大統領は内乱を引き起こしでもしない限り訴追されない。今、内乱を起こそうとしているのは野党側ではないかと思えるのだが・・・

アメリカのように不正にやかましい国なら、小さな不正でも大統領が辞任に追いやられることはある。しかし韓国なんて不正の蔓延国ではないか。賄賂からカンニングと、上は政府高官から下は学生まであらゆる不正に手を染めている。それが、こんなちっぽけなことで100万人を超えるデモ行進。このデモ参加者にどれだけ不正にかかわってない者がいるのだろうか。

お姫様が必死に抵抗すれば、より韓国政治の愚かさが見えてくる。心よりお姫様の健闘を祈る。
[ 2016/11/17 14:54 ] [ 編集 ]
知らぬ存ぜぬ
崔某容疑者は持病を抱えているらしい。
ある日持病が急変して獄中タヒ(実は一服盛られて・・・)
朴某大統領は、知らぬ存ぜぬで押し通す。
・・・昨夜、このような夢を見た。
チョウセンならありかも。
[ 2016/11/18 20:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp