韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「トランプ大統領」で慌てるアジアの国はどこか? すぐ動いた日本、動きようがない韓国

「トランプ大統領」で慌てるアジアの国はどこか? すぐ動いた日本、動きようがない韓国

8日の米大統領選で勝利した共和党のドナルド・トランプ氏。選挙期間中の過激な発言は、日本を含む関係諸国に少なからぬ憂慮を抱かせた。トランプ氏の当選が現実のものとなった今、憂慮も現実のものになるのか、逆に、自国にとってどんなメリットがあるのかといった議論が盛んに繰り広げられている。中国メディア・第一財経は16日、「トランプ勝利後、アジアのどの国が慌てているか考えてみよう」と題した記事を掲載した。

日本と韓国については、米国と長期にわたる盟友であり、選挙期間中にトランプ氏が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への反対を示したこと、安全保障上において駐留米軍経費の負担を求めたことについて衝撃を受けていると紹介。日本は17日に安倍首相とトランプ氏との会談をセッティングするなど素早い動きを見せたが、韓国は朴槿恵(パク・クネ)大統領が政治的危機に追いやられている国内事情ゆえ、「速やかな行動に出られない」状況であるとした。このほかにも、日韓両国は核兵器保有や対北朝鮮政策についてトランプ氏の意向を知りたがっていると解説した。

中国については、トランプ氏が選挙期間中に中国を「通貨操縦国」と非難し、中国製品に対して45%の関税をかける、中国人観光客のビザ発給を削減するといった「脅し」をかけてきたと紹介。その一方で、14日には習近平国家主席がトランプ氏と電話会談を行い、祝辞とともに両国の協力強化を望むメッセージを発したところ、トランプ氏もこれに賛同したことを伝えた。

そして、中国が抱える憂慮として、「トランプ大統領」誕生によって、米国がグローバル化や自由貿易といった「中国経済にとって少なからぬメリットを持つ流れ」に力を注がなくなる可能性がある点を挙げた専門家の意見を紹介している。


スポンサードリンク


東南アジアでは、まずフィリピンについて言及。オバマ大統領との関係を悪化させたドゥテルテ大統領はトランプ氏当選直後に「もうケンカはしない」と発言したことを挙げ、両国関係は改善に向かうとの見方が出ているとした。また、カンボジアのフン・セン首相もトランプ氏の支持者であるとする一方、マレーシアやインドネシアなどムスリムが多数居住する国では、「トランプ氏は極めて歓迎されないだろう」と論じた。そして、トランプ氏の対中政策への姿勢が明らかになっていない状況の中、もし、現在米国政府が進めるアジア太平洋戦略が放棄されれば、地域のパワーバランスが崩れるのではないかということを東南アジア各国政府は懸念しているとした。

このほか、対外貿易に大きく依存しTPPを積極的に推進してきたシンガポールは、TPPが破談になり米国が太平洋から身を引くことを心配していると説明。インドについては選挙期間中に関係強化を進める発言をしたものの「インド系米国人の票集め」だった可能性があり、実際どうなるかは不透明であると伝えている。とにかく未知数なことだらけの「トランプ政権」。選挙期間中の発言が果たして「本気」のものなのかは分からない。日本を含めたアジア諸国は、トランプ氏との関係づくりの中で、その真意を探っていかなければならない。
http://news.searchina.net/id/1623228?page=1

【管理人コメント】
トランプ次期大統領にとっての韓国はイメージが悪いだろう。
北朝鮮から在韓米軍の安全確保を考慮すれば、在韓米軍に対する負担は100%+アルファでは…。。。

今までは軍備をアメリカから購入し、その利益はアメリカにもたらすと考えれば、利用価値があったわけだが、今後は負債を抱えて国が崩壊することはあっても、有益になることはない。無理に有益にすれば、約束は破られ、挙句に韓国経済は崩壊するだろう。アメリカにしても、距離を置く国と化す可能性はある。気になるのは日本政府の動きである。野望多き自民党ではあるが、アメリカと対等で、アジアのことまでアメリカが関与しないとなれば、韓国は立ち位置を失うだろう。

それも北朝鮮の動きとアメリカそしてロシアの動き次第となる。本来いち早くトランプ氏と会談を実施したいのが韓国だろう。しかし日本が先に動いたわけで、日本とて日米安全保障上、重要である。もちろんTPPも気になる。17日の会談でどんな道が開かれるのかに関心があるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月17日 14:01 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
外野の目では
来年1月の就任以降、米国・関連国はどう動くか。
トランプという人は、過去分を全部キャンセルも
ありうる。そういうキャラのようです。

現実、米国の外交は全方位に円満にはいかないでしょう。
そんなに潤沢に手元(資金と外交カード)は無い。

短期課題は貿易赤字改善、これに手を打つはず。。
一番縁遠いのは中国じゃないですか。
通貨レートは元安に振れているし、米国債を売っているし。
貿易赤字だし、北朝鮮のバックだし、あと海洋問題もある。
(この貿易赤字問題は日本にも共通点がある)

それから、長期課題としてオイル価格。
何しろ自由経済の国だから、国産シェールがあっても、
安ければ輸入が増える。これも貿易赤字の一端。。
オバマさんが原油輸出解禁しても売るか買うかは市場価格次第。

原油高になればシェール復活がありうる。
だが、サウジとロシアと協調減産、これが簡単ではない。
日本は輸入国だから安いのがいい。
[ 2016/11/17 15:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp