韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン不振で見えた「未成熟」韓国経済と日本の実力差

サムスン不振で見えた「未成熟」韓国経済と日本の実力差

日本では企業の経営不振が長く続いているにもかかわらず、国内経済はそれほど壊滅的な打撃を受けていない。その理由は、企業活動とは直接関係しない、層の厚い消費経済が確立しているからである。日本の製造業はすでに衰退フェーズに入っているわけだが、これが逆に景気のバッファになっているのだ。 日本がこうした消費経済の恩恵を享受できるのは、長年かけて資本の蓄積を行ってきたからである。過去20年を取っても日本は累積で約280兆円の経常黒字の蓄積がある。韓国は最近ではかなり金額が伸びてきているが、同じ期間で58兆円程度の蓄積しかない。

経常収支は赤字・黒字という表現をするので国の儲けと認識している人も多いが、お金の出入りを示しているだけで、経常黒字そのものが国の利益につながっているわけではない。だが日本や韓国のような加工貿易を中心とした国の場合、輸入の代金や海外への投資に際して必ず外貨が必要となる。豊富な外貨の蓄積があることは、企業活動に極めて有利に働くことになる。

韓国はこうした資本蓄積が薄いことから、多くの必要資金を海外からの借り入れに頼っている。こうした資金に対しては金利を支払う必要があるほか、金融システムに異常があると、資金を調達できなくなるリスクを抱える。少なくとも韓国企業はこれまで大きな利益を得てきたので金利の支払いには苦労していないが、問題は資金不足の方である。韓国は1997年の通貨危機の際に、国内の決済資金が不足しIMFからの支援を受けている。韓国は日本との間で通貨スワップの協定を結んでいるが、いざという時に資金不足に陥らないようにすることが目的である。


スポンサードリンク


サムスン財閥やロッテ財閥はかねてから循環出資と呼ばれる手法を多用し、経営の不透明性が指摘されてきたが、韓国における資金不足は実はこうした経営の不透明性の遠因にもなっている。循環出資とは文字通り、財閥系企業が循環的に相互に出資する形態のことを指している。例えば、サムスン電子はサムスンカードに出資し、サムスンカードはサムスンエバーランドに出資する。サムスンエバーランドはサムスン生命に出資し、そしてサムスン生命はサムスン電子に出資する。こうして一連の出資はグループ企業をグルグルと回り続けることになる。

なぜこのような仕組みになっているのかというと、経済全体で十分な資本がなく、各財閥のオーナーが限られた資金力の中でグループ全体を支配するためである。各グループ会社に少しずつ出資しているサムスンのオーナー一族だけが、会社全体に影響力を行使することができるという仕組みだが、これは一種の資本マジックといってよい。ロッテもサムスンと同じような構造になっており、これが近年になって不透明性の温床であるとして批判の的となっている。

日本もかつては株式の持ち合いなど、循環出資的な慣習が残っていたが、社会の成熟化とグローバル化の進展で現在ではこうした慣行は急速になくなりつつある。一連の韓国経済に対する不安というのは、韓国が社会の成熟化、経済のグローバル化において未だ途上であることに起因している。
http://ironna.jp/article/4519?p=2

【管理人 補足記事&コメント】
2014年でサムスン電子の売上高は206兆2060億ウォン(約22兆2300億円)で、韓国の国内総生産(GDP)の14%である。韓国のGDPにおいて三星財閥に依存する割合は、現在韓国のGDP(国内総生産)の18%、輸出の21%も占めている。一方、サムスン電子の2015年12月期の売上高は約206兆ウォンであり、同社が生み出した付加価値は77兆ウォンに達する。同じ年の韓国におけるGDPは1559兆ウォンなので、サムスン1社で全GDPの5%を生み出している計算だ。トヨタが1年に生み出した付加価値は約5兆円であり、日本のGDPは約500兆円なのでトヨタの占める割合は1%である。

トヨタの付加価値がGDPの1%というのも大したものだが…。記事の1ページ目には韓国企業活動が経済全体に及ぼす影響は依然として大きいとし、韓国経済は新興国から先進国に移行する途上であるとしている。通貨危機で経済構造に外資が入ったわけで、主要企業が外資企業であるから、企業活動が経済全体に及ぼす影響は大きくなる。それだけ結果を求めれば、ヘッドハンティングに買収を繰り返すわけで、新興国から先進国に移行する途上とは言えない事はないが、別次元で考えたほうが良いだろう。

韓国経済自体がすでに、自国にあらずであるから、単に計算した値の内容が当てはまらないのも韓国であることを理解しないと難しい。従って、発展途上というわけでもない。二番手技術のまま衰退する時期にきているわけで、今の経済低迷は衰退期ともいえる。従って、そもそも日本と比較すること自体が難しい。構造が違うために比較にならない。

むしろこの比較にならない部分が競争力低下といえるわけで、サムスンのみならず主要大企業は外資に頼る財閥企業と化しているわけであるから厄介である。だがそれもそろそろ終わりに近づきつつあるようだ…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月17日 19:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp