韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍晋三首相、トランプ氏とゴルフを約束? 2人で約90分間会談

安倍晋三首相、トランプ氏とゴルフを約束? 2人で約90分間会談

安倍晋三首相は17日夕(日本時間18日午前)、訪問先の米ニューヨークでドナルド・トランプ次期米大統領と会談した。会談後、首相は記者団に「(日米両国)同盟というのは信頼がなければ機能しない。トランプ氏はまさに信頼することのできる指導者であると確信した」と明言した。日本の首相が就任前の米大統領と会談するのは異例。

会談は、トランプ氏の私邸があるマンハッタンの「トランプ・タワー」で行われ、トランプ氏は首相に長女イバンカさんや夫のジャレッド・クシュナー氏を紹介。会談は、通訳が同席しただけで2人で行われ、予定の1時間を超え1時間半にわたった。 首相は「2人で本当にゆっくりと、じっくりと胸襟を開いて率直な話ができた。大変暖かい雰囲気の中で会談を行うことができたと思っている」と振り返った。その上で「ともに信頼関係を築いていくことができる、そう確信の持てる会談だった」と良好な関係構築に向け、良い感触を得た点を強調した。

会談内容に関しては「トランプ氏はまだ正式に大統領に就任していない。非公式な会談であることから中身について話をすることは差し控える」と述べた。ただ、「私の基本的な考え方については話をさせていただいた」とも言明。トランプ氏が大統領選で訴えた在日米軍の駐留経費の負担増や、政権発足時に脱退すると表明している環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に触れ、自身の考えを伝えた可能性を示唆した。

また、「2人の都合のいい時期に再び会って、さらにより広い範囲について、より深く話をすることで一致した」と、再会談の申し合わせにも言及した。


スポンサードリンク


会談後、安倍首相はトランプ氏にゴルフクラブ(ドライバー)を贈り、トランプ氏からはゴルフシャツなどゴルフグッズをプレゼントされた。首相は10日にトランプ氏と電話会談した際、19日からペルーで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に先立ち、米国を訪問して会談する意向を打診。トランプ氏は「17日はニューヨークにいるから食事でもしよう」と応じた。ただ、来年1月に発足する新政権の閣僚人事で、トランプ氏が多忙を極めている事情から会食は実現しなかった。
http://www.sankei.com/politics/news/161118/plt1611180016-n1.html

【管理人コメント】
会談は和気藹々だったようだ。一方、在日米軍の負担増においては、トランプ次期大統領が正式に大統領になったとしても、現状70%規模の負担で支払っているわけで、歴史を見れば日本が再び戦争をしないための監視役であった在日米軍であるわけで、日本は戦争をしないと言うもとで憲法策定を実施し、連合軍のチェックが入ったわけである。在日米軍は特別な歴史があるともいえる。もし日本が全額負担すれば、日本全土を米軍が守ることになる。と考えれば、トランプ氏の日本利用という意味では、今以上の負担は求めないだろう。

むしろインフラ面で、新幹線導入コスト減などなどで日本経済のみならず、アメリカ雇用促進とインフラ後の双の企業による合理的発展を考慮するのではないか…。 まぁ~ゴルフでもしながら考えてほしいものである。

一方TPPの話は何か仕掛けたのだろうか…。
トランプ氏はTPP反対であるから、日本政府が何を仕掛けても難しい。そもそもアメリカ主導のTPPに日本が参加すれば、結果として日米のTPPになりかねないわけで、他の小国を気遣いながらでは、アメリカ利益につながるわけでは無い。むしろ日米のFTAで取り決めたほうが得策だろう。それだけアメリカにおいても日本経済は重要であり、日本にとってもアメリカ経済は重要となるわけで、それを程よく解消するにはFTAによって取り決めるしか方法はないのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月18日 12:49 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp