韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「朴大統領に何の過ちがある」 … 極右勢力結集の動き始まる

「朴大統領に何の過ちがある」 … 極右勢力結集の動き始まる

全国民的な「朴槿恵(パク・クネ)大統領退陣」要求に対向して一部極右団体が対抗集会とデモに出始めた。ロウソク集会に参加した市民をけなし朴大統領を擁護する文が、高年層を中心にカカオトークなどを通じて広がっている。 大統領府が朴大統領の退陣要求を拒否して逆攻勢に出た時点に合わせ、外郭団体も組織的な反撃に出たのではないかという分析だ。

極右性向団体である「新しい韓国のための国民行動」は17日午後ソウル駅広場で「大統領下野反対及び国家安保を守る国民大会」を開いた。 主催者側推算4000名余り(警察推算 1800名)の参加者たちは「大統領の罪過が客観的に確認される前にマスコミ報道だけをもって人民裁判をしてはならない。所定の任期を全うするのが大統領の憲法的責務である」と主張した。 パクサモ(パク・クネを愛する人々の会) など朴大統領支持団体はこの19日に大規模集会を予告している。 この日は1500余の市民社会団体で構成された「パク・クネ退陣非常国民行動(パク・クネ退陣行動)が主催する第4次汎国民行動が開かれる日だ。「大韓民国憲法精神守護のための国民の叫び」というタイトルで開催されるこの集会はパクサモ、ママ部隊、自由青年連合など50余の保守団体が参加する予定だ。 彼らは午後2時にソウル駅で第1次集会を開き、街頭行進後に光化門(クァンファムン)の教保(キョボ)文庫の前で第2次集会を持つ予定だと明らかにした。

パクサモはこの日の集会のために「パクサモ総動員令」を下した。パクサモのホームページで「現在パクサモは誕生以来最大の集会を準備しています。今パクサモが計画している屋外集会は政局の流れを変えることができなくてはなりません」「どんな方法ででも、何としてでも、出てきて下さい。ソウル駅広場が人ではち切れるくらいに集まって下さい」という掲示文を載せて集会参加を督励している。 日刊ベストなど極右コミュニティには「愛国保守も徐々に目覚めつつある」「真の民心を見せてやろう」と、19日の集会参加を待ち構えているメッセージ等が上って来ている。


スポンサードリンク


カカオトークなど社会関係網サービス(SNS)では「時局を希釈する」メッセージが拡散している。 ソウル城北区に住むC氏は「今月初めにカトリック教会で知り合った人に大規模団体カトクカフェに招待されて入ってみたら、朴大統領を擁護する文が次々上って来た」と言い、「その知人が『メッセージ を周囲にまき散らしてくれ』と要求した」と話した。C氏の受取った文は「不正の博物館 金大中(キム・デジュン)、 盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は、パク・クネ政府の悪口を言う資格なし」「(前政権と比べれば) パク・クネ大統領の個人的不正行為は一つもない」「文化隆盛のためのミル文化財団とKスポーツ財団という公益財団設立を目的として企業から700億ウォンを募金したのだ。ただ、チェ・スンシルが介入して利権を着服したから大統領が非難を浴びているのだ」といったものなどだ。C氏は「何でもかんでもパク大統領擁護の文を送ってきて腹が立った。よく知りもしない人たちまでみんな招待して扇動でもするように政治的発言をわんさとするので『礼儀がない、常識がない』という気がした」と不快がって話した。
(略)
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25704.html

【管理人コメント】
国政と一般友人との公私混同は、問題だろう。
どうも韓国人というのは、理解力が薄いというのか、ただ騒ぎ立てるだけで進歩がない。まして自国経済低迷による政府も自国民の態度対応もバラバラでは困った問題である。朴槿恵を救ったところでどうなるものでも無い。かといって朴槿恵を大統領の椅子から下ろしたところで国政が変わるわけではない。今の韓国に必要なのは、自国民の周知結集で、成長戦略を実施することである。と同時に財閥経営者は成長戦略に積極的に協力する人材を優遇し、様々なアイデアから不変ロードマップとして、その時々のニーズに対応すべく戦略と同時に本来の企業としてのロードマップをよく検討し見直した上でパイプを太くし、戦略的に行動することである。

真似事から離脱するには、大変な努力が必要であることを認識しないと、これからの韓国経済など世界で必要がなくなるだろう。自国民の生活となる中小企業活性化と大企業の成長戦略を連携させなければ、無理である。大企業が中小企業の部分まで入り込み利益を得る行動が中小企業を低迷させるわけで、日本の大手企業と中小企業の役割をしっかりと勉強する事である。

そういう部分を導ける大統領と政権策定が可能なのか…。
通貨危機に米国利上げは、すぐそこまで来ているのだが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月19日 09:51 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp