韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  トヨタの工場で気付かされた! 自動化だけでは良い物を作れない、「匠」が必要な理由

トヨタの工場で気付かされた! 自動化だけでは良い物を作れない、「匠」が必要な理由

現在、日本を始めとする工業先進国では、人間に変わる製造ロボットの研究開発、導入が積極的に進められている。中国でも同様の動きが見られるが、同時にロボットとは一見対極にありそうな「人間によるものづくり」の強化も声高に叫ばれている。それはまさに「匠の精神」と呼ばれているものだ。中国メディア・今日頭条は18日、日本を代表するものづくり企業・トヨタの工場で具現化されている「匠の精神」について紹介する記事を掲載した。

記事はまず、「中国の匠はいったいどこにいるのか」と疑問を提起。中国が「匠の精神」を語るならば、その失われた中身を民間の中から探し出さなければならないとした。そのうえで、トヨタの北九州工場にある、鏡面の光沢を出す専門の作業場で、入社から半世紀近くが経過するベテランの技士が両手を使って繰り返し磨きをかけている様子を紹介。一点の曇りも良しとしない技士の仕事ぶりを「大工場のなかの小さな匠」と表現したうえで、彼らの精神の核となる部分について分析している。

外的な要因としては、日本の地理的環境や文化的な特質が大きく関係していると説明。精緻な生活、責任を負う姿勢が、大企業における匠の精神の源となっており、「われわれが学ばなければならない点でもある」と指摘した。

また、内的な要因として、トヨタが戦後に民間自動車の生産を開始した当初、資源や資金が不足する困難との戦いであった点を挙げた。財団から融資を受けて資金を調達し、注文を受けて生産するスタイルの中、当時の技術者たちは、細部まで丁寧に良い物を作らなければならないという切迫感を持ちながら仕事をしていたと論じた。その後、フォードの生産ラインを参考にした「トヨタ生産方式」が誕生するが、細かいところまでしっかり作る精神はすでに技術者たちに染み付いており、それが師弟関係を通じて作業場の中で代々受け継がれてきているのであると説明している。


スポンサードリンク


記事は、作業工程の全自動化ばかりを強調して「匠」の役割を否定しては、決して製品の品質は上がらないと指摘。「人の目や耳、鼻による感覚は、訓練を経ることによって、より細かな違いに気づくことができるようになる。そして、人による感覚を大切にすることが、クルマのオーナーを満足させる最良の方法なのである」としたうえで、「人は永遠に製品にとっての最後の砦である」という言葉に、トヨタの「匠の精神」が凝縮されており、国内の製造業が努力すべき方向性なのであると論じた。

トンネルの安全性検査などでは、検査員がハンマーで叩いて微妙な音の変化を感じ取る。寿司職人は、熟練すれば手に掴んだシャリの重さが分かるようになる。そして、日常生活でも「なんとなくいつもと違うな」という感覚が事故やトラブルの発生を防ぐ、ということは結構あるものだ。 人間の感覚は鍛えれば機械のセンサーに匹敵する、いやそれ以上の感度にまで高められるというのは、決して特別なことではない。問題なのは、その高みに持って行くまでの努力や忍耐ができるかどうかなのである。匠が匠と呼ばれる所以は、技術や感覚を究極的に高める努力を積み重ねてきたから。今の中国社会に求められているのは、その努力を温かく見守り、その成果を正当に評価するとともにリスペクトする姿勢なのだ。
http://news.searchina.net/id/1623385?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
「安かろう悪かろう」と揶揄された現代自の品質は2000年以降改善し、販売台数も急拡大した。現代自の経営陣は、人間よりロボットの方が、安心して仕事を任せられと考えている。現代自にとって究極の工場は、ストライキにビクともしない完全無人工場ということになる。

現代自の自動化率の高さは、新興国の工場で顕著に表れる。中国工場での溶接工程を例に取ればトヨタの自動化率は約40%だが、現代自は100%に達する。人件費の安い新興国でも、現代自は徹底的に人手を排除する。 トヨタなど日本メーカーも、人件費のかさむ国内工場であれば自動化率は高い。ただ、トヨタは自動車作りの中心に人間を位置づけている点が、現代自と決定的に異なる。

プリウスを生産するトヨタの堤工場(愛知県豊田市)の7万5000平方メートル規模の溶接ラインには人がほとんどいなかった。1500台のロボットが絶えず溶接の火花を散らしているだけだ。このロボットはプリウスの車体の約4000カ所を溶接し、約400の部品を取り付ける。自動化率が97%に達する。需要に合わせた弾力生産システムも備えている。堤工場は2本のラインで一日1442台の車を生産する。ハイブリッド車の比率は1ラインが81%、2ラインが96%。一つのラインにプリウスやサイオンtCなど他のブランドの車種が入り混じって流れる。混乱しそうだが、必要な時間に正確な量の車種別の部品が供給されるシステムがあり、工程は水が流れるように滑らかだ。

堤工場付近の森にはホタルやカブトムシが生息する。「工場の森」は08年にトヨタの役職員と地域住民の約5000人が5万本の木を植えて作った。日本最大規模の植樹行事だった。トヨタは堤工場から出る一日5000トンの廃水を浄化して放流する。この水で作った工場の前の池にはメダカとコイが泳いでいた。 工場の外壁は光触媒塗料で塗装している。太陽の光を受ければ活性炭素が発生し、窒素酸化物など空気中の有害物質を分解する。雨水が触れれば洗浄効果も生じる。工場の屋根は太陽熱集熱器1600枚で覆われ、1時間あたり2000キロワットの電気を生産する。自動車工場では世界最大級の集熱器だ。

自動化率が限りなく100%ではない理由に、重要部分の作業は人間というわけで、ロボットでも無理なわけである。そういう工程があること自体、決して良いとはいいがたいが、最後は人間の目であり、感覚である。さらにアブノーマル試験が不可欠であり品質保証部門が必要となる。当時トヨタ社長は品質保証部門に力を入れなかった。その結果、クレームが多発した。改めて品質保証部門の重要性を知ったという。品質担当者を増やし強化すると宣言してからすでに2年以上経過してもクレームは絶えないわけで、、一旦組織を解体すると元に戻し、さらに能力アップを遂げるまでの教育期間は非常に長いわけで、そのことに気が付き品質保証部隊を大幅に増やしたわけである。それが一人前になり進化するにはまだ時間を要する。

現代自は設備投資や自動化に頼る反面、人間作業はだらしない。スマホをいじって仕事をサボリ、後工程に回さない。中国工場で同じ車種を製造すれば、1/3の時間で済む。いくら自動化率を高くしても、駄目なものは駄目である。また自動化設備を管理・点検するのも人間である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月19日 14:06 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp