韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  大統領無責任制、このまま放置するのか

大統領無責任制、このまま放置するのか

この1カ月間、国民の怒りは爆発し、「市民革命」というスローガンが力を得ている。しかし今日の事態は4月革命や6月民主抗争当時のように軍事独裁や権威主義体制に対抗する民主化闘争ではない。我々が自ら作り出した民主共和国を守るという、憲法秩序を踏みにじるいかなるものも決して許さないという国民的な覚悟を固めているのだ。今はこうした国民的な怒りと覚悟が創出した市民エネルギーをどのように国家的改革の過程につなげるかが当面の時代的課題だ。

国の主は国民であり、いかなる場合であれ国民との信頼関係が崩れた場合、権力の委任を受けて国家運営の責任を担っている権力者、すなわち大統領は正統性の危機と効率性の危機を同時に迎えることになる。これがまさに韓国が直面した今日の危機状況だ。大統領はすでにこうした現実を認識したかのように、本人の権力と地位を合法的な手続きに基づいて段階的に譲るという意思を国民に明らかにし、国会が指名した責任首相の任命をはじめとする政界の過渡的解決法を期待したものと伝えられた。これとともに検察の捜査に誠実に協力するという約束もした。誰も反対しがたい挙国的中立内閣という解決法が政界で浮上しながら、今回の事態を韓国政治での決定的反省と改革のきっかけにできるという楽観論までが一時は聞こえた。しかしこうした収拾策や解決法も根深い不信感、欲と利害計算が作り出した同床異夢と入り乱れ、政治的混乱と国政空白は日増しに深まっている。

国民との約束と信頼が深刻に毀損された今日の事態に対する一次的な責任はもちろん朴槿恵(パク・クネ)大統領にある。しかし別の一方で、事態がこうなるまで放置されてきた韓国の大統領無責任制にも原因を探すことができる。大統領のその強大な権力を規制する「抑制と均衡」の枠を確実に制度化できないまま公人である大統領の責任意識が薄れるおそれがある大統領無責任制は慣行として土着化する余地だけを残していた。


スポンサードリンク


青瓦台(チョンワデ、大統領府)の運営過程が民主政治と開放社会の規範や様式と遠ざかっていた。このように危険な弱点を補完しようと何度か憲法改正が提案されたが、いつも現職大統領と大統領志望者のサボタージュで今日に至ったのは韓国憲政史の特徴といえる。議会で内閣不信任案が可決されれば自動的に内閣総辞職と総選挙につながる内閣制の明確な責任処理方式に比べ、我々の大統領制では弾劾という極端な措置のほかには特別な責任追及の方法が明示されていない。87年体制の6人の大統領が例外なく責任追及状況に追い込まれて政治的な危機を経験したのは、決して偶然ということはできない。

このような大統領無責任制が続いてきたのは、長期にわたる王朝的政治文化の伝統と超法規的権威主義体制の遺産でしか説明することはできない。しかし大統領の公公然たる憲法違反をやむを得ない慣行として黙認してきた学界や言論界の責任も指摘せざるをえない。大韓民国の憲法は国家の重要な政策や人事は国務会議の議決を経なければならず、国務委員は首相の推薦を受けて大統領が任命するよう明示している。首相の国務委員提請権が大統領の権限に対する重要な抑制力を内包すると見ることができる。しかしその間、首相の提請権は大統領の強大な権限、すなわち権力によって無視され、国民、学界、メディアさえもこうした憲法違反慣行に集団的に沈黙する過ちを犯してきた。
(略)
http://japanese.joins.com/article/739/222739.html?servcode=100§code=120

【管理人コメント】
日本語版の韓国メディアは、反日記事は消えて、記事がない状態だ。挙句にはスポーツ記事やK-POP記事を取り上げる始末だ。反日記事が消えてからずいぶん日が経過するが、経済低迷となれば、経済記事も姿が消えて、中央日報やハンギョレ新聞が掲載する程度でしかない。朝鮮日報は崩壊状態だろうか…。

そもそも余談だが、ネット新聞は限界点を超えているらしい。これは日本の新聞社にも言えるのだが、日本の場合は広告配置を見れば理解できる。ところがGoogleがそこにメスを入れた。次々取り締まり強化したことで、一般HPも企業もコンテンツ重視に移行したことで、様々な広告だらけにメスを入れたことになる。小さい韓国のメディアはGoogle以外の広告代理店企業と契約して、対応している。

膨大なネット情報は広告というコンテンツを通じて、常に監視ができるのもGoogleの強みである。
大統領責任制という題名だが、政府と政治資金などは日本でも大きな問題となっている。すべて監視が問題である。公私混同など秘書任せであり、秘書すら専門家では無い連中が多い。日本国民から集めた税金を扱うという概念が薄れている証拠でもある。教育依然として、政治家にはチェックするべき司法書士や弁護士などなどの職歴を持った計理士が秘書を兼ねない限り難しい。

記事では、国民との約束と信頼が深刻に毀損された今日の事態に対する責任は朴槿恵にある。しかし別の一方で、事態がこうなるまで放置されてきた韓国の大統領無責任制にも原因があるとしたわけで、まさにその通りと言える。危険な弱点を補完しようと何度か憲法改正が提案されたが、いつも現職大統領と大統領志望者のサボタージュで今日に至ったのは韓国憲政史の特徴といえると伝えている。議会で内閣不信任案が可決されれば自動的に内閣総辞職と総選挙につながる内閣制の明確な責任処理方式に比べ、我々の大統領制では弾劾という極端な措置のほかには特別な責任追及の方法が明示されていないわけであるから、問題ならばさっさと弾劾処置を実施すればよいのではないか…。

次期大統領や自分の立場。自己都合ばかりを考慮する韓国政府では、与野党問わず弾劾に踏み切れないという現実もある。これではいつまでたっても、何も変わらない。自国崩壊となる家計負債という時限爆弾の破裂も通貨危機も、すぐ目の前に迫ってきたいることを理解していない証拠である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月20日 11:40 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
政治能力
いや、実際、検察が
「「朴槿恵大統領は崔順実容疑者と共犯」訴状に記載」中央日報(11/20)
だそうですが、大統領は不起訴特権があるから「記載」止まりでしょう。

で、私的アドバイザを失った朴槿恵さんは、しっかり政治を
できるのだろうか。
メディアでは「大統領は能力が低い」という突っ込みがない。
[ 2016/11/20 21:41 ] [ 編集 ]
珍しくまともな社説
韓国憲法の欠陥は大統領に巨大な権限を与えた反面、これに拮抗するものを作ってないことだ。日本では都知事と都議会の関係のように、互いにに監視する体制ができている(機能しているかは別ですが)。さらに首相となると権限はずっと弱く、議院内閣制により首相交代は容易に行える。

韓国の大統領制は任期があるかないかだけの違いで専制政治に近いものがある。民主主義の良さは権力者の過ちを糾しやすいことにあるが、今の韓国憲法ではお姫様の無能ぶりがさらけ出されても合法的に下野させることが難しい。李朝時代の専制政治と変わらないところがある。

今後の展開として、憲法で保障されている大統領職を国民感情により下野させられるか見ものです。しかし、こんなことで大統領が代わるようであれば、国民感情次第で簡単に大統領が罷免させられる。これも変な仕組みですが、韓国ならお似合いに思える。
[ 2016/11/21 11:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp