韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  トヨタが強いのは優れた経営哲学があるからだ、創業者の精神を見事に継承

トヨタが強いのは優れた経営哲学があるからだ、創業者の精神を見事に継承

中国北京市の人民大会堂で10月21日、紅軍長征勝利80周年記念大会が行われ、その席で習近平国家主席は「どこから歩みを発したかを覚えていない民族には今後の発展の道はない」と述べ、中国共産党の歩みを称えつつ、その歩みを心に牢記することの重要性を強調した。

中国メディアの捜狐はこのほど、習近平国家主席が述べた言葉を自動車メーカーに適用しつつ、「どこから歩んできたかに留意しない企業は、発展の道がない企業である」と説明し、この点でトヨタ自動車では創業者の精神が見事に継承されていると称賛した。

記事は、トヨタ創始者の豊田佐吉氏の考え方をまとめた「豊田綱領」を中国語で読者に紹介。トヨタ綱領の内容は「上下一致、至誠業務に服し、産業報国の実を挙ぐべし」、「研究と創造に心を致し、常に時流に先んずべし」、「華美を戒め、質実剛健たるべし」、「温情友愛の精神を発揮し、家庭的美風を作興すべし」、「神仏を尊崇し、報恩感謝の生活を為すべし」というものだ。

続けて、この豊田綱領の精神について、「100年あまり前のこの思想は、現在に至るまで依然として生き生きと躍動している」と絶賛し、この精神が生きた理念として現在のトヨタ全体に継承されていると主張。


スポンサードリンク


さらに、中国管理科学研究院のスタッフの見解として、トヨタから最も学ぶに値することは、「社員たちに自ら進んで改善させ、絶えず変化する状況に適切に対応させることのできる経営哲学と方法だ」と説明。トヨタの強みは、トヨタの車内に息づいている豊田綱領の精神が根底にあるという見方を示した。

記事が特に強調しているのは、創始者の優れた考え方を継承することは、その企業に持続的な発展の道をもたらすという点だ。企業の創始者には進取の気性を始めとする豊かな活力や先を見通す知恵が伴っているものだが、絶えず道を切り開いて行くためのこうした精神を継承してゆくことは、企業が硬直化し、死んでしまわないための重要な活動だと言えよう。
http://news.searchina.net/id/1623392?page=1

【管理人コメント】
社長が素晴らしければ、良い企業になるかといえば、そうでもない。社長を含めた経営層や幹部層が有能でなければ無理である。また社員を重要視する組織形態であり、社内システムや提案制度さらには特許が出しやすい環境下で、努力した結果が人事制度に反映されない限り、優良企業としての継続はない。そういう意味ではトヨタ社長は組織そして品質保証という部分で、かなり努力した人材といえる。社長当初は、無理だろうと思ったが、実務経験を自分で積み上げた結果、新たなトヨタ時代を築いたと言えるだろう。しかし本格的にはこれからと言える…。

国内自動車部品最大手のデンソーが昨年2月3日に突如発表した社長交代が、トヨタ自動車グループ内で大きな波紋を呼んでいる。本命視されていた鹿村秋男副社長(60)ではなく、14人抜きで有馬浩二専務役員(56)が大抜擢された。豊田社長が難色を示した。トヨタにとってデンソーやアイシン精機などグループ大手は持分法適用会社であり、株主としての支配権はないが、トップ人事にはトヨタの意向が反映される。豊田社長が最も気にしていたのは年齢だったという。

豊田社長は自分に対して耳の痛いことを意見具申するタイプを嫌うという。自分の意向を忖度してくれる人材を好む傾向があるという事だ。デンソーに続いて豊田社長に振り回されそうなのがアイシン精機のトップ人事だ。豊田社長の意向を忖度しながらグループ企業のトップ人事の調整をしているのが、トヨタの人事担当の上田達郎常務役員である。上田氏は豊田社長に取り入るのがうまく、「トヨタの柳沢吉保」と呼ばれるほど手腕が高い能吏でもある。役員人事に限らず、元秘書など豊田社長が日頃から目にかけている若手社員を特別選抜で部長に昇格させて、豊田社長に気に入られるのがうまい。

トヨタ社長にも独特感があるのだろう。
それをうまく利用しつつ、調整する人材がいないと…、
大企業になるほどに難しいという事だ。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月20日 13:58 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
中国株は売りなの?
・・・中国メディアが日本では語りつくされたトヨタの強みを語る。
いやそういうことではなくて、中国の最高指導者が政権歴史をもっとも
らしく語る。それは語る未来がないからだ・・・

簡単に言うと、
投資情報サービスのサーチナに言わせると、
中国にはトヨタのような企業はないから、
中国株は売りだといってるような・・・
[ 2016/11/20 18:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp