韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  朴槿恵大統領はなぜ、かくも強気なのか

朴槿恵大統領はなぜ、かくも強気なのか

朴槿恵大統領が辞めそうで辞めそうにもない。支持率が歴代大統領最低の5%であっても、退陣を求める100万人規模のデモにあっても、大統領の座を手放す考えはないようだ。来月日本で開かれる日中韓首脳会談への出席表明は絶対に退陣しないとの明確な意思表示にみえる。検察は朴大統領が「崔順実ゲート事件」と称される一連のスキャンダルの「中心にある」として本日(18日)をタイムリミットに事情聴取に応じるよう求めているが、検事出身の朴大統領の弁護士は「来週には応じるよう協力する」と検察の要請を完全に無視している。朴大統領側はなぜ、かくも強気なのか?

その理由の一つは、辞めれば逮捕される恐れがあることだ。
大統領は違法行為を働いたとしても在任中は逮捕も刑事訴追もされない。憲法で守られている。しかし、辞任して、青瓦台(大統領府)を去れば、その瞬間、司直の手に墜ちる。朴大統領にとって悪夢以外の何物でもない。従って、辞任という「二文字」は朴大統領の頭の中には最初からなかったようだ。

第二の理由は、健康に問題がない限り、辞める必要がないことだ。
大統領は任期満了(2018年2月)まで職務を全うする責務を負っている。また、憲法でその権利も保障されている。従って、辞めることは憲法違反になると主張している。朴大統領は二度目の謝罪会見(11月4日)で「国民から委ねられた責任に空白を生じないようにするため」としたうえで「(事件の)真相究明と責任追及を検察に任せ、政府は本来の機能を一日も早く回復しなければならない」と述べていた。「国政の混乱と政治空白を防ぐ」ことを盾にしていることからもわかるように混乱を招いたことについて謝罪はしても、辞める気は全くなかった。


スポンサードリンク


第三の理由は、野党が弾劾を求めても通らないと確信していることだ。
憲法第65条1項に基づけば、国会は大統領が職務執行の過程で憲法や法律を違反した場合に限って弾劾の訴追を議決できる。即ち、朴大統領が法律に違反したことを検察が立証しない限り、現実には弾劾の訴追はできない。また、検察の事情聴取の結果、大統領が「黒」だったとしても、弾劾を可決するには国会議員(300人)の3分の2、即ち与党・セヌリ党(129人)から29人が造反しない限り、不可能だ。与党内には非主流派(非大統領派)が23人いるが、現在までのところ、弾劾に賛成を表明している議員は4人のみだ。

第四の理由は、検察に捜査されても、辞任しなければならないほどの違法行為を行ったとの結論には達しないと確信していることだ。朴大統領は4日の謝罪会見では「国家の経済と国民の生活のためになればと推進した仕事なのにその過程で特定個人(崔順実容疑者)が利権をあさり違法行為を行った」として、友人である崔容疑者への監督不行き届きを詫びだけである。

現在、大統領には機密文書漏えいと財界に圧力を掛け、崔容疑者が背後で設立した文化・スポーツ財団に献金させた共謀容疑が掛けられているが、朴大統領側は無関係を主張し、容疑を一切認めてない。検察の事情聴取が来週に引き延ばされたが、朴大統領側は20日に立件される崔容疑者らの起訴状を精査し、対応すれば検察の追及を交わせると踏んでいるようだ。崔容疑者らがどのような供述をしたとしても朴大統領が「関与」を否認する限り、大統領を「主犯」あるいは「共犯」としての容疑の立証は困難とみている。
(略)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/pyonjiniru/20161118-00064568/

【管理人コメント】
その他さまざまな理由があるようだが、結局自国民から相手にされずに、世界からも相手にされなければ、様相は大きく変化する。世界で見れば財閥企業さえ崩壊しなければ大きな問題はない。もっとも韓国経済低迷の余波あるとはいえ、韓国政府が他国に何かできるのかといえば、答えを探るのは難しい。そういう意味では幸いにして、世界にとって必要な国という位置付けではないわけだが、韓国大統領という立場で考えれば、世界から孤立する大統領となることが一番の罪と考えれば、本人はそのまま大統領の椅子にかじりつくだろうかという事である…。

遣り甲斐のない、名前だけの大統領では、朴槿恵の我慢はすぐ限界点に来ると感じている。仕事ができる出来ないにかかわらず、プライドがある程度高いのも朴槿恵の特徴ならば、自国民や他国から無視された状況には耐えられないのではないか…。大統領を辞職すれば検察に捕まるだろうし。辞職しなくても任期終了が来れば終わりとなる。単に生き延びるためだけの大統領に満足はしないだろうと考えれば、朴槿恵が大統領の椅子を手放すのも時間の問題だろうと考えるが…。

日本政府は余計な事をしないで、毅然とした態度でいることである。朴槿恵の精神状態で、慰安婦問題や日韓軍事協定を含めて、まともな判断ができるはずもないわけで、今の韓国政府はそういう状態であることを認識したうえで行動することである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月21日 13:09 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(3)
まぁ、朴大統領に同情の余地は、ほんの少しだけありますけど。
若くして両親を暗殺され、頼る身内がいない中で、妹と弟を養っていかねばならなかった。
こうした孤独感の中で、チェ親子に付け入られ、精神的に頼らざるを得なくなったのは仕方ないように思う。
しかし、1番不審に思うのは、こうした境遇で姉妹の絆が強まるはずなのに、妹と敵対していること。
朴大統領を取り巻く闇は深そう。
いずれにせよ、このような不幸な人を大統領に選んだ韓国人は不幸になりますよね。
[ 2016/11/21 22:02 ] [ 編集 ]
亡命
強気に引っ張って、残り任期 1年のどこかで
海外に亡命でしょう。国内で任期満了したら逮捕される。
外遊のときにチャンスを狙う。日本で日中韓首脳会談に
出た時かも。
[ 2016/11/21 23:15 ] [ 編集 ]
大統領でも囚人でも、国が守ってくれれば、ハッピーエンディング。
不起訴になり、大統領でもなく、庶民として解放されたら、
自殺と見せかけて暗殺されればバッドエンディング。
結局、強気なのではなく、警察に守られている間に、
命がけで着地点を探しているだけのこと。
韓国大統領の伝統行事ですね。

[ 2016/11/22 14:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp