韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  大統領府の「朴大統領防弾」シナリオ

大統領府の「朴大統領防弾」シナリオ

朴槿恵(パク・クネ)大統領が、来月初めに予定されたいわゆる「朴槿恵・チェ・スンシル特検」の発足を控えて弁護人団を新たに設置するなど、"総力対応"体制を固めている。前日の検察特別捜査本部(本部長イ・ヨンヨル)が発表した「チェ・スンシル国政壟断」事件の中間捜査結果が公正でないとして、特検における緻密な"法理論争"に集中するということだ。

大統領府関係者は21日の電話インタビューで「(前日)検察の捜査結果の発表を見て朴大統領の弁論を担当させてほしいと名乗り出た方が数名いる」として、「12月初めに稼動される特検に備えて、来週には弁護人団が本格的に構成されるだろう」と話した。大統領府は、検察の捜査段階では代表的な「院外親朴(槿恵)」のユ・ヨンハ弁護士を唯一の法律代理人にしたが、本格的に幅広い捜査が予告されている特検では弁護人団の「体系的弁論」を通じて細かい法理論争に乗り出す見通しだ。

これは、政界で朴大統領の弾劾論議が始まったことを受け、まず特検捜査を通じて最大限時間を稼いで、憲法裁判所の弾劾審判で"有利な決定"を導き出すという意志の表れと見られる。大統領府は、朴大統領の弾劾案が国会で可決された場合、特検の捜査結果が憲法裁の弾劾審判に重要な根拠資料になることに注目している。憲法裁は、朴大統領に対する弾劾案を棄却するか認容するかを決めるだけで、朴大統領の違法行為を直接調査する権限はない。

このため、大統領府は最長120日と予定される特検に"すべてをかける"ことで検察の起訴内容に反論し、憲法裁がこれを受容して弾劾案を棄却することを「最上のシナリオ」と判断している。憲法裁の免罪符を基に再び国政に全面復帰するという戦略だ。大統領府が前日「いっそのこと合法的な手続きによって1日も早く論議に決着をつけてほしい」として、弾劾を誘導する態度を示したのも、このためと見られる。


スポンサードリンク


これと共に、朴大統領の弁護人であるユ・ヨンハ弁護士とセヌリ党は「中立的な特検」を強調している。「朴槿恵・チェ・スンシル特検法」は野党が推薦した2人の特検候補から朴大統領が1人を指名することになっている。野党が推薦した特検の"中立性"を問題視して指名を先延ばしするか、特検捜査で朴大統領の「共謀」嫌疑が再び浮き彫りになる場合、中立性を問題視するという防御線を張ったものと分析される。

朴大統領の"居座り"はまた、できるだけ時間を稼ぎ、核心支持層や保守層の結集を引き出すという戦略でもある。実際、朴大統領がこのような事態の中でも押し進めている韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)と高高度防衛ミサイル(THAAD)配備、歴史教科書国定化などは、保守層の支持を得られる事案だ。龍仁大学のチェ・チャンリョル教授は「韓国社会を保守対進歩の理念対決に追い込み、陣営間の戦いであることを明確にできる事案」だとしたうえで、「支持層を結集し、『まだ大統領は私だ』というメッセージを発信している」と指摘した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25724.html

【管理人コメント】
謎の多い新興宗教家の娘が、朴大統領を取り込み、国家機密や国政に深く関与できる「陰の支配者」になっている。ドラマ顔負けのストーリーだが、本当の問題は疑惑の本命は朴大統領だろう。今回の疑惑の特徴は大統領に近かった保守系メディアも、足並みをそろえて批判を展開していて、朴大統領が四面楚歌の状態にあるという事だ。

最初に報じられたのが、崔氏が設立を主導し、事実上、私物化しているとされる「Kスポーツ財団」と「ミル財団」という2つの財団にまつわる疑惑だ。これらの財団には韓国財閥が集まる経済団体から800億ウォン(約73億円)もの資金が出ているが、その経緯が不透明だ。韓国は2018年に平昌冬季オリンピックを控えており、文化政策、スポーツ政策は朴政権も力を入れると宣言しているわけで、財団の資金集めに大統領府の首席秘書官が関与した、という疑いがあり、金が崔氏にも流れ、政府の省庁が関連事業をつくり、財団に関与させたのではないか…等々。

朴大統領側から崔氏に対して国家機密の流出があり、崔氏に大統領の演説草稿がわたり、北朝鮮政策など国家機密にあたる情報も流出した可能性が指摘されている。さらに政権人事や政府組織改編にまで崔氏が関わっていたのではないか、という疑惑もある。韓国メディアの中には「国政介入」という表現を用いている。影の支配者などと記事に掲載されてはいるが、国政介入出来るほどの能力はないだろう。何を相談されても、その談判的な回答をしたという部分では、大統領主導で機密文書の相談をしたことに変わりはないが、影の支配者かどうかは別次元である。ハンギョレ新聞は、単なる演説アドバイザーというレベルにとどまらない国政そのものへの関与が疑われるとしているが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月22日 09:53 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp