韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、米本土産原油を初輸入

韓国、米本土産原油を初輸入

韓国に米本土で採掘された原油が初めて輸入された。40年間維持されてきた米国の原油禁輸措置が米共和党の主導で昨年末解除され、初めて輸入された。

21日、GSカルテックスは報道資料で「昨年12月、米国の原油禁輸措置の解除以後、韓国の精油会社としては初めて米本土で採掘された原油を輸入した」として「7月に米国の精油会社シェブロン社と輸入契約したイーグルフォード原油100万バレルを積んだタンカーが、20日麗水(ヨス)に接岸し、22日まで荷役作業を遂行する」と明らかにした。

これまで韓国の精油会社が米国産コンデンセート(天然ガス採取過程で出る超軽質油)やアラスカ原油を輸入したことはあるが、米本土産の原油を持ってきたことは禁輸措置の解除以来初めてだ。イーグルフォード原油は米国テキサス州のイーグルフォード地域で生産されるシェールオイルの一つで、低硫黄軽質原油に分類される。

米国は1973年の1次オイルショック後の1975年からエネルギー安保を名分に自国産原油の禁輸措置を実施した。業界の説明を総合すれば、米国産原油を輸入した記録が1970年代以前にも発見されていないので、今回の米国本土産原油の輸入が最初である可能性がある。アラスカ原油と米国産コンデンセートは禁輸措置の対象ではなかった。


スポンサードリンク


GSカルテックスは来月にも100万バレルを追加輸入する予定だ。GSカルテックスは2014年にも米国産コンデンセート40万バレルとアラスカ原油80万バレルを輸入した。また、今年3月にも米国産コンデンセート40万バレルを輸入した実績がある。

GSカルテックスは「西部テキサス産原油の価格安、グローバル原油輸送運賃の下落、メキシコ産原油との抱き合わせ運送に伴う付帯費用の削減などにより経済性が確保されたために輸入することになった」と明らかにした。GSカルテックスは「今回の米国産原油の輸入は、米国産原油がアジア国家向けに輸出される域外取引の可能性を開いたことに意味がある」と付け加えた。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25718.html

【管理人 補足記事&コメント】
GSカルテックスは韓国GSグループと米シェブロンが共同で設立した石油会社である。1967年5月、湖南石油として設立。2004年まではLGグループの一員だった。本社はソウル特別市江南区にあり、麗水市と仁川広域市に工場がそれぞれある。

GSは2014年に、10兆8661億ウォンの売上と343億ウォンの営業損失、3207億ウォンの当期純損失を出した。 売上高は前年比13.4%増えたが、営業利益と当期純利益は赤字に転じた。GSの関係者は"昨年4四半期の急激な原油価格の下落による在庫資産の評価損失でGSカルテックスの業績が悪化したために実績が不振だった"と説明している。GSグループの主力企業であるGSカルテックスは2014年だけで4563億ウォンの営業損失を出し、赤字に転じた。 売上高は前年比11.8%減った40兆2584億ウォンで、当期純損失規模は6762億ウォンに達した。

GSグループは新たな成長エンジンを確保するため、M&Aや選択と集中を通じて事業構造の調整を推進するとした。同グループにとっては、新領域への進出を模索している。GSカルテックスは原油精製過程で生じる副産物を活用して複合材料の開発を行うなど、新事業に向けた投資を拡大している段階であり、主に素材の軽量化を図ることができる炭素繊維がその対象となる。精油・石油化学製品の生産過程で発生するピッチを原料として、炭素繊維の製造に向けた研究を進めている。主に、自動車の車体や部品を炭素繊維で代替できるようにすることが長期的な目標である。

しかしアメリカ本土での掘削作業は原価割れしている企業が多発しているわけで、今回の米国産原油の輸入は、米国産原油がアジア国家向けに輸出される域外取引の可能性を開いたことに意味があるというが、現状は厳しい状況だろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月22日 10:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp