韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  崔順実問題で直撃弾…道に迷う韓国の創造革新センター

崔順実問題で直撃弾…道に迷う韓国の創造革新センター

全羅南道羅州市(チョンラナムド・ナジュシ)のピッガラム革新都市。韓国電力本社向かいの4階建てビルの2階990平方メートルのオフィスはソファとテーブルがいくつか置かれただけでガランと空いていた。当初全羅南道創造経済革新センター第2センターが入居することになっていた所だが、4日に予定された開所式は無期限延期になった状態だ。「大統領が出席でできない」というのが理由だ。「エネルギー新産業関連創業を支援する」という目標で設立されたセンターが、崔順実(チェ・スンシル)問題の直撃弾を受けたのだ。第2センターを支援する韓国電力関係者は「創造経済革新センターそのものがなくなるという話も出ており雰囲気は落ち着かない」と話す。

「慶尚南道(キョンサンナムド)創造経済革新センターは東南圏メカトロニクスのハブになるだろう」。朴槿恵(パク・クネ)大統領は昨年4月に慶南センター開所式に参加しこのように話した。このセンターの現状はどうだろうか。14日に訪れた慶尚南道昌原市(チャンウォンシ)のセンターは2・5・8・11階の全2247平方メートル規模のオフィスにはセンター職員を除いた外部の人は3人だけだった。16社という入居企業のうち従業員が通う会社は1社だけだった。慶南センター関係者は「ちょうど創業者が席を外しており寂しく見えるだけ」と話した。

創造経済革新センターの明かりが消えている。全国17カ所に作られた創造経済革新センターは大企業の後援を受けて地域の創業志望生を後援する空間だ。朴槿恵政権の「創造経済」を実現する前進基地とされてきた。未来創造科学部によると大企業が創造経済革新センターに出資したファンド規模は投資3487億ウォン(約319億円)、融資3480億ウォン、保証260億ウォンなど7227億ウォンに上る。ここにセンターの設備投資費と運営費を合わせれば企業は1兆ウォン以上を注ぎ込んだことになる。設立初期から「政府の治績のための展示行政に転落するのではないのか」という懸念が出ていたが、その懸念は一部地域で現実のものになっている。


スポンサードリンク


崔順実被告らが創造経済事業にも深く関与した形跡があちこちで明らかになり、これらセンターも大きな打撃を受けた。ソウルセンターの来年度予算は全額が削減された、京畿道(キョンギド)のセンターは15億ウォンの予算が半分に、全羅北道(チョンラブクド)のセンターは23億ウォンの予算が10億ウォンに減らされた。

中央日報の記者らが直接全国17カ所のセンターを回って触れた雰囲気は暗鬱で重苦しかった。嶺湖南(ヨンホナム)圏のセンターは創業準備者と会うのが大変なほどすでに活力を失っていた。 創業市場では「生まれた時から成功するのは難しいモデルだった」という批判が出ている。KAISTのイ・ビョンテ教授は「全国各地に創業支援センターを分散して設置すること自体が経済的需要を無視した政治的発想」と話した。いくつかのセンターが起した創業の熱気が崔順実問題で消えてはならないという指摘も出ている。スタートアップアライアンスのイム・ジョンウク代表は「政権が憎くても創造経済自体や創業の熱気に冷や水を浴びせてはならない」と強調した。
http://japanese.joins.com/article/800/222800.html?servcode=300§code=300

【管理人 補足記事&コメント】
未来創造科学部は創造経済を下記の様に定義している。
「創意力を経済の核にして、新しい付加価値・雇用・成長動力を生み出す経済」 「国民のアイデアとICT(情報通信技術)・科学技術を融合することで、イノベーションが起こり、新しい市場が生まれ雇用が増えること」

朴槿恵は、「韓国は今まで先進国を追いかける立場だったが、これからは他の国をリードする立場になる」ことを目指したわけで、このため大手企業に対して追いかけるのではなく、世界市場をリードするよう要求してきたわけある。それを後押しするための政策が創造経済というわけだ。朴大統領のスローガンに合わせて、他の省庁や自治体も、政策名に「創造経済」の文字を入れるようになり、「創造経済実現のための○○政策」という具合だ。大学も「創造経済フォーラム」「創造経済に向けた○○研究」という名前をつけることが多くなった。民間企業まで「創造経済のための新商品開発」と謳うようになった。「創造経済」は流行語といっても過言ではないくらい韓国中に広がった…。

本来内需活性化や高付加価値特許などなどを含め、本格的に進めれば新しい産業として根付くはずであった創造経済も、結局何が何だかわららないまま終わりを迎える。これでは、経済補てんどころが是金の無駄使いでしかない。重要な位置付けとなる経済政策の1つが、今消えようとしている…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月22日 11:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp