韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本人の「ガラケー好き」を支える、独自の「折り畳み文化」

日本人の「ガラケー好き」を支える、独自の「折り畳み文化」

スマートフォン全盛の現代においてもなお、日本では「ガラケー」と称される従来型のフィーチャーホンが根強い人気を保っている。しかも、2つに折り畳めるフリップ式の「ガラケー」だ。外国人から見ると奇妙に思えるらしいこの現象、そこから日本人独特のセンスが垣間見えるようだ。

中国メディア・万花鏡は5日、「日本人がフリップ式携帯電話を好む原因がこんなにあるなんて、今日初めて知った」とする文章を掲載した。文章は、中国の質問掲示板サイト・知乎におけるネットユーザーの質疑応答から、日本人がフリップ式携帯電話を好む主な理由を4点にまとめて紹介している。

1つ目は「壊れにくい」点だ。スマートフォンを使うようになってから、何度も画面にヒビを入れてしまったという人は結構いるのではないだろうか。表面にディスプレイがあるスマホは、落下などによるダメージを受けやすい一方、折りたたみ式の場合は落としても画面やキーを破損する可能性は低いため、安心して使えるということのようだ。

2点目は、畳んだり開いたりしたときの「パカッ」という音がカッコいい点、3点目はデザインがカッコいい点だ。スマホほどの機能は搭載できないが、画一的なデザインになりがちのスマホよりも個性が表現でき、そこに日本人は愛着を抱いているとの見立てだ。


スポンサードリンク


そして4つ目が、「折り畳み文化」の存在だ。洋服や財布、傘、自転車など、世の中にはさまざまな折り畳むことのできるモノが存在しており、特に日本では折り畳むことが1つの文化になっている。文章は、その流れから携帯電話でも折り畳み式が愛されているのだとの認識を示している。 また、このほかにも電池の交換が簡単、復古主義的風潮が理由として挙げられた。文章は最後に「日本人をバカにしてはいけない。日本人がフリップ式携帯電話を熱愛するのには、こういった理由があるのだ。スマホ文化と融合させることで、格調高く精緻なフリップ式携帯を生き延びさせているのである」と評している。

確かに日本人は、折り畳むことが好きな民族だ。より速く美しい服の畳み方が研究され、布団も折り畳んで押し入れに片付ける。扇子や扇も折り畳むし、カバンには折り畳み傘が入っている。そして、折り紙という伝統的な遊びや芸術もある。その背景にはやはり、限られた国土の空間をいかに効率良く利用して快適な暮らしを実現するか、という日本人にとっては永遠のテーマが存在するのだ。そう考えると、日本人がフリップ式携帯電話に愛着を持つのは自然の成り行き、ということになるのではないか。
http://news.searchina.net/id/1622512?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
折りたたみ傘、折りたたみ杖、トラベルギターの一種などは携帯する際の利便性を向上させたもので、乗り物でも同様の目的で数々が開発されてきた。1979年に発明されて人気を博した自転車「ブロンプトン」、キックスケーターの「レイザー (Razor)」、小型飛行機の「ICON A5」など。フォールディングタイプカヤックにも、日本伝統の折り紙方式を応用したものが登場している。大日本帝国陸軍では九五式折畳舟という二分割の組立式の舟もあった。ベビーカーや車椅子など、座面に布地を用いることで折りたたみを実現しているものもある。

「大きく広げて、小さく折り畳む」というのが、日本の折りたたみ文化であるという指摘もある。毎日寝具(布団)や和服を畳んで収納(出し入れ)してきた歴史から、「畳む文化(包む文化、折る文化)」という言葉が用いられることもある。他に、袱紗、風呂敷、蚊帳、三面鏡、ちゃぶ台、扇子、屏風なども、一例として挙げられることがある。発展の要因の一つとして、遊牧文化の歴史を持たず定住化が顕著だったことや住環境が狭隘だったことを唱える説もある。前述の着物や洗濯物など、「畳むことで行為を終える」というのが日本的な所作なのではないかという見解もある。

そう言われれば、折りたたむ行為は多数あるのは事実。しかし携帯電話の場合はどうだろうか…。私はセキュリティー的にも、のぞかれることも少なく、閉じていても表示が出るとか、何より画面を触れないで済むので汚れや指紋が付くこともないし、特にはキー操作ミスのほうが誤字が少ないのではないか…。余計な機能が増えても使いこなせないのでは、宝の何とかであるわけで、そういう意味では理にかなった商品と言える…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月22日 19:12 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
ガラケースマホ
折りたたみ携帯電話でありながら、スマホ機能という「ガラホ」があるが、私は中国駐在時はスマホしかなかったので、スマホでしたが、日本では「ガラホ」にしてから「ガラホ」を手放せない。一番良い。
ところで、サムスンも中国で「ガラホ」を発売予定でして、その値段が日本円で30万円!一応、金ぴかなんですが、誰が買うんだろうか?30万円。。。
[ 2016/11/22 20:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp