韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  早朝の大地震でも3分で官邸危機センターが稼働する日本

早朝の大地震でも3分で官邸危機センターが稼働する日本

22日午前5時59分、日本の福島県沖60キロを震源とするマグニチュード(M)7.4の強い地震が発生した。震源の深さは約10キロ。福島県を中心に日本列島の右半分が揺れた。日本の気象庁は「福島県で最大3メートル、宮城・岩手・千葉県などで最大1メートルの津波が予想される」として緊急避難を呼び掛けた。5年前の東日本巨大地震と同じ場所で、再び「大地震と津波」という悪夢が繰り返されるのかと日本列島が緊張した。

2011年3月に発生した東日本巨大地震はM9.0と非常に大きかったが、それよりずっと恐ろしかったのは津波だった。海水が最大43.3メートルの高さで海岸を飲み込み、福島第一原子力発電所は崩壊し、1万8455人の死者・行方不明者が出た。死者の91%は水死だった。

当時ほどの規模ではなかったものの、この日の地震も大きかった。地震そのもの大きさを表すのは「マグニチュード」だ。この日の地震はM7.4で4月の熊本地震(M7.0)よりも大きく、今年最大の地震だった。これに対し、各地の揺れの強さを表すのが「震度」だ。この日、福島県一帯は震度5、東北地方や関東地方は震度1-4の揺れを観測した。震度5は棚から物が落下し、室内の家具が動き、耐震設計が不十分な建物にはひびが入るレベルだ。

しかしこの日、日本は政府も国民も混乱することはなかった。地震が起きたときにどう対処すべきか、何度も繰り返し訓練してきたからだ。


スポンサードリンク


地震発生から1分もたたないうちにNHKは地域別の震度速報、鉄道・空港の運行状況、全国の原発の安全状態、津波発生状況などを緊急ニュースで報じた。地震発生から3分後には首相官邸にある危機管理センターに連絡室が設置された。東京都内のあちこちに住んでいる関連省庁の局長級幹部たちが緊急招集され、首相官邸に集まった。地球の裏側のアルゼンチンを訪問中の安倍晋三首相にも緊急報告が伝わった。

地震発生から約1時間後の午前7時、安倍首相はアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで記者会見を開き「災害情報を正確に把握することと、全力で取り組むことを指示した」と述べた。菅義偉官房長官も午前7時39分ごろ会見し「安倍首相と電話で話し『万全の態勢で対応するように』と指示を受けた。関係省庁の局長級による緊急チームを招集した」と述べた。

地震発生から1-2時間後に押し寄せた津波は、幸い気象庁の予測を下回る30センチ-1.4メートルだった。それでも海沿いの住民たちは気象庁の勧告に従って指定の避難場所に集まった。この日は午前中ずっとテレビカメラが東北各地の避難状況を映し出した。道路では、赤信号を無視したり別の車線に無理やり入ったりする車は全く見当たらなかった。避難場所に逃げた住民たちは「かつて大きな災害があった場所なので、やはり避難した方が安心だ」と話した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/22/2016112203147.html?ent_rank_news

【管理人 補足記事&コメント】
日本は平成24年に総合防災情報システムにおける課題を公開している。
【課題①】 発災直後の短時間かつ限られた情報の中で推計を行う際の課題を整理し、算定手法の検討を行うことが必要。
【課題②】円滑な情報収集のため、 関係省庁等の情報システムと連携し、情報の自動受信を進めることが必要。
【課題③】 これまでのような専用回線の利用を前提として共有対象を拡大することは限界があるため、伝達する情報に求められる緊急性や確実性を考慮した上で、インターネット回線も活用した情報配信を行うことが必要。

今後のとりくみとして下記内容を掲げている。
○ 災害情報の迅速な収集
→ 災害時には被害が甚大であるほど被災地の情報収集が困難となることから、情報の空白域を埋めることが重要
→ また、民間団体による災害情報サービスとの連携等、民間からの情報収集の取組を進めることが必要
○ 情報の共有と情報のトリアージ
→ 民間も含めた円滑な情報共有のため、収集・提供されるデータの標準化や互換性の向上、情報ルールを進めることが必要
→ ソーシャルメディアを介する情報の活用にむけ、官民の連携により信頼性の高い情報を共有することが重要
○ 収集した情報の集約・分析体制の確保
→ 発災時に円滑な運用ができるよう、統計処理やG空間情報処理、及び分析評価が可能となる体制の確保を図ることが必要

政府は福島県を震源とする地震発生を受け、午前6時2分に首相官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置した。高橋清孝危機管理監らが官邸で情報収集に当たったわけだが、韓国では無理だろう。朴槿恵問題で揺れている状態ではないのでは…。韓国から北朝鮮においても、白頭山の状況は「西側との協力を許さざるを得ない」というだけ進行しているという可能性もあるというが…。最近地震が多い韓国だが、大地震の兆候ではないことを祈りたいが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月23日 11:55 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp