韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  販売低迷の現代自動車、新型グレンジャーで反撃へ

販売低迷の現代自動車、新型グレンジャーで反撃へ

現代自動車は22日、グレンジャーで5年ぶりのフルモデルチェンジとなる第6世代モデルを発表した。アイオニック、i30以外に新モデルがなく、販売が低迷していた現代自は新型グレンジャーの発売で反撃に乗り出す。

現代自は同日、京畿道の金浦空港産業団地で新型グレンジャーの公式発表会を開き、本格的な販売に入った。同社は高級化したデザインを強調した。

現代自デザインセンター長のルク・ドンカーヴォルケ専務は「韓国青磁の優雅な曲線からインスピレーションを得て、前方の空気吸入口や昼夜問わず点灯する横ラインのLEDによる昼間走行灯(デイタイムランニングランプ)を採用し、高級なイメージを実現した」と説明した。これまでのグレンジャーよりも車長は10ミリメートル、幅は5ミリメートル増えた。

現代自は「車の平均強度を既存モデルより34%改善した丈夫な車体で安全性と走行性能を高めた」と説明した。また、全モデルに9個のエアバッグを標準装備した。自動緊急ブレーキ、走行時の運転補助システム、後方衝突回避支援システム、不注意運転警報、知能式車間距離制御装置(ASCC)などの技術による知能式安全技術ブランド「現代スマートセンス」を初めて採用した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/23/2016112300600.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
8月に発売した新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」が世界中で爆発事故を起こして以来、「サムスン・ショック」で韓国経済は苦境に陥っているが、実は凋落はスマホだけでない。2009年に米フォードを抜いて販売台数で世界5位になった現代自動車も苦境に陥っている。

昨年、世界801万台あった販売台数は大幅に落ち込み、2011年に10.3%だった営業利益も今年上半期には6.6%にまで急落した。今期は18年ぶりのマイナス成長が確実視される。経営悪化に拍車をかけているのが、慢性的なストライキだ。 現代では今年に入り24回(9月末時点)もの賃上げストが発生し、工場の生産ラインを止める「全面スト」が12年ぶりに実施された。ストによる経営損失は、今年上半期の営業利益3兆1042億ウオン(約3000億円)に匹敵すると報じられた。大東文化大学の高安雄一教授が指摘する。「労組が強い韓国では、業績が悪くても賃下げを許さずストに突入する。裾野の広い自動車産業では、現代の危機が下請けの一部中小企業を直撃する」

実際、労組のストに激怒したパク・ソンテク中小企業中央会長は9月末、「賃金が中小企業の倍ある現代労組が賃上げストをしたので、現代自動車製品の不買運動を検討する」と発言するなど、国内世論からも厳しい視線が投げかけられている。2015年4月にのレコードチャイナでは、中国工場の業績不振が最も深刻で、北京の生産量30万台規模の工場3カ所の回復を試みている現代自動車は、今年第1四半期に4兆8240億ウォン(約5300億円)の売り上げを達成したが、 5兆7110億ウォン(約6300億円)を記録した前四半期より1兆ウォン(約1100億円)近く減少しており、 5兆2500億ウォン(約5800億円)を上げた前年同期よりも4000億ウォン(約440億円)減少していると伝えている。

中国国内の現代自動車工場は地元の北京汽車との合弁であるため、本来は韓国国内の実績としては計算されない。これを勘案すると、第1四半期の現代自動車のグローバル実績はさらに低くなる。昨年はさらに低迷し、今年は大打撃と化しているわけで、現代自の中国工場3か所がいずれ稼働する。ところが今の状態で稼働すれば自国内工場は稼働率を下げざる負えない。利益を考えれば、中国工場のほうが良いだろう。それだけ自国工場はストに仕事のサボリにと次第に自国工場比率が低下し、現代自も海外に主力を移動せざる負えない。自国雇用は減少し、中小企業の仕事がなくなれば、事態は予想以上の加速で倒産してゆく事になる…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月23日 18:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国の統計を調べてみると
韓国の統計局の情報を調べてみると結構、韓国進出の日本企業の倒産、赤字、リストラが加速している。例えば、サムスンだと東芝との合弁会社が倒産し、現代自動車だと日本のエンジン部品会社は現代との取引で大幅な不良債権をもってしまった。我々はそういう情報を韓国に行くか、韓国の統計局にHPで韓国語をよむしかない。悪い情報は京郷新聞しか報道しない。だから、倒産とかはあっという間に突然に訪れる。例えば、TBSのテロップとか。。。間違っても他の局にはそういう特亜の特別情報をもってない。なぜなら、TBSと毎日新聞は日本の他のマスゴミが有していない正真正銘の韓国人を雇っているからなのだ。TBS毎日新聞の韓国人雇用率はテレ朝日新聞の比ではない。
[ 2016/11/23 19:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp