韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  検察「サムスン請託の証拠つかむため家宅捜索」…朴大統領の「賄賂罪」に照準

検察「サムスン請託の証拠つかむため家宅捜索」…朴大統領の「賄賂罪」に照準

チェ・スンシル国政壟断疑惑の特別捜査本部が23日、国民年金公団とサムスングループ未来戦略室を家宅捜索した。昨年7月、サムスン物産の合併決定過程で朴槿恵(パク・クネ)大統領とサムスンとの間に何らかの請託があったかどうかを明らかにするためのものだ。検察は特検を控え、朴大統領と企業との間の「対価性取引」を立証するための捜査に総力を傾けている。
 特別捜査本部の関係者はこの日、「国民年金公団本部と基金運営本部、サムスングループ未来戦略室事務室など4カ所を家宅捜索した」とし、「(サムスンの請託に関連する)手がかりを捕捉するため」と話した。

サムスンは昨年末、ミル・Kスポーツ財団への拠出金総額(774億ウォン=約73億円)の4分の1を超える204億ウォン(約19億円)を支払い、チェ氏とチャン・シホ氏などチェ氏一家に少なくとも50億ウォン(約4億7千万円)を超える金銭を渡した。検察はこの金銭が昨年サムスンの最大懸案だったサムスン物産と第一毛織の合併案件に対する大統領府や朴大統領の「協力」を前提に交わされたものと疑っている。これに先立ち検察は20日、チェ氏らを裁判にかけながらサムスングループについて「追加捜査を行って結論を下す」と明らかにした。

昨年7月17日に行われたサムスン物産と第一毛織の合併決定は、サムスンの最大懸案であるイ・ジェヨン副会長への3世代にわたる継承構図を完成するための手続きだった。当時、合併比率(第一毛織1対サムスン物産0.35)がサムスンのオーナー一家に有利だという議論があり、米国系ヘッジファンドのエリオットが合併反対を主導した。合併案は2.8%ポイントの差でぎりぎり可決されたが、単一最大株主(11.2%)である国民年金の賛成が決定的だった。


スポンサードリンク


国民年金は手続きに沿って決定したと主張するが、釈然としない点が多い。内部的にも「議決権行使専門委員会」の審査手続きを経ず、外部の諮問機関の反対意見も無視した。大統領府とムン・ヒョンピョ保険福祉部長官(当時)から直接・間接的に賛成を勧められたという内部の証言も出ている。合併決定直後の7月25日、朴大統領はイ・ジェヨン副会長と単独面談し、サムスンはすぐに両財団に204億ウォンという巨額を送った。サムスンはまた、同年9月にチェ氏に35億ウォン(約3億3千万円)を別途渡し、チェ氏の姪のチャン・シホ氏が昨年6月に作った冬季スポーツ英才センターにも15億ウォン(約1億4千万円)を支援した。

今月に入って2回もサムスンを家宅捜索した検察が「不正請託」まで取り上げながら、国民年金を含めて3回目の家宅捜索に乗り出したのは、すでに相当な捜査が行われたためという分析が出ている。ある検察出身の弁護士は「最近、検察が朴大統領に対する賄賂罪の適用に自信を持っているようだ。サムスンがその対象になる可能性もある」と話した。検察がこの日、朴大統領に対して3回目の対面調査要求をしたのも、同じ脈絡で理解することができる。 朴大統領とサムスンとの間で請託があったとすれば、第3者賄賂授受に該当し得る。当時、合併決定で国民年金は数千億ウォン台の損失を被り、イ副会長は経営権強化など数兆ウォン台の利益を得たものと推定される。
(略) 
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25749.html

【管理人 補足記事&コメント】
朴槿恵の親友である民間人女性、チェ・スンシル被告の国政介入事件を捜査している検察の特別捜査本部は23日、サムスングループ未来戦略室と国民年金公団基金運用本部の家宅捜索を行った。昨年行われたサムスン物産と第一毛織の合併をめぐり、国民年金公団が合併に賛成した経緯を確認するためだ。サムスン物産の最大株主だった国民年金公団はサムスングループの支配構造改編に重要な意味を持つ両社の合併に決定的な役割を果たした。

検察の捜査により、青瓦台(大統領府)が国民年金公団の意思決定に影響力を行使していたことが明らかになれば、朴槿恵とサムスン側に第三者供賄の容疑が適用される事になる。第三者供賄罪は「公務員や仲介人がその職務に関する不正な依頼を受け、第三者への賄賂を供与させたり、その供与を要求・約束したりした時に成立する。法曹界からはサムスンへの家宅捜索について、第三者供賄容疑の適用に向け、検察の捜査が本格化したとしている。

サムスンは崔被告とその娘のチョン・ユラ氏がドイツに設立したスポーツコンサルティング会社に280万ユーロ(約3億3000万円)を提供した疑いが持たれている。朴槿恵にも大きな落とし穴があったという事だ。大統領の責任と権限を集中させれば、過去の大統領を見ても、正義では無く、悪ばかりである。結局自身での自由度が高まり、それを利用しようと財閥が集まるわけだが、朴槿恵のように人脈が無ければ、複雑な資金の動きではないだろう。本格捜査が始まれば明らかになるのも時間の問題となる。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月24日 10:20 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp